2020年冬・注目のファッショントレンドまとめ【40代のリアル買い物】

リアルマリソル世代のおしゃれプロたちが、綿密なリサーチと試行錯誤を経て選び抜き、2020冬に自腹買いしたアイテムをトレンド別に大公開。アラフォーが今から買って間違いない珠玉のアイテムは?

トレンド1:旬のブラウンとも好相性!意外にもネイビーが人気! [2020冬]

みんなが買った定番色は「ネイビー」という声、多数! 流行のブラウンと相性抜群な点も、人気を集めた理由。

■セオリーリュクスのネイビーニット

セオリーリュクスのネイビーニット×シャツ×ブラウンパンツコーデ
「久しぶりにネイビーに立ち戻りたくて、今年らしいボトルネックのゆるっとニットに更新」(マリソル 編集長イシダ)。ニット¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) シャツ¥27,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥20,000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) メガネ¥27,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥154,000/アパルトモン 神戸店(ザンケッティ) 靴¥78,000/カオス丸の内(プロエンザ スクーラー

■エイトンのガウンタイプコート

エイトンのガウンタイプコート
「軽くて暖かいウールフリース素材。ショールカラーのガウンタイプで何にでもはおれる」(マリソル 編集Y本)。コート¥79,000/エイトン青山(エイトン)

■ピレネックスのダウンジャケット

ピレネックスのダウンジャケット
「インナーダウンにもできるほど薄くて軽い! シャイニーな素材できれいめに着られる」(マリソル 編集K松)。ジャケット¥40,000/グリフィンインターナショナル(ピレネックス)

■チルコロ1901のウールニット

チルコロ1901のウールニット
「ウール100%とは思えない、しなやかで透け感のあるリブ。Aラインが腰まわりをカバー」(マリソル 副編集長SGUR)。ニット¥31,000/トヨダトレーディング プレスルーム(チルコロ1901)

■ジェイエムウエストンのラバーソールダービー

ジェイエムウエストンのラバーソールダービー
「ほかにはない深いネイビーの色みが素敵!憧れの一足です」(スタイリスト池田メグミさん)。靴¥107,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

トレンド2:愛好者、急増中。大人のオールインワン [2020冬]

旬のオールインワンは、大人にも大人気!クリーンな色や素材感にこだわり、あくまできれいめに着られるタイプを選ぶのが正解。

■サ ビーナのオールインワン

サ ビーナのオールインワン
「NYの超有名スタイリストが手がけるオールインワンブランド。スタイリッシュに着こなせる美シルエットはさすが」(マリソル 編集Y本)。オールインワン¥60,000/ロンハーマン(サ ビーナ)

■ルーム エイト ブラックのオールインワン

ルーム エイト ブラックのオールインワン
「凹凸のある濃紺のサテン素材で日常からイベントまで活躍。比翼のシャツ仕様でスマートな印象」(スタイリスト 石毛のりえさん)。オールインワン¥48,000/オットデザイン(ルーム エイト ブラック)

■ゲミニーのオールインワン

ゲミニーのオールインワン
「スモーキーなグレージュと、落ち感のある素材で大人っぽい雰囲気」(マリソル 編集部ハラチノ)。オールインワン¥39,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー)

トレンド3:さし色なら断然グリーンが気分!

ベーシックカラー好みが多いおしゃれプロたちも、今季は色が着たい! という人が続々。なかでも人気を集めたのが、柔らかい発色のグリーン。

■オーラリーのカシミアニット

オーラリーのカシミアニット
「とろけるようなベビーカシミア素材。去年ベージュを買い、今季はペールグリーンをリピート」(陶山)。ニット¥59,000/オーラリー 

■ドゥロワーのラメンジニット

ドゥロワーのラメンジニット
「大好物の霜降りニット。これはグリーンがすごく新鮮で、飽きずにずっと着られそう、と清水買い。むっちりふんわりなカシミア混の極上素材がたまりません」(マリソル 編集Y本)。ニット¥98,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)

■スペルタのバレエシューズ

スペルタのバレエシューズ
「子供っぽくないバレエシューズは通年手放せません。これはほんのりスクエアトウの甲深タイプと深いエメラルドカラーで理想的」(エディター須藤由美さん)。靴¥24,000/ナノ・ユニバース(スペルタ)

■オーラリーのスーパーキッドモヘアニット

オーラリーのスーパーキッドモヘアニット
「スーパーキッドモヘアのふわっふわのテクスチャーと、甘くないグリーンの組み合わせに惹かれました」(マリソル編集MDR)ニットプルオーバー¥33,000/オーラリー

■ANITA BILARDIのファーバッグ

ANITA BILARDIのファーバッグ
「スモーキーなミントのファーが服の色を選ばず、今っぽさとリッチ感を出してくれる」(マリソル編集MDR)。バッグ¥22,000/ナノ・ユニバース(ANITA BILARDI)

トレンド4:ふだんも会食もいける〝セミオケ〞ワンピが人気です [2020冬]

仕事の後に予定がある日に迷わず着られる"セミオケージョン"なワンピは、忙しい大人の必需品。ほどよくモードなタイプに人気集中。

■エブールのワンピース

エブールのワンピース
「深くシックな赤の発色で、落ち感のあるシルキーなツイル素材。しかも太いリボンベルトがおなかもさりげなくカバーしてくれる。全方位美人度が上がる?!と購入決定」(マリソル 編集長イシダ)。ワンピース¥49,000/ebure 

■ヨーコ チャンのワンピース

ヨーコ チャンのワンピース
「ハリのあるポンチ風素材。縫いどまりのダーツからタックが入って、シンプルなのに立体的で着映え力抜群」(マリソル 美女組№134 sakiさんほか)。ワンピース¥50,000/YOKO CHAN 

■ハイクのワンピース

ハイクのワンピース
「ワンピなのに辛口な"ハイク"の真骨頂的一枚。ウエストがゴム+リボンベルトでストレスフリー」(マリソル 副編集長SGUR)。ワンピース¥45,000/ボウルズ(ハイク)

トレンド5:大好きピンクはくすみ系を指名買い! [2020冬]

今季は、大人に似合うさまざまなトーンのくすみピンクが大豊作。自分に似合う色みを見つけて、今こそ大好きなピンクを楽しみたい!

■アドーアのコート

アドーレのコート
「上質感のあるカシミア混のリバー素材。こんなストイックなコートなら、スモーキーなラベンダーピンクを気負わずさらっと楽しめます」(マリソル 編集長イシダ)。コート¥96,000/ADORE

■アッシュ・スタンダードのVネックニット&ストール

アッシュ・スタンダードのVネックニット&ストール
「すその短いスリットや浅く広いVネック、幅広のリブなど、今っぽいバランスが凝縮。ストールつきなのも今季らしくて使える」(マリソル 副編集長SGUR)。ニット¥26,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) 

■ジャスグリッティーのテーパードパンツ

ジャスグリッティーのテーパードパンツ
「黄みが強いまろやかなピンクで、べージュやブラウン、グレーなど、幅広い定番色と相性がいい。ハリのあるツイル素材とタック入りテーパード型で、立体的な美シルエットに。ウエスト後ろのみゴム入りでラクなのもうれしい」(スタイリスト 池田メグミ)。パンツ¥18,000/ジャスグリッティー プレスルーム(ジャスグリッティー)

トレンド6:おしゃれな人から微フレアパンツにシフトしている [2020冬]

フレア人気がじわじわと復活の兆し。はいた時にももからすそまでまっすぐ落ちるストレートに近い見え方が、美脚効果と女っぽさを両立。ワイドは難しいけど揺れ感が欲しい……と思う人にもおすすめ!

■ザシンゾーンのフレアパンツ

ザシンゾーンのフレアパンツ
「パンツに定評のあるブランドらしい美しいフレアシルエットで、カジュアルすぎないウール素材。合わせやすいカーキも即決の理由」。パンツ¥27,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザシンゾーン)

■アンスクリアのスリット入りフレアパンツ

アンスクリアのスリット入りフレアパンツ
「淡い色のパンツに挑戦したくて購入。ハリのある上質な素材感とスリット入りのフレアで、脚がすっきり長く見える!」 パンツ¥42,000/アマン(アンスクリア)

トレンド7:復活!大人は手堅く、“美脚見えブラックショートブーツ” [2020冬]

女性たちの足もとに、久々にブーツが戻ってきた!プロたちがまず買ったのが、きれいめに履ける美シルエット自慢な黒のショート丈。

■ネブローニのレースアップブーツ

ネブローニのレースアップブーツ
細身でポインテッドトゥのレースアップシューズ。「タイトにもフレアスカートにも合い、どこか女性らしさを感じるデザインに惹かれて、展示会で即オーダーしました」とスタイリスト吉村友希さん。靴¥68,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■セルジオロッシのショートブーツ

セルジオロッシのショートブーツ
ミニマルながら太いベルトとバックルがアクセントのブーツ。「ヒールなしでもすっきり美しいので服もシーンも選ばない。履きたおします!」とスタイリスト池田メグミさん。靴¥115,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 

■ネブローニのショートブーツ

ネブローニのショートブーツ
フロントは甲部分から、バックはヒール部分から同じ太さでまっすぐ立ち上がるデザインのショートブーツ。「かかとから立ち上がるシルエットで、ふくらはぎが抜群に細く見える」と編集長イシダもお気に入り。靴¥66,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■ピエール アルディのショートブーツ

ピエール アルディのショートブーツ
どんなボトムスにも相性のよいベーシックなショートブーツ。「ごくプレーンな形で、締まった足首からすっと伸びたノーズとキレのある形が本当にきれい。少しのぞくファーもしゃれてる」とエディター須藤由美さん。靴¥114,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 

トレンド8:パイソン&レオパードで辛口スパイスを! [2020冬]

毎年人気の柄ではあるものの、トレンドのクラシックな気分と相まって、今季はより上品でレディライクなアイテムが数多く登場。

■ジャンニ  キアリーニのパイソン柄クラッチバッグ

ジャンニ  キアリーニのパイソン柄クラッチバッグ
「着こなしに抜け感と辛さを足せるパイソン小物に目がありません。これはスマートで万能なクラッチ型と、色も柄もナチュラルな点がいい」(エディター 須藤由美さん)。バッグ(ストラップつき)¥33,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ  キアリーニ)

■エストネーションのレオパード柄スカート

エストネーションのレオパード柄スカート
「シックな配色が上品で合わせやすい。シャイニーなジャカード地と立体フォルムで甘すぎず、ほんのりドラマティックなのも今の気分」(マリソル 編集部 MDR)。スカート¥42,000(エストネーション)

■ラ メゾン ド リリスのレオパード柄カチューシャ

ラ メゾン ド リリスのレオパード柄カチューシャ
「街で観察していると、ヘアアクセを駆使したおしゃれな人が増えた、と実感。そこで秋口に購入したのがこれ。ネイビー×ブラウンのラメ入り立体レオパード柄で高級感があり、髪色にもなじむ」(マリソル 編集部 ロミ)。カチューシャ¥9,800/エストネーション(ラ メゾン ド リリス)

■ペリーコのパイソン柄フラットシューズ

ペリーコのパイソン柄フラットシューズ
「ブランドの定番モデルで履きやすさはお墨つき。黒ベースのパイソン柄が大人っぽく、爪先に絶妙な抜け感が宿る」(マリソル 副編集長SGUR)。靴¥49,000/ナノ・ユニバース(ペリーコ)

■カルツァイウオーリ・フィオレンティーニのレオパード柄アンクルストラップシューズ

カルツァイウオーリ・フィオレンティーニのレオパード柄アンクルストラップシューズ
「レオパードの強さを、アンクルストラップの可憐さが中和したバランスが可愛い」(エディター 坪田あさみさん)。靴¥25,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ)

トレンド9:ジャケットからワンピース型までCPOブームが止まらない!! [2020冬]

ミリタリーにルーツをもつCPOジャケット人気が加速中。一枚で、重ねてと着るだけで今年っぽくなるからお洒落の幅も広がる!

■ノークのCPOジャケット

ノークのCPOジャケット
風合いのあるメンズライクなガルゼ素材を用いつつ、かっこよくなりすぎない小ぶりなシルエットが上手。やや薄手なので一枚でも着やすい。ブラウス¥14,000/ノーク(ノーク)

■エストネーションのCPOジャケット

エストネーションのCPOジャケット
カラータイプも人気。コートで派手色を取り入れるほど気負わずに着られて、一気にスタイルが華やぐのも魅力。ジャケット¥33,000/エストネーション

■アンスクリアのCPOジャケット

アンスクリアのCPOジャケット
ナッピング加工された起毛素材が可愛い。ブラウンに近いボルドーカラーも絶妙。ワークシャツ¥76,000/デミルクス ビームス 新宿(アンスクリア)

■エイチ ビューティ&ユースのロングCPOジャケット 

エイチ ビューティ&ユースのロングCPOジャケット 
コート感覚に近いロングタイプも注目株。ロングジャケット¥43,000/エイチ ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース)

■アンスクリアのCPOシャツ

アンスクリアのCPOシャツ
「展示会で見たとたん、スキニーパンツやリブパンツなどに合わせたい、とコーディネート がいくつも浮かんだのでオーダーしました。しっとりとハリのあるコットン生地のビッグサイズでゆるっと着られるうえ、しっかり上質感もあります」(スタイリスト吉村友希さん)。シャツ¥46,000/アマン(アンスクリア)

■ナイジェル・ケーボンのCPOワンピース

ナイジェル・ケーボンのCPOワンピース
「コシのある厚手のメルトン素材で、真冬まで活躍しそう。クリーンな色も好み。シルバーのマットなボタンで洗練された表情に」(マリソル 副編集長SGUR)。ワンピース¥42,000/アウターリミッツ(ナイジェル・ケーボン)

■ルージュ・ヴィフのCPOジャケット

ルージュ・ヴィフのCPOジャケット×スカート×ショートブーツコーデ
「ミルキーな白がカジュアル感をほどよくセーブしてくれて、上品な印象に。レー ススカートやハードなブーツで甘辛ミックスしたいです」(スタイリスト池田メグミさん)。

ジャケット¥34,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) カットソー¥9,000/アストラット 新宿店(アストラット) スカート¥29,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット帽¥14,500/タア トウキョウ(タア) バッグ¥106,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥58,000/ハイブリッジ インターナショナル(CRAVEL)
【Marisol12月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/須藤由美

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking