美女組No.141 カキノキのブログ

美女組:No.141 カキノキ

No.141 カキノキ

弁護士

地方都市で十数年間弁護士をしている3児の母です。

趣味は読書とラジオを聴くこと。アラフォーにさしかかり、いろいろな衰えを感じてガッカリしつつも、大好きなおしゃれを楽しんでいきたいです!

Instagram: kakinoki141

アラフォースニーカー選び。こなれ見えする5つのマイルール

2018年4月16日
マリソル5月号、10ページにわたる素敵なスタイリングのスニーカー特集が圧巻でしたね!!スニーカー好き、そして東京スニーカー氏ファンとしては大興奮でした♡
東京スニーカー氏のご著書、「東京スニーカー史」ももちろん拝読!本当にスニーカーの全てがわかる素晴らしい本でした。

美女組の方々も、最近は、No.126好美さん、No.117みっきーさんも素敵なスニーカーブログをアップされていて♡夏に向けて、ますますスニーカーが活躍する季節になってきましたね!
私がスニーカーを選ぶときに気をつけている5つのマイルールを紹介させてください。
ルール1
メンズモデルから選ぶ!
スニーカーって、もともと男性のもの。
ほとんどのモデルの原型がメンズモデル。そこにディテールや色で女性らしさを加えたのが、レディースモデルと考えてます。
私がスニーカーを履く理由は、コーディネートにピリ辛風味やこなれ感を出したいから、なんですが、私の場合、レディースモデルだと、もともとゆるみが出てきたアラフォーの外見に、過剰な甘さが加わってしまい、ピリッとしないんです。
なので、履くなら絶対メンズモデル!!
小さいサイズの作りもちゃんとあるので安心です。
ルール2
渋めカラーか思い切った派手カラーを選ぶ!
最近買ったのは、渋めカラーのプーマ。実はセールでかなりお得にゲット。
パステルカラーのスニーカーも、可愛いですよね。
しかし、ルール1と重複しますが、スニーカーを可愛い色にしてしまうと、私の場合過剰な女性感が出てしまい、なんとなく締まらないんです。
(逆に、いくつになってもボーイッシュでキュートな方には、パステルカラーのスニーカー、お似合いになると思います)
なので、渋めカラーか、思い切った大胆な配色のものに決めています!
なんてことのないボーダーと地味パンツのコーデも、渋めスニーカーでひねりが加わった感じがするでしょうか?
ルール3
スポーツブランドのものを選ぶ!
スニーカーといえば、ナイキ、アディダス、ニューバランスなどのスポーツブランドがまず頭に浮かびますよね。これらのブランドは、数々の名品を生み出してきた歴史があるとともに、毎年新モデルの開発も意欲的で、スニーカーにかける技術が桁違い。
アパレルブランドのスニーカーもオシャレですが、私は、餅は餅屋ということで、スポーツブランドのものを選びます。
ルール4
値段の差はフォルムと質感に出る!
手持ちで一番高かったNBのM1700。確か3万円台後半でした。オールレザーの質感が美しい♡
スニーカーにあまりお金をかけたくないという意見もあるかと思います。
でも、パンプスなら数万円出せるという方も多いですよね。
よく考えてみると、パンプスに比べて、スニーカーの寿命ってとっても長いんです(私の手持ちには、20年ものもあります!)。スニーカーなら、2万円出せばかなり良いものが買えて、しかも長年履いて汚れてもそれが味になっていくんですよね。
そう思うと、パンプス一足分のお金をスニーカーにあててみるのも、賢いお金の使い方なのではないかと思います。
ちょっとお高めのスニーカーは、履き心地はもちろん抜群な上、質感とフォルムが美しくて、うっとりしちゃいます。ぜひスニーカーにも投資してみてくださいね!
さすが高級ラインの技術力。 めちゃくちゃ歩きやすいんです!
ルール5
流行りすぎたモデルはしばらく寝かせて取っておく
アディダスのスタンスミスやニューバランスのM1400など、最近爆発的に人気となったモデル、とっってもステキな名品なんですが、流行りすぎて被り率が高いのが難点…。
もちろん、被りは気にせず履き続けるのも良しですが、こなれ感を演出するためには、流行りすぎたモデルは今はお休みさせてもいいかな・・・と思います。何年後かには、改めて新鮮な感じで履けると思います。
昔履いてたスニーカーをまた復活させられる!というのもスニーカーの醍醐味だと思うんです。名品は色褪せないですからね〜。

以上、5つのマイルールを紹介させていただきました。少しでも参考になれば嬉しいです。

最後に、これからスニーカーを買おうとお考えの方にオススメは、マリソル5月号でプッシュされていた、コンバースのワンスターです。私も狙ってます。
何にでも合わせやすくて、カジュアル過ぎず、きれい目スタイルにもぴったりだと思います。
皆さま、ステキなスニーカーライフを!

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords