韓国映画の記事まとめ

【韓国映画】に関するおすすめ記事をお届け!働く40代、アラフォー女性のための最新トレンド情報をいち早くチェックして。

  • 眼福、社会派、癒し系。話題の最新ドラマや映画が大豊作!!

    6月も話題作が続々登場して嬉しい限り!百想芸術大賞で作品賞に輝いた「怪物」は、主演のシン・ハギュンさんが、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギさんや「サイコだけど大丈夫」のキム・スヒョンさん、「悪の花」のイ・ジュンギさん、「ペントハウス」のオム・ギジュンさんという錚々たる候補者を抑えて最優秀主演男優賞も受賞したのにも納得の話題作です。また、じんわり泣けて私好みの「賢い医師生活」シーズン2も始まるなど、韓国ドラマ、韓国映画の快進撃はこの夏も続きます!!

    韓流NEWS

    2021年6月15日

  • 中毒性の高い韓国映画がおもしろい!グイグイ引き込まれる話題作のまとめ

    一度ハマったら病みつきになる中毒性の高さも魅力の韓国映画。韓国映画というとラブコメのイメージが強いかもしれませんが、痛快アクションコメディや人間ドラマも完成度の高い作品がたくさんあります! ドラマは長すぎるという人にも映画はおすすめ! グイグイ引き込まれてしまう話題の韓国映画を、Marisol ONLINEライブラリーから6本ご紹介します。

    韓流NEWS

    2020年12月29日

  • 話題作『新感染半島 ファイナル・ステージ』のヒーロー、カン・ドンウォンさん降臨

    2016年、度肝を抜かれ、ゾンビ映画の未来を感じたヨン・サンホ監督の『新感染 ファイナル・エクスプレス』。その4年後の世界を描いた『新感染半島 ファイナル・ステージ』が1月1日に公開されます!!パワーアップしてさらに痛快、そして前作同様深く考えさせられるウェルメイドな作品で、韓国やアジア、欧米では7月に公開され大ヒット。前作同様、カンヌ国際映画祭公式作品に選出され、映画祭の総代表も「『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノに続く韓国を代表する監督による素晴らしい映画」と絶賛しています。今作の主演は、韓国では誰もが認めるイケメンの代名詞で、神懸かった十頭身の演技派カン・ドンウォンさん。魅力満載なので、さらにファンが増えそうです。彼は、是枝裕和監督の初の韓国映画演出となる『ブローカー(仮)』が来年クランクイン予定!しかも共演はペ・ドゥナさんとソン・ガンホさんだそうです。また、娘たちを守り戦う女性を、マリソル世代のイ・ジョンヒョンさんが演じています。彼女の長女で、異次元のハンドルさばきを披露するジュニを演じたのは、14歳のイ・レさん。2014年の『犬どろぼう完全計画』から、「六龍が飛ぶ」「アルハンブラ宮殿の思い出」『ガール・コップス』『無垢なる証人』などで注目して来た女優さんです。ちなみに、ドンウォンさんの義理の兄を演じたキム・ドユンさんとイ・レさんは、ヨン・サンホ監督の次回作となるドラマ「地獄」でユ・アインさん、パク・ジョンミンさん、ヤン・イクチュンさん、キム・ヒョンジュさん、ウォン・ジナさんらと共演するそうで、こちらも楽しみです!

    韓流NEWS

    2020年12月15日

  • 秋の夜長に推したい、韓流ドラマ&映画5選

    この秋も話題作が目白押しの韓国ドラマ&映画。韓流ドラマに「愛の不時着」でハマったという方も多いかと思います。韓国では昔からドラマや映画に対する期待値がとても高いそうで、それが面白く心奪われる作品が生まれる理由のひとつなのかな、と感じる今日この頃。そして映画館に足を運ぶ人が日本の3倍なのだとか。秋の夜長にぴったりの、ジャンルの異なる5つのお勧め作品をピックアップ!

    韓流NEWS

    2020年10月15日

  • 映画『パラサイト』に登場する“ジャージャーラーメン”を作ってみた。

    インスタント麺大好き!な韓国人が生み出した国民的B級グルメ、その本名は「ジャパグリ」。

    No.132 はるか

    2020年5月1日

  • ブロックバスターが続々公開!韓国映画が再び熱い

    「韓流ドラマは長すぎて、、、」という方々に、お勧めしたいのが映画!この秋から心に響く話題作が目白押しなので、いくつか紹介したいと思います。まずは、韓国での公開直後の6月にソウルで観た『パラサイト 半地下の家族』。5月のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したポン・ジュノ監督のこの話題作は、期待をはるかに上回りました。スクリーンから役者の体温や匂いが伝わってきそうな迫力で、そのストーリーにただただ圧倒されっぱなし。笑えて、そして切なく、なんとも言えない余韻が残ったこの映画は、来年1月に日本公開が決まっています。6月にソウルでインタビューをしたキム・ジェウクさんも、マリソル読者に推薦してくれた作品です。

    韓流NEWS

    2019年10月16日

  • 映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く

     37歳という若手、才能溢れる『名もなき野良犬の輪舞』のビョン・ソンヒョン監督。彼の商業映画での2作目となるこの作品に出演した、ソル・ギョング、「ミセンー未生ー」のイム・シワン、キム・ヒウォン(「ゴハン行こうよ2」)ホ・ジュノ(「仮面の王 イ・ソン」)といった錚々たる演技派俳優も一目置く存在です。国内外で高く評価された映画で、フィルムノワールと聞くと、暗くて重いイメージですが、この作品は、美しく、ときに笑えて爽快、心にしみる人間ドラマでもあります。先入観なしに多くの人に観てもらいたい!フィルムノワールのイメージとはまったく異なる、シャイで静かな語り口の監督にお話を伺いました!

    韓流NEWS

    2018年5月1日

Read More

Related Keywords

Feature

Ranking