今はマスク姿なのでベースは日焼け止めだけ。夜のクレンジングは省いていいですか?【洗顔Q&A】

こんな時にはどう落とす? 今さら聞けないアラフォーの洗顔の悩みに2人の肌の専門家が回答。洗顔スキルが上がります!



☆私たちが答えます!

  • 今はマスク姿なのでベースは日焼け止めだけ。夜のクレンジングは省いていいですか?【洗顔Q&A】_1_1-1

    皮膚科医 髙瀬聡子先生
    ウォブクリニック中目黒総院長。スキンケア化粧品「アンプルール」の研究開発にも携わる

  • 今はマスク姿なのでベースは日焼け止めだけ。夜のクレンジングは省いていいですか?【洗顔Q&A】_1_1-2

    美容家小林ひろ美さん
    美・ファイン研究所主宰。アイデア満載の楽しい美容提案で大人気。業界随一と評判の美肌はその賜物



Q.毎日マスク姿なので、BBや色つきの日焼け止めだけでベースをすませていますし、ポイントメイクも最小限。なので、夜のメイク落としはクレンジングを省いて、泡洗顔だけにしていますが、それはやはり肌に悪い?

A.基本的にはクレンジングも加えたほうがベター

「説明書にクレンジング不要と書いてあれば泡洗顔だけでもOK。ただし、BBや日焼け止めは油分が含まれており、洗顔だけだとこすってしまう可能性もあるので、クレンジングをしたほうが負担が軽減されると思います」(髙瀬先生)

ラグジュアリーホワイトクレンジングミルクN 200㎖¥4,180/アンプルール

UVだけの時は、肌に優しいミルクを。こちらは濃厚ミルク感触クレンジング。毛穴の奥の油性汚れや大気汚染もすっきり。ラグジュアリーホワイトクレンジングミルクN 200㎖¥4,180/アンプルール



Q.夜はクレンジング→洗顔料、とW洗顔をしていますが、朝は洗顔料は使わず、水かぬるま湯で洗うだけです。特に不自由は感じませんが、朝も洗顔料を使ったほうがいいですか?

Q.肌の状態によります。ベタつきがあれば洗顔料を

「洗う前に頰骨と小鼻の横をさわって肌状態をチェックしましょう。小鼻にベタつきを感じたら、洗顔料を使ったほうがいいですね。小鼻はベタつくけど、頰がかさついているならTゾーンだけ洗顔料を使う手も。肌状態に合わせるのがベスト」(小林さん)

セブンフロー DMマシュマロウォッシュ125g¥4,180/美・ファイン研究所、センサイSP クリアジェルウォッシュ145㎖¥6,050/カネボウ化粧品、デュオ ザ 薬用バイタルバリアウォッシュ110g¥3,300(医薬部外品)/プレミアアンチエイジング

(右)保湿力高いロバミルクなど保湿美容成分豊富。クリーミーで豊かな泡立ちが、つっぱり感のないハリ肌に洗いあげる。セブンフロー DMマシュマロウォッシュ125g¥4,180/美・ファイン研究所 

(中)泡立てない洗顔料。毛穴の黒ずみ汚れも角栓もオフして濃密にうるおう肌に。センサイSP クリアジェルウォッシュ145㎖¥6,050/カネボウ化粧品

(左)乾燥しがちな朝の肌のために考えられた洗顔料。心地よい水感テクスチャーで、バリアを立て直す成分も配合。デュオ ザ 薬用バイタルバリアウォッシュ110g¥3,300(医薬部外品)/プレミアアンチエイジング

☆おためし隊の声!

<刺激のない使用感で朝は水だけ洗顔派にも安心。起き抜けの肌のくもりも晴れ、朝洗顔の大事さを痛感(マリソル 副編S谷)>



Q.疲れて帰ると、メイク落としを忘れて、うたた寝してしまうことが多くて……。肌に絶対〝優しくない〞と思うので、なんとかしたいのですが、何か解決策はありますか?

A.バタフライゾーンだけでもとりあえず乳液でオフが簡単です

A.バタフライゾーンだけでもとりあえず乳液でオフが簡単です

「私は玄関にポンプ式乳液とウェットシートをセット置きに。帰ったらすぐシートに乳液をとって目の下のバタフライゾーンだけ優しくオフ。クレンジングを使わなくても肌をうるおわせながら、とりあえず重い汚れだけプレクレンズできますよ」(小林さん)

手・くちふき ふんわりももちゃん60枚× 3 個¥704/アサヒグループ食品、エクサージュモイスト アドバンス ミルクⅡ200g¥5,500/アルビオン

(右)ウェットシートは赤ちゃん用がおすすめ。ももの葉エキス配合。ひろ美さんも愛用中。和光堂 手・くちふき ふんわりももちゃん60枚× 3 個¥704/アサヒグループ食品 
(左)どこでも使いやすいポンプ式。肌にまろやかな感触。エクサージュモイスト アドバンス ミルクⅡ200g¥5,500/アルビオン

【Marisol 6月号2021年掲載】撮影/向山裕信(vale./人物) 西原秀岳(TENT/物) ヘア&メイク/AYA(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子(人物) 山本瑶奈(物) モデル/牧野紗弥 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃

▼合わせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking