「40代の明日のコーデ」ファッション記事ランキングTOP30【2018年秋冬ファッションプレイバック】

2018年12月8日
大人気コンテンツ「40代の明日のコーデ」の2018年秋冬版記事ランキングを発表!秋冬トレンドのブラッグデニムやチェック柄、レオパード柄、ロングブーツコーデやアラフォーの定番色、ネイビーやベージュコーデなど、今すぐ取り入れるべき上品で女らしいコーデを早速チェック。

【1位】カジュアルコーデでもモダンに見える甘辛ブラックはアラフォーでも老け見えしない!

歩くたびに背中のリボンが揺れる甘口なブラウスを、黒デニムで大人っぽくアレンジして。上下黒に、白のレザースニーカーで品よくクリーンな印象に。

【2位】40代ボディを優しくカバーしてくれるタイトなシルエットは、色と素材のしなやかさを活用して

Iラインのすらりとした立ち姿をつくるワイドリブのタイトスカートをフェミニンな雰囲気にするには、スモーキーなピンクが大人っぽいゆったりしたシフォンブラウスをまとって。小物づかいにも気を配り、手抜きに見せないシックなコーデを。

【3位】シルクシャツワンピースを薄い羽織りとして活用できればデニムを大人っぽく着こなせる

ノースリーブニットの上にワンピースをガウン感覚でレイヤードした着こなしで。ほんのりダメージデニムには上質素材と知的ベージュが大人っぽく仕上げてくれる。

【4位】シャンブレーワンピースを黒モヘアで引き締めて華やかカジュアルコーデに導いて

ちょっぴり男前なバンドカラーが今どき感を醸し出すシャンブレーのシャツワンピース。そして肌ざわりのいい黒のモヘアカーディガンを羽織ってリッチに格上げしてみる。

【5位】ネイビーブルー、ホワイト、レッドの3色でフレンチを意識したオフィスコーデで品よく

とろみのあるボウタイ風ブラウスは、仕事服としてのきちんと感をキープしつつ女性らしさをきわだたせてくれるから、会食のようなちょっと改まった席におすすめ。パンツのフロントデザインを生かして、ブラウスはインしてすっきりと着こなして。

【6位】ネイビーパンツが、フェミニン派注目のケープコートをシンプルにまとめてくれる

上半身は柔らかなトーンでまとめつつ、ネイビーパンツを投入すれば、ボリューム的にもトーン的にも引き締まり、洗練された仕上がりに。小物はブラウンで統一して。

【7位】袖にボリュームのある可愛いらしいデザインは、カジュアルを甘めに仕上げるのに重宝!

少し横に広いハイネックがクラシックな可愛さを演出してくれるブラウス。裾が切りっぱなしのホワイトデニムを合わせたとしても、甘めトップスならカジュアルな中にもクリーンで上品な印象をキープできる。

【8位】カーキのとろみシャツワンピースをコート代わりに、大人っぽいデニムコーデを楽しんで

サイドスリットが深めに入ったワンピースだからこそ、羽織ったときにその力を発揮。歩くたびにチラ見えするデニムがおしゃれ上級者の印象ばっちり。もともと色みの似たカーキとグリーンは好相性なので、深みのあるグリーン小物がカーキワンピースに映えつつ、全体を大人っぽく引き締めてくれる。

【9位】デニムで完成させる大人シンプルなカジュアル服には対照的なファーのバッグが効果的

ファー小物で秋めいた雰囲気に。ハンドルで持つコンパクトなデザインで、ファーをモダンな印象に仕上げたバッグは上品な印象に。優しい風合い&色使いが、いつものデニムスタイルをフェミニンに傾けてくれるはず。

【10位】落ち着いたダークトーンの着こなしをブラックデニムできれいめにはずしてみる

チェック柄ストールで体温を調整しつつ、見た目的にもダークトーンコーデにメリハリをだしてみる。デニムはブラックを選んで、黒パンツのように気軽に楽しんで。

【11位】黒×グレーのシックな装いには発色のよいブルーのパンプスで一点ポイントをつくること

ダークトーンのコーデには、さりげなく足もとにきれいなロイヤルブルーで品格を添えてみる。カーディガンを羽織ものとしてではなく、ボタンを8割留めて単体トップスとしてつかって。

【12位】秋注目のブリティッシュテイストに艶ブラウスの女っぽさをきかせてハンサムコーデの完成

きれいめなブリティッシュテイストを意識して。秋らしいチェックパンツに艶ブラウスを投入すればマニッシュになりすぎず、大人の女らしさが香る着こなしに。

【13位】可愛らしさ満点のビッグシルエットなコートには細身パンツが相性抜群!

女性らしく今どき感のあるドロップショルダーのコートは、赤をきかせたマニッシュなチェック柄が印象的。合わせるぺたんこ靴にはこのコートの色から拾った赤をチョイス。

【14位】着丈が長めのすっきりとしたノーカラーコートはヘビロテ確実!

合わせる服を選ばないさっと羽織れるシンプルなノーカラーコートをチョイス。しかも顔周りがすっきりしているデザインなので、小顔に見えるというメリットも。

【15位】大人のキュートさを演出してくれるモヘア素材のロング丈カーディガンコーデ

ロングカーディガンはベルトをせずに中のコーデをちらりと覗かせて縦のラインを強調させて。ハードになりがちなレオパード柄バッグも、もふもふファー素材でスウィートに仕上げて。

【16位】2通りのアレンジが楽しめるニットコーデ。きちんと見せるならVネック側をフロントに

合わせるボトムや気分でフロントを選べる両A面デザインのリブニット。カーディガンのようにボタンを前にすればシャープできちんと感のある印象に。逆に後ろにすれば、襟ぐりが首からデコルテがきれいに見えてドレッシーで女らしい印象に。

【17位】シルクシャツワンピースを投入してアラフォーの肌を白くきれいに引き立てる

シンプルでもクラス感が備わるのは、シルク素材ならでは。同じジャケットや小物でもパンツコーデからワンピースにチェンジするだけで印象がガラリと変わる。

【18位】きれいめのグレーワンピースを白モヘアのロングカーディガンで華やかにカジュアルダウン

フォーマルにも着ていけそうなウエストリボンのワンピースに、モコモコとした素材感のニットカーデをはおれば、ほどよくカジュアルに。カーキのミニバッグやレオパード柄のレースアップ靴で味つけすれば、甘すぎることなく小粋にきまる!

【19位】テラコッタのシャツワンピースにハイテクスニーカーを合わせて上品カジュアルに

さりげない肩がけカーディガンは、全体のバランスの重心をアップさせてスタイルアップ効果も。仕上げにシルバーのバッグをきかせて、ボリュームのあるシルエットをシャープにまとめて。

【20位】ネイビーのハイゲージニットにはトレンドカラーのパープルを組み合わせてフレッシュな印象に

何を着ようか迷ったときは、とりあえず上下を同系色のトーンでおさえてみる。ネイビーニットとトーンがなじみつつ、ほどよく華やかさも添えてくれる濃パープルのプリーツスカートなら、寒色系なのでネイビー×パープルが馴染みやすく好相性。

【21位】ダークグレーとディープグリーン。アラフォーにとってフレンドリーな色の組み合わせ!

フェイクスエードのワンピースをコートのようにアレンジすることで、パンツコーデをドレッシーに仕上げる着まわしテクは、かなり使える!

【22位】ディープグリーン×ライトベージュであえてコントラストをつけて大人の配色を着こなして

ビッグシルエットのカットソーを歩くたび優雅に揺れるチノロングスカートにインすれば、足もとがスニーカーでも、配色のおかげか上品な女らしさをキープできそう。

【23位】デニムとのワンツーコーデが可愛く決まるのは着回しやすい秋ニットのおかげ!

デニムでも濃い目のインディゴブルーを選べばきれいめに着られる。秋らしいマスタードイエローのVネック半袖ニットは、デニムとの相性も完璧で、濃いめのインディゴカラーだから、カジュアルもきれいめに品よく仕上がる。

【24位】秋を感じさせるきれい色となら、すっきりと上品に黒パンツをはきこなせる!

深めウエストの黒パンツに合わせるニットは、シンプルだけれどほんの少しだけポイントがあるものをチョイス。例えば肩のゴールドボタンや首まわりがきれいに見える横に広いラウンドネックが、何げないスタイリングをぐっとおしゃれに。

【25位】ブーツもカーディガンもワンピースもバッグのショルダーベルトもすべて長めに統一して

キャメル色のリブニットカーディガンなら、ほっこり見えがちな大きめチェック柄のシャツワンピースを大人っぽくスッキリとみせてくれる。人気復活のロングブーツを合わせて全体を細見えさせて。

【26位】ベージュやアイボリーで全体をまとめた女性ならではのエレガントなお仕事スタイル

ライトベージュやアイボリーといった淡くまろやかなカラートーンで、優しくしなやかな印象に。そして靴だけはダークカラーでスタイリングをきゅきゅっと引き締めておく。

【27位】深みのあるグリーンのマキシ丈レーススカートは、鮮やかなブルーとの組み合わせでフレッシュに

上品なレース柄、裾のスカラップ仕立ての甘さと、シックなグリーンの組み合わせがベストマッチ。差し色に鮮やかなブルーのカーディガンを合わせておしゃれ上手な配色も挑戦してみて。

【28位】おしゃれ感も若見え感も両方満たしてくれる華のある旬コーデで気分をあげて

控えめなチョコブラウンのブラウスには、華やかなターコイズグリーンのラップスカートを合わせてさりげない華やかさがある褒められコーデに。

【29位】大人のカジュアル感やきちんと感を両方手に入れられるのはミディ丈スカートのおかげ

メガネでも女性らしく見える秋色マスタードのギャザースカートに優等生カーディガンを合わせてみて。

【30位】タートルニット×ラメ入りスカートというシンプルな秋冬ワンツーコーデには揺れるアクセを!

タートルニットが台頭する季節となり、若見えのチャンス到来。ここは、さりげなくきらめくプリーツスカートを合わせてシックにきめたいところ。そこにレオパードのバッグを肩がけしてトレンド感をプラス。

※2018年8月7日~2018年11月30日集計

What's New

Feature

Ranking