忙しい日はワンプレートメニュー「栗とブルーチーズのパスタ」レシピ【若山曜子さんの至福のフルーツレシピ 】

果物は料理に加えると、独特の食感や優しい甘味が溶け合い、新鮮で、目にも舌にも美味しい一皿に! さまざまなシーンで一週間楽しむ方法を、若山曜子さんにうかがいました
若山曜子

若山曜子

料理・菓子研究家。東京外国語大学フランス語学科卒業後、パリへ留学。現地のパティスリーやレストランで研鑽を積む。近著は『おいしい理由がつまってる わたしの好きな10のお菓子』(文化出版局)。
https://tavechao.com/

栗とブルーチーズのパスタ

「リモートワーク時のごはんにおすすめ。塩気が強めのブルーチーズは、甘味のある栗と合わせるとお互いの魅力がきわだちます。コクがあるのでショートパスタで」

栗とブルーチーズのパスタ【若山曜子さんの至福のフルーツレシピ 】

材料(2人分)

パスタ(ペンネ) 120g
むき栗(冷凍でも可) 150g
玉ねぎ 1/4個
白ワイン 100㎖
生クリーム 200㎖
ゴルゴンゾーラチーズ 50g
バター(またはオリーブ油) 
大さじ1 塩・黒こしょう 各適量


作り方

❶鍋に水を入れ、沸騰したら栗を加え、約10分煮たら水気をきる。玉ねぎはみじん切りにする。
❷フライパンにバターを入れ、①の栗と玉ねぎを加え、中火で炒める。玉ねぎがしんなりしたら白ワインを加え、煮立たせる。生クリームも加え、軽く煮つめる。
❸鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩とパスタを入れ、袋の表示時間よりも1分短めにゆでる。
❹②のフライパンに湯切りしたパスタとゴルゴンゾーラチーズをちぎって加え、火を強めてソースをからめる。器に盛り、黒こしょうをふる。

【Marisol10月号2021年掲載】撮影/加藤新作 スタイリスト/曲田有子 取材・文/広沢幸乃

2022年04月25日発売

Feature 編集部のおすすめ記事