【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション

鮮やかカラーや軽やかな白が多くなる夏だからこそ、シックな黒を着こなすとアラフォーのおしゃれ度がアップして見える。オールブラックを楽しむコツや黒に合わせる色など、黒コーデのポイントを総まとめしてお届けします!



①こなれ感を演出する「スミクロTシャツ」コーデ

 

スミクロT

真っ黒よりもなじませやすく、奥行きを出せるスミクロTシャツ。ボトムで冒険したい時にも有効!

DUSTY BLACK T-Shirt

重たくならず、今っぽい。スミクロ×ブラウンは軽やか素材で

スミクロ×ブラウン

ピグメント加工を施し、ヴィンテージライクな風合いを出したスミクロTシャツ。ツヤ感のあるブラウンのプリーツスカートにゆるりとインして、大人の抜け感スタイルに。合わせる小物も軽やかさを意識して。

Tシャツ¥7,700/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) スカート¥36,900/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(コル ピエロ) サングラス¥53,900/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥46,200/ヘレンカミンスキー ギンザシックス店(ヘレンカミンスキー) 靴¥8,800/エスケーパーズオンライン(ティキーズ)


ブルー系の柄パンツをなじませながら引き立てて

ブルー系の柄パンツをなじませながら引き立てて

古着のような自然なダメージを目ざし、ゆっくりと退色させたTシャツ。オーガニックコットンのタフでドライな生地感は、てろっとした柄パンツと好対照で、コーデにメリハリを与えて。ブルーのペイズリー柄も悪目立ちせず、こなれたアクセントに。

Tシャツ¥15,950(アール ジュビリー)・ネックレス¥14,300(マリア ブラック)/ショールーム セッション パンツ¥42,900/アパルトモン 青山店(バナナ タイム) サングラス¥35,200/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バッグ¥38,500/エスケーパーズオンライン(ヘリュー) 靴¥29,700/アマン(ペリーコ サニー)


DUSTY BLACK T-Shirt BLUE GRAY Skirt

×ブルーグレーの淡め配色が今着たい大人フェミニンを体現

DUSTY BLACK T-Shirt BLUE GRAY Skirt ×ブルーグレーの淡め配色が今着たい大人フェミニンを体現

ヴィンテージのような独特のムラ感が旬のムードを表現。ブルーのふんわりスカートとスモーキーカラーでまとめ、大人の甘さを楽しんで。

Tシャツ¥9,900/RHC ロンハーマン(フィルメランジェ フォー  RHC) スカート¥97,900/エブールギンザシックス(ebure) 帽子¥31,900/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(シノナグモ) ブレスレット¥59,400/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥145,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥29,700/アマン(イル サンダロ オブ カプリ)

【Marisol 6月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里



②夏のオールブラックなら、40代に必要な高見え感が手に入る!

 

マイナスの美学を黒ワンピースに落とし込む。高見え素材でシンプルに

黒ノースリワンピース
湿度の高い時にこそ着たいのは、さらりとした着心地とハリ感のある素材のワンピース。この黒ワンピースは、ただ着るだけでゆるやかなドレープを描き、体型カバーしつつフェミニンな薫りを漂わせてくれる。シンプルなデザインだから、合わせる小物しだいでさまざまな表情にアレンジできる。

ワンピース(商品コード:384353)¥19,800/エムセブンデイズ ストール¥26,400/スロー 靴¥50,600/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ・バングル/スタイリスト私物
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります


ウエスト部分の切り替えが正面からのスッキリ見えを実現してくれる軽やか黒ワンピース

黒のフェミニンんワンピース
詰まりぎみの小さめの襟が上品な雰囲気の黒ワンピースは、大人のサマーブラックを楽しめそう。背中にさりげなくギャザーをよせて、後ろ向きでも可愛らしさをチラ見せできるのがたまらない。 

ワンピース(商品コード:386336)¥20,900(エムセブンデイズ )・バッグ【CHAIN SHOPPER】(商品コード:386637)¥121,000(ザンケッティ)/SHOP Marisol スカーフ¥9,900/マニプリ 靴¥34,100/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) バングル/スタイリスト私物
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

 

ブラウスとスカートの色を揃えて夏の“涼やか黒ワンピース風”

【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_6
上下を同じ色で揃えればワンピースのように着こなせて楽ちんだから、ビッグシャツにフレアスカートという開放的な組み合わせをチョイス。全身ブラックでも、上下ともほんのり透け感のある素材だから見た目にも涼しげなので、おしゃれなサマーブラックコーデの出来上がり。 

ブラウス¥23,100/プルミエ アロンディスモン(プルミエ アロンディスモン) スカート¥59,400/デザインワークス 銀座店(デザインワークス) ジャケット¥49,500・靴¥42,900/インターリブ(サクラ) イヤリング¥5,500/アルアバイル バッグ¥81,400/ジミー チュウ ブレスレット¥12,100/ウノアエレ ジャパン(ワンエーアールバイウノアエレ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります



③黒×白のモノトーンコーデに差し色で涼感をプラス


全体はモノトーンでまとめつつ、差し色には相性のいいラベンダーを添えて

【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_7
黒のキャミソールワンピースに白Tシャツを合わせてカジュアルに着こなす。肩がけしたカーディガンにはさし色として大人っぽいラベンダーカラーをプラスして。品よく洒落た感じに見えるラベンダーカラーはアラフォーの強い味方。ハイテクスニーカーもマキシ丈ワンピースに合わせれば、脚長効果も期待できそう。

ニット¥26,400/アパルトモン 青山店(アパルトモン) ワンピース¥35,200/ザ ストア バイ シー 代官山店(コキュカ) Tシャツ¥12,100/サンスペル 表参道店(サンスペル) ピアス¥35,200/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥158,400・靴¥79,200/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

 

真夏のモノトーンコーデは涼感ターコイズブルーを添えてよりクールに

【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_8
黒パンツ×白ブラウスのクールな印象のきれいめコーディネートの胸もとにあしらった夏の定番「ターコイズカラー」のネックレス。さらにネックレスと同色のメッシュバッグで、クールな夏らしさを前面に押し出して。きりっとした上品さと抜け感を兼ね備えた白・黒・ターコイズブルーの配色は、特に女性からの好感度があがるはず。

バッグ¥5,390/ザ ストア バイ シー 代官山店(メゾン ベンガル) ネックレス¥82,500/エスケーパーズオンライン(ハルポ) ブラウス¥8,800・パンツ¥9,900/アダストリア(レプシィム) ストール¥31,900/アイネックス(アソース メレ) 靴¥97,900/ゲストリスト(プロエンザ スクーラー/ハウント代官山)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります


モノトーンコーデに
ミントカラーを添えてさわやかに女っぷりをアップして

【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_9
黒Tシャツに白スカートといったクールな印象のモノトーンコーデに。エアコン対策用に買った癒しのミントカラーのストールを巻いて。

ストール¥29,700/アイネックス(アソース メレ) Tシャツ¥16,500・スカート¥31,900/インターリブ(サクラ) 二重にしたネックレス¥48,180/ザ ストア バイ シー 代官山店(インディアンジュエリー) バッグ¥10,780/ザ ライブラリー 表参道店(ディミヌティボ) 靴¥53,900/カオス丸の内(エレメ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります



④黒×こっくりカラーの配色が晩夏コーデに最適!


黒シャツ×カーキのミリタリーパンツでマスキュリンに

【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_10
クチュール感覚のデザイン袖が優雅なブラウスと、アクティブなミリタリーパンツをコーディネート。透けるブラウスと黒でまとめた配色が意外と都会的な雰囲気を醸し出してくれているかも。

長袖シャツ¥23,100/プルミエ アロンディスモン(プルミエ アロンディスモン) カーキパンツ¥26,400/アパルトモン 青山店(アメリカーナ) ベルト¥24,200/カオス丸の内(メゾン ボワネ) バッグ¥63,800/アルファ PR(アエタ) ピアス¥37,400/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥13,200/ウノアエレ ジャパン(ワンエーアールバイウノアエレ) 靴¥29,700/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります


黒フレアスカートにブラウンのロゴTシャツを合わせて、こっくりした配色の夏コーデに

【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_11
ボリューム感が可愛い黒のフレアスカートは、ふわっと薄手で涼しいから、カジュアルなロゴTシャツでも大人っぽくきまってサマになる。

Tシャツ¥8,580/デザインワークス 銀座店(レミ レリーフ) スカート¥59,400/デザインワークス 銀座店(デザインワークス) ネックレス(長)¥51,700/マリハ 靴¥9,900/ザ ストア バイ シー 代官山店(ティキーズ) バッグ¥81,400/ジミー チュウ サングラス¥48,400/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥35,200・バングル¥74,800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ネックレス¥52,800/マリハ
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります


黒Tシャツにはイエロースカートを合わせてハッピー要素を取り入れて

【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_12
引き締め効果の高いシンプルな黒Tシャツには華やかなシルクサテンのスカートを合わせると大人の夏が満喫できそう。トップスに目が行きがちなので、合わせる小物は軽やかな白を散りばめてバランスよく統一させて。ロングネックレスが小顔に見せてくれるはず。幸せな気分になるイエロースカートを履けばなんだか近々いいことが起こりそうな気がする。 

スカート¥28,600/ザ ストア バイ シー 代官山店(コキュカ) Tシャツ¥5,500/ノーク バッグ¥145,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サングラス¥37,400/モスコット トウキョウ(モスコット) ネックレス¥51,700/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥70,400/エスケーパーズオンライン(クレジュリー)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります



⑤秋の雰囲気を先取り!オール黒スタイル|小柄バランスコーデ術

bemi

bemi

阿部恵美。身長153cm。 25年間の会社員生活を経て、2019年にパーソナルスタイリストとして独立。 小柄でもバランスよく素敵に見えるコーデ術、もの選びの審美眼は、マリソル編集部も絶賛。ショップマリソルなどでプロデュースする、小柄さん向けの服も、毎回人気。
キモチ的にはスッカリ秋でも、現実の世界はまだまだ夏。
なかなか悩ましいところです。


そんなこの時季に取り入れたいのが“All BLACK”の着こなし。

小柄的に、ズッシリ重たく見える全身黒コーデはあまりしないのだけれど、この時季だけは別。
肌の露出があるので重たくなり過ぎず、雰囲気だけ秋を醸し出すのに丁度良いのです♪


そこで、今回は私物の黒アイテムを使ったブラックコーデを幾つかご紹介します。
MADISONBLUEの黒
私がよく着ているのはMADISONBLUEの黒。
シンプルだけれど、着ると“ただの普通”とは一線を画す美しいシルエットがお気に入りの理由です。


今シーズン真っ先に買い足したのは、昨シーズンに購入したスカートと同素材のトップス。
【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_15
上下合わせてワンピースのような着こなしを楽しんでいます。
【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_16
tops:madisonblue
skirt:madisonblue
bag:bottegaveneta
shoes:CHANEL
少し甘めな小物を合わせてもラブリーになり過ぎないのがオール黒のイイところ。
華奢な靴、小ぶりなbagでスカートのボリューム感をより女性らしく引き立たせて。


さて、エレガントな黒も良いけれど、、、
オールBlackと言えばピリッと辛口なスタイルは外せないですよね。


透け感のあるコンパクトなリブタンクは、そんな着こなしに最適なシルエット。
リブタンク
黒フルレングスと合わせたスッキリⅠラインの着こなしは、背高効果も抜群です♪
【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_18
tops:madisonblue
pants:theory luxe×marisol×bemi
bag:HERMES
shoes:HERMES
服をスッキリさせたぶん、小物でバランスをとって。アクセントカラーをプラスしてメリハリを♪ この様に、小物の存在感を遺憾なく発揮できるのがオール黒の強みかなと思います。


最後は“大人スポーティ”なオールBlackです!!

スポーティでカジュアルな着こなしのトップスと言えば、Tシャツ。
今シーズン新たにワードローブに追加したのは、フレンチスリーブ調のお袖がポイントのキレイ目タイプ。
Tシャツ
サイズ感も程よく、クロップドパンツと合わせても貧相で寂しい印象になりません。

裾からチラリとインナーの白を覗かせれば、より“こなれた”雰囲気に!
【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_20
tops:madisonblue
pants:cobitto×bemi
shoes:saintlaurent
bag:celine
足元は、チラ見せの白インナーとリンクさせて真っ白のスニーカーを。bagをレザーの肩掛けにすることで、単なるカジュアルではなく〝オシャレ〟な大人のカジュアルスタイルに。


無難で平凡な印象に陥りがちなオールBlackですが、逆に捉えれば「主張がないぶん、合わせ方によって幾らでも表情を変えることができる」ということですよね。

本格的な秋モノが着られるようになるには、もう少し時間がかかりそう。

それまでの間、是非とも小物で変化をつけた〝秋意識のBlackコーデ〟を楽しんでみてください!
 



⑥アラフォーおしゃれブロガー発「シンプルな黒」と「甘い黒」の着こなし|美女組まとめ


美女組No.197 kaoruさんブログより
■シンプルな黒のロングワンピース

私がこの夏に買った、黒のロングワンピースをご紹介!
このワンピースは、肩回りは少しコンパクトめでAラインシルエットなので女性らしく、上品さが出ます。ポリエステル100%素材なので、シワにもなりずらいし嬉しい!更に嬉しいのが、静電気加工されているので、ホコリなども付きづらい。
コロコロをするのがめんどくさい私には、有難い。
【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_21
ワンピース:HAUNT
靴:PRADA
アクセサリー:Tiffany
ワンピースに合わせ、ブラックのレザーの靴。アクセサリーは、シルバーを合わせてモードなコーディネートに。
【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_22
ワンピース:HAUNT
キャップ:upper hights
靴:ZARA
お次は、キャップにハイテクスニーカー合わせで、スポーティーコーデに。きれいめワンピースにスニーカーを合わせることで、大人のカジュアルで今っぽいコーディネートが完成!
【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_23
ワンピース:HAUNT
靴:CHARLES&KEITH
ヒールを合わせて、一気に女性らしく。上品さがぐっと増しますよね!ちょっとおしゃれなところにお食事に行くときや、行事ごとにも着ていけるのは有難い!
こうやって、足元を変えるだけで色んなスタイリングができオシャレに決まる。それって、時短コーデにもなりますよね!秋冬は、モヘヤのような毛足の長いロングカーデとブーツを合わせても良さそう!


美女組No.173 chakoさんブログより
シンプルでも主役級なブラックスカート

今回は、ロングスカートの紹介です。
シンプルで1年中着れる素材のものをずっと探していて、見つけました!

『SHAINA MOTE』のロングスカート

いくつかのセレクトショップで取り扱いのあるブランド。私は、L’Appartementで購入することが出来ました。
『SHAINA MOTE』のロングスカート
Tops:ZARA
Skirt:SHAINA MOTE
Bag:A VACATION
Sandal:Elena Laina
タイトやプリーツなど黒のスカートはいくつか持っていますが、艶感のあるシンプルなマーメイドシルエットで、それもタイト過ぎず、飽きのこない適度なラインのもの、素材もコットンでもニットでもなく、1年中着れる素材のものが欲しいと思ってました。

こちらはキュプラ100%で、手洗いできる上に、サテンとは違うため適度な光沢感。丈感やフィット感も丁度良く、それにウエストもゴムなので楽チン♪
ブランドコンセプトの通り、リラックスしたエアリーな着心地と自然なフレア感で、ちょいモードにも、秋冬ならざっくりとしたニットに合わせてフェミニンでも楽しめるかなと思ってます。
『SHAINA MOTE』のロングスカート


美女組No.171 実果さんブログより
■ティアードトップスは黒で甘さを中和する

甘めトップスの定番、ティアードアイテムは黒なら抵抗なく取り入れられます
【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_26
手持ちのティアードトップスはそんなどやさ感や、甘すぎ感を避けるべく黒をチョイスしています。
裾に向かってふわっと広がるデザインは大人の可愛いげを引き出してくれるのはもちろん、お腹周りやお尻、、気になるアラフォーの体型もオブラードに包み込んでくれる優れものです。
【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_27
私が着用しているのはナノユニバースのものですが、こういったティアードトップスは毎年色んなブランドから登場している気がして、ナンダカンダで流行り廃りなく着続けられます。

甘めアイテムに抵抗がある方も、黒なら挑戦しやすいのではないでしょうか。


美女組No.163 tomomiyuさんブログより
■ほどよく甘い黒のティアードワンピース

ミラオーウェンで買った黒のワンピースはリネン混でサラッとした着心地が気持ちいい!
【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_28
グリーンのカーディガンを肩がけしてコーデのアクセントにしました。
視線が上にいくので、小柄さんでもスラッとバランス良く見えるんです!
【真夏こそ映える黒コーデ】重たく見えず、シックに決まるアラフォーの黒コーデまとめ|40代ファッション_1_29
黒ワンピースでもリネン混の透け感がある素材なので涼しげな印象に。

ティアードデザインですが、ボリュームを抑えたデザインなので、甘くなり過ぎないのが嬉しいポイント!


▼あわせて読みたい記事

What's New

Read More

Feature

Ranking