春の5大定番トップス、2019年春のトレンド傾向は?|アラフォーファッション

2019年4月8日
シャツ、ブラウス、カットソー、ニットといったベーシックなトップス。定番トップスだからこそアップデートが必要なんです。春のトップストレンドと旬な着こなしをご紹介!

※商品は販売を終了している場合があります

1.ONにもOFFにも大活躍トップス「シャツ」

■カーキシャツ×ローズピンクスカートコーデ

春気分が満載のローズピンクのスカート×ハンサムシャツで甘辛MIXコーデ。甘いスカートはメンズライクなトップスを合わせる着こなしがアラフォーにはしっくりくる。このスカートはサイドがゴム仕様なので、ボリュームシャツをインしてもすっきり着られます。

シャツ¥22,000(アールジュビリー)・スカート¥15,000(エムセブンデイズ)・2WAYショルダートートバッグ【SUPERLIGHT】¥37,000(ジャンニ キアリーニ)・アンクルストラップサンダル¥27,500(ペリーコ サニー)/SHOP Marisol サングラス・バングル/スタイリスト私物

■バンドカラー&着丈長めの白シャツ

白シャツは、バンドカラー×長め丈が気分。右:ワイドな袖&ビッグサイズのほどよいデザイン性と、ハリのある生地で、一枚でもサマになる。日本初上陸ブランドというキャッチーさもおしゃれ心を満たしてくれます。左:ロング丈で使いやすいサイズ感。

右:シャツ¥34,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(アーチ ザ) 左:シャツ¥9,900/ノーク

■ニュアンスカラーのシンプルシャツ×デニムパンツコーデ

贅沢な素材を使い、座った時も苦しくないようはき心地を追求したコンフォートテーパードのデニムをチョイス。そこに合わせたいのはニュアンスカラーのシンプルなシャツ。ゴテゴテと飾りっ気のない潔さが、凛とした印象のエレガントな女性に映りそう。

デニムパンツ¥41,000/ドゥロワー 青山店(ゴールドサイン) シャツ¥29,000/ebure ピアス¥14,000/ティアラ(ルーカス ジャック) バッグ¥52,000/ジャンニキアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥45,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■淡色ブルーシャツ×パンツ×スニーカーコーデ

ブルーシャツ×シンプルニット×パンツのさわやかお仕事コーデで。全身ネイビーもいいけれど、そこに爽やかな淡色ブルーシャツをはおって袖をまくれば、何ともさわやかな印象に! 足もとはややインパクトのあるスネーク柄でコーディネートにもスパイスを少々。

ブルーシャツ¥16,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥22,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) イヤリング¥15,000/デミルクス ビームス 新宿(イリスフォーセブン) バッグ¥39,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥35,000(ペリーコ サニー)/アマン チェーンブレスレット¥10,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) 

■繊細なピンタックが美しいブサムシャツ

この春デビューしたフィータは世界中の優れた工場や職人と組んで、上質な物作りを目ざすブランド。繊細なピンタックが美しいブサムシャツを見れば、ていねいな物作りを実感できるはず。布帛のパリッとした感じが苦手な人にたまらないざらっとした質感が魅力。細身のカラーパンツとも相性抜群!

シャツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(フィータ)

2.女性らしい華やかさを演出してくれるトップス「ブラウス」

■リネン素材の「ウエストコンシャス」なブラウス

リボンでウエストマークするほかに、ギャザー入りのブラウスも。光沢のあるリネン混素材やハリ感のあるリネンなど、同じリネン素材でもさまざまな表情になる。ワイドパンツはもちろん、細身デニムとの相性もいい。

(右)ウエスト部分にギャザーを寄せた比翼仕立てのシャツブラウス。ブラウス¥17,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) (中)フォーマルな印象のあるネイビーブラウスも、リネンのカジュアル感でふだん使いしやすく。ブラウス¥19,000/インターリブ(サクラ) (左)太いリボンが印象的なドルマンスリーブのブラウス。ハリ感があるリネン素材で、女性らしいシルエットに。ブラウス¥32,000/ebure

■コットン素材の大人レースブラウス

大人が肌を見せるなら、セクシーではなくヘルシーに。白いブラウスは袖のサイドをレース使いにすることでボディはすっきり、上品な華やかさに。前後Vあきデザインの黒ブラウスならビターな甘さに、ロングブラウスも袖のレース使いで軽やかな印象で着こなせる。

(右)生地と同色の黒レースが縦に配され、細見え効果も期待できる。トップス¥31,000/エイチ ビューティ&ユース(フィータ)(中)綿100%のさらっとした素材感とボートネックが上品な白いコットンブラウス¥26,000/ティッカ (左)夏の日差しにも似合いそうなマスタードイエローのブラウス¥14,000/ヌキテパ 青山(ヌキテパ)

■ボリューム袖の白ブラウス×ネイビーのタイトスカート

ボリューミーな袖の真っ白なブラウスは今季注目のトレンドアイテム。きちんと感のあるネイビーのタイトスカートと合わせれば好感度の高い通勤コーデが完成。

ブラウス¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥26,000/ebure 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) 時計¥340,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 

■ノスタルジックな花柄ブラウス×ブーツカットデニムコーデ

トレンドトップスの花柄ブラウスを青みが強くスラブ感の少ない、ゆとりのあるブーツカットのデニムに潔くウエストイン。センタープレスがきいているデニムなら、切りっぱなしのすそもラフな印象になりすぎないので安心。

デニムパンツ¥24,000/UTS PR(ジェーン スミス) ブラウス¥19,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) ストール¥27,500/カオス丸の内(アソースメレ) バッグ¥64,000/ダニエル & ボブ ジャパン 靴¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ)

■背中あき&リボンブラウス×ベージュのパンツコーデ

お仕事服とデート服を両立してくれるアラフォーコーデ。オフィスではテーラードジャケットでびしっと決めつつ、夜のデートでは上着をそっと脱いで、背中あき&リボンの意外性で魅せる着こなしを。そのぶん、ボトムは飾らずカジュアルにおさえておくのが若見えポイント。お仕事帰りのデートなのに肌見せがあるギャップに。

ブラウス¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ウィムガゼット) ジャケット¥59,000/ebure パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥110,000/アイワ(カラットアー) 靴¥75,000/エストネーション(ニナ リッチ) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) 

3.春らしいキレイ色トップスを取り入れるなら「薄手ニット」

■深Vシルクのシンプルニット

シンプルニットは深V&シルク混で女らしくが今季のトップスのトレンド。右:上質なカシミア×シルク素材ゆえの澄んだ発色で、Vあきもエレガント。ニット¥24,000/レリタージュ マルティニーク 中:.落ち感があるシルクカシミア素材がアラフォーの体をきれいに包んでくれる。うなじに入ったロゴの刺繡もポイント。ニット¥75,000/ブラミンク 左:コットン×シルクの新作。深めVとややロング丈が新鮮。ニット¥27,000/スローン

■きれいなイエローのアンサンブルニット

「イエナのアンサンブルはグリーンに続き2セットめ。今回は、とにかくこのきれいなイエローに惹かれました。上質なイタリア糸を使用したアンサンブルは毎年の人気商品で、わりとすぐ売り切れてしまいます。『次はもうないかも』。やっぱり買い物に追加しました。以前購入したものより半袖ニットの袖がゆったりと5分丈の長めになっているので更に着やすい!わたしの腕では肘上5cmほどの所まできてくれるので、露出も控えめで夏でも安心。これってけっこう大事ですよね。」(美女組Akane)

■きれい色のふんわりフェミニンなボリューム袖ニット

ふんわりフェミニンなボリューム袖は、ラフなニットでほどよく抜け感を演出して。リブならよりカジュアルに、シルク混のハイゲージは女らしい印象になる。ボトムはタイトスカートで今季らしいふわぴたシルエットに。

右:鮮やかなイエローの細リブニットは、大きめのパフスリーブとボートネックのバランスが新鮮。ニット¥20,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) 中:旬のショート丈、ボリューム袖とベーシックながら今季らしさがつまったグレーニット。ニット¥22,000/エストネーション(エストネーション) 左:シルク混のツヤ感がきれいなグリーンニットは、パフ袖と後ろリボンのさりげない甘さに心くすぐられて。ニット¥34,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス)

■女性らしい桜色の細リブニット×デニムパンツコーデ

ほどよくつまったネックに、袖スリットが入った今年らしさ満載の細リブニット。少し内側に入ったアームなど体をきれいに見せる工夫も。こだわり随所に広がる旬ニットなら、デニムに合わせるだけでスタイリッシュな週末の春コーデに。

ニット¥13,000(エムセブンデイズ)・デニム¥25,000(アッパーハイツ)・オリジナル・ボート・アンド・トート・バッグ ミディアム(オープントップ)¥6,900(エルエルビーン)・クロスバックルサンダル【VACCHETTA LATTE】¥19,000(コルソローマ)/SHOP Marisol

4.永遠の定番トップス「ボーダーカットソー」今年は背中Vあきデザインも!

■背中Vあきデザインのボーダーカットソー

今季トレンドのトップスといえば、背中Vあきのボーダーカットソー。Vの深さはマチマチなので、自分に似合うタイプを探して。

右:前後2wayで使えるうれしいデザイン。カットソー¥11,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ルミノア) 中:ワイドな身幅と潔くあいた背中が新鮮。カットソー¥13,000/ブルーバード ブルバード 左:毎年気になる『ルミノア』と『セントジェームス』のボーダー。今季は前者の前後Vあきタイプに注目。カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア)

■イエローのボーダーカットソー×ネイビーパンツコーデ

さわやかなイエローのボーダーカットソーにセンタープレス入りのネイビーパンツを合わせれば、カジュアル過ぎない休日のお出かけコーデに。歩きやすい上質レザーのフラットシューズをチョイス。トップスに合わせてイエローを選べばオシャレ感がアップ!

トップス¥12,000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) パンツ¥24,000/ギャルリー・ヴィー  丸の内店(ギャルリー・ヴィー) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(グーセンス パリ) 靴¥64,000/エイチ ビューティ&ユース(マルティニアーノ) 

■洗練された色使いのボーダーニット×白のワイドパンツコーデ

洗練された大人マリンに挑戦するなら鮮やかなブルーにブラックをトリミングした進化系ボーダーをチョイス。アラフォーがボーダーを着るなら上質なものを。18ゲージという超繊細なコットンニット素材はカシミアに匹敵する上質な光沢を持っているので、ボーダーのカジュアル感を大人仕様に。しかもこの進化系ボーダーニットは後ろすそが長いロング丈なので、裾をアウトで着てもどちらもキマるのが嬉しい。

ニット¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥56,000/ロンハーマン(OAD) ストール¥14,000(エンリカ)・バングル¥56,000(シンパシーオブ ソウル スタイル)・靴¥25,000(スペルタ)/フラッパーズ

5.2019春トップスのトレンド大本命「スウェット」

■あせたキャンディーカラーのスウェットパーカー

太陽の光で色あせたような色みと、柔らかな風合いで、こなれ感のあるカジュアルスタイルを演出できるパーカー。「コンパクトさと、あせたキャンディカラー、フードの立ち上がり具合、これはタイプでした!色違いで買いたい!」と副編集長S田。

プルオーバー各¥18,000/ラルフ ローレン

■メンズライクなベージュのスウェット×白スカートコーデ

まるで着古したような味わいがありながら、絶妙に上品。ヴィンテージやメンズアイテムにも精通したデザイナーが手がけるだけあって、シルエットから素材感まで、妥協のないこだわりを感じる一枚。パンツにもスカートにも合うやや短めの丈でどんなボトムでもスタイルよく決まるから、朝つい手に取ってしまうこと間違いなし。

スウェット¥21,000(アンスクリア)・靴¥48,000(ペリーコ)/アマン スカート¥18,000/エストネーション 帽子¥26,000(ジャネッサ レオネ)・バッグ¥240,000(ビーネン デイヴィス)/アパルトモン 青山店

■白のフードパーカー×レーススカートコーデ

スポーティを都会的なムードに落とし込むのがお得意な「ハイク」の新作は、柔らかい手ざわりの薄手生地で、オーバーサイズでももたつかずすっきりと着られる。素材にほどよく上質感があるのでカジュアルになりすぎず、甘めのスカートなど、フェミニンなアイテムとも合わせやすい。 

スウェット¥35,000/ボウルズ(ハイク) スカート¥86,000/ebure ピアス¥38,000/エドストローム オフィス(オールブルース) バッグ¥78,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)

■女性らしいシルエットがかなうグレースウェット×パンツコーデ

一時期おしゃれな人はみんな持ってた、といっても過言ではないほど一大旋風を巻き起こした「ドレステリア」のスウェットが今また人気に! 袖とすそのリブが長く、女性らしいシルエットがかなうのが特徴。サイズも以前より豊富になったので、今の気分に合う一枚を探して。

スウェット¥12,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) パンツ¥21,000/エリオポール代官山(バレナ) ピアス¥27,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥44,000/フラッパーズ(ウェルデン) 靴¥43,000/カオス丸の内(バルダン)

定番トップスのアラフォー的トレンドはつかめましたか? 薄手になってくる春から夏にかけてはトップスの選びが重要です。トレンドをおさえたトップスで春のアラフォーファッションを楽しみましょう!

What's New

Read More

Feature

Ranking