モチベーションを上げるピンクと紙と香りのグッズ【働くアラフォーのバッグの中身】

2017年7月17日
今回は心理カウンセラー・メンタルトレーナー 小高千枝さんのバッグの中身を徹底調査!
7 レイフ・クリスチャンソン著の『しあわせ』と、中谷彰宏著の『ヒラメキを、即、行動に移そう。』 
8 (上)クロレッツ (下)ACUO 
9 ルイ・ヴィトンの名刺ケース 
10 iPhone 
11 パスケース 
12 大判のハンカチ

今後は「恋愛カウンセリング」のプロデュースにも挑戦!

朝は、鉛筆(14)を削る作業からスタートするという。「鉛筆が短くなると“そのぶん仕事をこなしたんだな”というバロメーターになるんです」
ひとつの仕事が終わり、次の仕事先に行く時に医療用のアロマオイル(2)でリフレッシュするのが習慣。
13 VAIOのパソコン 
14 手帳と鉛筆 
15 ルイ・ヴィトンのバッグをポーチ代わりに 
16 袱紗とお懐紙。「お懐紙はお手紙を書いたりお金を包んだりと活用シーンが多いんです」 
17 一筆書き。「厚みがあり存在感のある紙なので、ちょっとした言づけやメッセージを書きます。伊東屋で購入」 
18 ジム・トンプソンのティッシュケース 
19 一筆書きと封筒。「心づけをお渡しする時に小さい封筒があると便利」
そんな多忙な日々を過ごす小高さんは、短大卒業後、幼稚園教諭からキャリアカウンセラーを経て、現職に。
「この仕事を始めて12年。まだ確立されていない分野でもあるので、基礎を固めている段階です。今は4人の弟子を育てることに尽力していて」
今後は、昨年学位を取得した加齢学に独自の講釈を加え、内面からの美容に取り組んでいきたいと意欲的。一方、電話による恋愛カウンセリングのプロデュースにも挑戦中。
「カウンセリングをもっと気軽に受けてほしいです。自分の弱みと強みを理解すれば生きやすくなります」

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords