女らしいスニーカーコーデから秋色シャツ×パンツコーデまで【人気ファッションコーデ月間ランキングTOP10】

2018年8月25日
マリソルオンラインで8月に人気だったファッションコーディネートランキングを発表!涼しげな中にも秋の気配を少しだけ取り入れたコーデを参考にして。
ネイビーTシャツ×レッドスカートのワンツーコーデ

1/10

ボーダートップス×パンツコーデ

2/10

黒レーストップス×プリーツスカートコーデ

3/10

タンクトップ×スカートコーデ

4/10

ワンピースコーデ

5/10

白カットソー×ミディ丈スカートコーデ

6/10

Tシャツ×チノラップスカートコーデ

7/10

ゆるトップス&デニムの楽ちんコーデ

8/10

秋色を意識してシャツ×パンツコーデ

9/10

ドット柄マキシ丈スカート×スニーカーコーデ

10/10

【10位】

旬度の高いネイビーTシャツ×レッドのレースタイトスカートのワンツーコーデは、トップスがネイビーなら品よく見える! コロンとしたフォルムのバッグは、ぺたんこサンダルのフェミニンカジュアルコーデでもちょっぴりモードなエッセンスに。お膝に乗せても丸みがあるのでレースのスカートでもひっかかりにくいのがお気に入り。

【9位】

楽ちん涼しげグレーで清潔感のあるカジュアル通勤コーデ。淡い色の着こなしに、さりげなくメリハリをつくるボーダー柄がポイント! 会議にマストなジャケットはとりあえず手持ちで。この季節に長袖だと暑苦しく思われがちなので、せめて全体をグレーや白でまとめたワントーンスタイルで涼しげに見えるように心がけて。

【8位】

歩くたびにひらりと揺れてオフィスにも華やかさを放つランダムプリーツ。白ブラウスとも相性よいけれど、例えばブラックレースのように同じトーンでまとめてみればオフィスでもデートでもどちらもいけそう。動きのあるシルエットのおかげでブラックやチャコールグレーが重たく見えず、涼しげに。

【7位】

カジュアルになりがちなタンクトップはオフィスでは難しいけれど、この大人タンクトップなら、ツヤ感のある素材でキレイめに着られるので腕を出したいアラフォーにぴったり。そんな大人トップスに合わせたいのは、ほどよいボリューム感とマキシ丈のフレアスカート。ウエストが幅広ゴムなので、トップスインにした時のアクセントにもなって今年らしいバランスが完成!

【6位】

ウエストに入ったゴムのおかげで、ワンピースをただ着るだけでもきれいなブラウジングが完成 !全体的に落ち着いた色味なのに地味で終わらないのは、横に広い襟ぐりと袖部分に施されたシャーリングが、さりげなく女性らしいポイントになっているから。

【5位】

発色のきれいなマリンブルーを主役にした夏にふさわしい上品カジュアルコーデ! 風水的にも青系統は冷静な判断力をもたらし、知性を高めてくれるので仕事運を上げるのに最適とのことなので、ミディ丈のスカートには印象的なマリンブルーをチョイス。特にこちらの色は“若さ”を与えてくれるらしいので、若見えにも期待!

【4位】

チノパン感覚で履ける新鮮スカートでスポーツサンダルでも女らしく。チノラップスカートはチノパンとはまたひと味違う、きれいめ感と女らしさが楽しめる一枚。さらりとトップスをインするだけでもサマになるので重宝しそう。

【3位】

ゆるトップス&デニムの楽ちんコーデには、メタリックトートでぴりっと仕上げて。明日は、着付けの免許を持っている友人の家に集合して花火大会のために浴衣に着替える予定。ゆるトップスはデコルテに余裕があるので、脱ぎ着するときに化粧がつかなくておすすめ。

【2位】

秋色を意識してシャツ×パンツコーデを鮮度UPさせて。ネイビーシャツに墨色のインナー、キャメルブラウンのパンツで秋っぽい配色を先取りして。メンズライクなアイテムと色合わせには、エッジのきいたアクセや辛口小物でリッチに演出。

【1位】

Tシャツ×スニーカーにはドット柄の甘めマキシスカートで女らしく。ボーイッシュ代表のTシャツとコンバースで媚びないヘルシーさをプラス。さらにきりっと辛口なシルバー小物で、ドットの持ち味をモダンにシフトしてみて。

8月1日~8月24日集計

■2018年夏のトレンド情報もチェック

What's New

Feature

Ranking