美女組No.134 sakiのブログ
美女組:No.134 saki

No.134 saki

医師 メディカルエステ監修

仕事、育児に趣味とマイペースに毎日を楽しんでいます。

『こころ』も『からだ』も健やかに、素敵に歳を重ねていきたいなと思っています。

Instagram:sa_k_i_/

究極のアンチエイジングホルモン『メラトニン』

最大限に引き出す生活習慣とは⁉︎ 『美容医療アップデート2018』第4弾
2018年も終わりが近づいてきましたが…『美容医療アップデート2018』第4弾。


【メラトニン】って聞いたことありますか?


究極のアンチエイジングホルモン『メラトニン』_1_1
メラトニン、だけに注目した学会に参加してきました!
体内時計を司る、アンチエイジングにもとっても大事なホルモン。

スマホ、PCを多用する現代人には不足しがちなホルモン。

それが【メラトニン】です。



この究極と言ってもいいアンチエイジングホルモンの【メラトニン】、嬉しいことに、生活習慣を少し見直すだけで、大幅にアップすることができるんです。

スマホ、PCから出るブルーライトが、メラトニンを大幅に抑制してしまうことが分かっています。

お子さんが小さかったり、お仕事を持っていたり、と何かと忙しいアラフォー世代。どうしても一息つけるのは、寝る前になり、そこでスマホをチェックしてる方、とーっても多いと思います。
究極のアンチエイジングホルモン『メラトニン』_1_2-1

1/2

究極のアンチエイジングホルモン『メラトニン』_1_2-2

2/2

スマホとゲームが特にメラトニンを抑制してしまいます。
加齢とともに減っていくメラトニン。
薬で摂るのもオススメです。
私も、夜寝る前に、スマホで漫画を読むのが日課でした。

で、いよいよ眠くなるとベッドサイドに置いて「おやすみなさい…」という毎日。
でもそのスマホがせっかく寝る前にたくさん出ているメラトニンを抑制してしまい、良質な睡眠が取れないばかりか、色々な過程を経て、

●フリーラジカル(=老化の原因)の蓄積

●記憶力の低下

●高血圧、糖尿病、認知症のリスクがアップ

●癌になりやすくなる

などなど、様々な弊害が!

寝る30分前、できたら1時間前にはスマホをやめて、せっかく大量に出ている【メラトニン】を逃さないようにしていきたいものですね。

そして、人生100年時代を健康に生き抜きたいものです。
(ちなみに、メラトニンの内服薬は、医療機関でのみの取り扱いになります。)

What's New

Read More

Feature

Ranking