夏のワンピースコーデ Photo Gallery

2018年6月24日
体型カバーOKのVネックとろみワンピースコーデ

1/20

体温調整も可能なエレガントなワンピースコーデ

2/20

スラっと縦長ワンピースでピンクを取り入れるのが正解!

3/20

清く正しい時短アイテム“お仕事シャツワンピース”

4/20

モノトーンカジュアルなワンピースコーデ

5/20

両親に彼を紹介する日は爽やかなシャツワンピースで

6/20

華やかな刺繍ワンピースコーデ

7/20

袖なしワンピース×ロングカーディガンコーデ

8/20

袖なしワンピース×ミリタリーブルゾンコーデ

9/20

袖なしワンピース×テイラージャケットコーデ

10/20

袖あり柄ワンピース×デニムコーデ

11/20

袖あり白ワンピース×パンツコーデ

12/20

袖ありシャツワンピース×黒デニムコーデ

13/20

プレゼンや会食などで間違いのないきちんと感ワンピースコーデ

14/20

パートナーと会う日のとろみワンピースコーデ

15/20

仕事先の人と会う日のきれいめシャツワンピースコーデ

16/20

彼の両親と会う日の地味色サックワンピースコーデ

17/20

女友達と会う日の袖コンワンピースコーデ

18/20

ジャケット×シャツワンピースコーデ

19/20

ジャケット×黒ワンピースコーデ

20/20

体型カバーOKのVネックとろみワンピースコーデ

全方位美人な知的なネイビーワンピースがあれば、忙しい朝でも瞬間に“できる女”へと変身!すとんとしたシルエットで体型カバーをしてくれる優秀ワンピースはネイビーで清潔感と上品さを兼ね備えているうえ、年齢があらわれる膝小僧がきちんと隠れる丈感だから美脚も叶えてくれるはず。

体温調整も可能なエレガントなワンピースコーデ

真面目なコンサバコーデにならず、女らしさを出すにはドライベージュがイチオシ!秋冬にブレイクしたブラウンは、素材が軽くなった春夏も引き続き重宝するカラー。さらっとしたサンドベージュからブラウンで大人リッチなワントーンに仕上げて。

スラっと縦長ワンピースでピンクを取り入れるのが正解!

色味がスイートな分だけ、形はシンプルに縦長に見せるマキシ丈のノースリワンピを選んで、あくまですらっとスタイルよく着こなして。リラックス感のある夏小物を添えれば、さらに甘さをおさえられて大人っぽい印象に。リゾート感高めだけれど、シルエットがきれいなのでシティユースもOK、デートコーデにも最適。

清く正しい時短アイテム“お仕事シャツワンピース”

早めに出社しなくては行けない日こそ、時短アイテムに頼るべし! シャツワンピースならきちんと感も醸し出され、長時間着ていてもラクなところが頼もしい。適度なとろみ感のある素材なので、優しげな印象を与えてくれるのも好きなポイント。大きめバッグもいかつく見えないように知的なベージュでさりげなく。

モノトーンカジュアルなワンピースコーデ

ベルテッドワンピ1枚でもいいけれど、オフィスではややドレッシー過ぎるので、白黒ストライプのシャツワンピをレイヤードしてみる。だらしなく見えないようにヌーディな足もとで軽やかさと女らしさはプラスして。

両親に彼を紹介する日は爽やかなシャツワンピースで

さらりとシャツワンピースをまとうことで、爽やかで順調な交際をアピールして、シニアな二人を安心させてあげるつもり。冷房の効いたホテルで体温調節するためのカーディガンは、幸せを印象づけるイエローをチョイスして。

華やかな刺繍ワンピースコーデ

ハットとビーチサンダルで、あるいは水着の上にはおったりと、リゾートでの活躍は間違いなしのワンピース。街で着るなら、こんなふうに足もとをきれいに仕上げるのがおすすめ。広めのVあきで首まわりがすっきり見えるのもうれしい。

袖なしワンピース×ロングカーディガンコーデ

リラックスワンピに辛口な女らしさをプラス。ワンピースのお供はロングカーデで決まり! ショート丈よりバランスがとりやすく、ぐっとドラマティックに。

袖なしワンピース×ミリタリーブルゾンコーデ

ウエストに切り替えのあるAラインワンピースは、着るだけでスタイルアップと女っぷりアップの一挙両得がかなう1 枚。ミリタリーブルゾンをはおることで肩や腕の露出を抑えつつ、フェミニン×マニッシュのMIXテイストも実現。遊び心のある小物使いもアクセントに。

袖なしワンピース×テイラージャケットコーデ

アイスグレーのとろみワンピは、ボックスシルエットと部分プリーツがモダンな印象。薄手の白ジャケットで、さわやかさときちんと感を両立。

袖あり柄ワンピース×デニムコーデ

デニム&小物の力でタウンモードにシフト。今シーズン注目のリゾート気分たっぷりのエスニック柄ワンピースは、いかに都会的な要素とツヤのある女らしさをプラスしていくかがおしゃれ見えのカギ。くるぶしが見える短め丈のフリンジデニムに、ゴールドのヒールサンダルときれいめレザーバッグがその答え。

袖あり白ワンピース×パンツコーデ

真逆の要素を加えて、コットンレースの甘さを攻略。真っ白なワンピースの下に、光沢素材のネイビーのとろみワイドパンツをレイヤード。ガーリーになりがちなコットンレースの洗練度がぐっと上昇。

袖ありシャツワンピース×黒デニムコーデ

ひとさじの黒がゆるシルエットを引き締める。体を泳がせて着るビッグシルエットのシャツワンピースは、女らしいとろみ素材と辛口なカーキカラーのマッチングが秀逸。すそから細身の黒デニムをのぞかせることで、メリハリがついてシャープな印象に。

プレゼンや会食などで間違いのないきちんと感ワンピースコーデ

すそに向かってゆるやかに細くなる立体的なシルエットで、シンプルでも洗練見えを約束。袖は少しだけ腕にかかるカッティングで、気になる部分をさりげなく隠してくれる。柔らかい雰囲気のピンクベージュと式典などにも対応可能なブラック、どちらも大活躍間違いなし! 

パートナーと会う日のとろみワンピースコーデ

光沢感のあるとろみ素材のワンピースは、一枚であでやか&上品な印象に。パートナーの笑顔を誘い出す、女らしい着こなしを楽しんで。袖と着丈が長めでベルトつき、体型の気になるところをカバーしながら、ワンサイドにさりげなくスリットが入って軽やかさもあるバランスのいい一着。ワンピースを引き立てつつ、さりげなく輝きを足す小物使いで、ジャケットスタイルの彼と並んでもちょうどよいきちんと感が生まれる。

仕事先の人と会う日のきれいめシャツワンピースコーデ

バリエーションがぐっと増えたシャツワンピース。仕事相手に好印象を与えるには、素材や色みなどに端正さがあることが大事。あえてベルトなどで引き締めず、一枚でさらりと着こなすのが気分。今季、別注ラブコールが殺到しているブランドのシャツワンピースは、広がりすぎないけど、足さばきがよい程度の余裕があり、きれいめな印象ながら気負わずにさらりと着られるのがうれしい。

彼の両親と会う日の地味色サックワンピースコーデ

年配のかたにも間違いのない、最“好”印象ワンピースは、フォルムがゆったりきれいなサックタイプ。
しかも安心感のあるベーシックカラーが最適。上質なレザーのスクエアバッグや、さりげない華奢ネックレスを合わせて、きちんと感を盛り上げて。色はスカーフをバッグに巻いて、さりげなく足すくらいが、アラフォーの知性が薫り立つ。

女友達と会う日の袖コンワンピースコーデ

おしゃれな女友達に会う日は、トレンド感のあるワンピースをさらりと着こなして。甘さのある袖コンワンピースは、小物を辛口かつシンプルにまとめると、しゃれ感がぐっとアップ。

ジャケット×シャツワンピースコーデ

柔らかくフェミニンなスタイル。ジャケットなしでもきちんと見えるのがいい。シャツワンピースは、白地にネイビーのラインがきいたマニッシュなデザイン。サイドスリット入りで、はおりとして着た時にもすそさばきがよく、サマになる。

ジャケット×黒ワンピースコーデ

仕事服のマストアイテムであるジャケット。キリッと見えつつ柔らかい印象になるVあきノーカラータイプが重宝。リネンのような、さらりとドライな質感の素材。ほどよくストレッチがきいていて、動きを妨げることなく快適に着られる。縦に長いVあきが胸もとをすっきり見せ、合わせるインナーを選ばない。

What's New

Feature

Ranking