“きちんと感・華やかさ・すっきり見え”アラフォーの理想をかなえてくれる白スカートコーデの作り方

アラフォーが求める「きちんと感と華やかさ」「すっきり見え」、これらを叶えてくれるのが白スカート。夏のアラフォーコーデには「白スカート」が必要です!

①きちんと感と華やかさが欲しいなら→着丈長めの白スカートコーデ

■ベージュのジャケット×白スカートコーデ

ひとさじでも女っぷりがググッと上昇。頼れる赤を足もとに

手っ取り早く女っぽさを取り入れるなら、赤の魔法に勝るものなし。今年らしいけど太って見えるのがちょっぴり心配な白スカート×ベージュの淡い色コーデを、足もとにさしたパキッとした朱赤で引き締めて。女らしいけど甘すぎず、今年らしさもあるフェミニンコーデが完成。

サンダル¥44,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ネブロニ) ジャケット¥65,000・ニット¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) スカート¥54,000/ebure ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バッグ¥26,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ミロス)

■白ニット×ロングプリーツ白スカートコーデ

日常をドラマティックに変える、ピュアホワイトのロングプリーツ

ほんのりモードなマキシ丈のプリーツスカートは、フレアほど甘くなく、合わせ方しだいではドレスアップもかなう便利な一枚。ゆったりとしたドルマンスリーブのリブニットとコンビスニーカーというリラクシーな着こなしも、白のもつきちんと感と華やかさのおかげで、ルーズさとは無縁の女っぷりのいいMIXスタイルに。

ニット¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥59,000/ebure ピアス¥16,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュールズ) サングラス¥16,000/TOMORROWLAND バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ドゥロワー 六本木(ノヴェスタ)

■ライダースジャケット×プリーツ白スカートコーデ

"辛口ブルゾン×ちょっと辛口スカート"このMIX感、かなり新鮮!

幅の異なるプリーツを組み合わせた変型デザインは、ライダースジャケットのような主張の強いアイテムにも負けない存在感を放つ。×ふんわりギャザースカートという定番の甘辛MIXとはひと味違う、とびきり鮮度の高い着こなしが完成! 足もとはぺたんこサンダルで抜け感を出すのも今年らしさのポイント。

スカート¥19,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) Tシャツ¥14,000/ebure サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥31,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥27,000/essence of ANAY(I LUCHENTI)

■リネンブルゾン×ベルトつき白スカートコーデ

ロングのフレアスカートも、白のコットン地という軽やかさがあればすっきりと大人っぽい印象に。ショートブルゾンでさらに目線を上げて。

白フレアがロマンティックに転ばないよう、小物は辛口に。真夏にもはおれるリネンブルゾンはレリタージュ マルティニークと三尋木さんのコラボ商品。

共布ベルトつきスカート¥32,000/ebure リネンブルゾン¥25,000/レリタージュマルティニーク(レリタージュ マルティニーク×三尋木奈保) ニット¥26,000/エイトン青山(エイトン) ピアス¥9,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) バングル¥27,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥70,000/TOMORROWLAND(エレナ ギゼリーニ) 靴¥29,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ペリーコ サニー)

■ベージュのリネンジャケット×ミディ丈の白スカートコーデ

長め&ゆったりシルエットのジャケットはスカートとも相性よし

パンツとの相性は言わずもがな、着丈長めでゆったりシルエットのリネン素材のジャケットは、ミディスカートとのロング+ロングのバランスが今っぽく新鮮。

ジャケット¥69,000/カオス丸の内(カオス) カットソー¥11,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) スカート¥45,000/マディソンブルー ピアス¥15,000/エンフォルド ネックレス¥15,000/マルティニークルコント梅田(ローラ ロンバルディ) バッグ¥120,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

■黒のリブニット×プリーツ白スカートコーデ

春のモノトーンコーデは、小さなドットと足もとの透け感で更新

リブニット×プリーツスカートの定番フェミニンスタイルも、スカートが透け素材&ドット柄になるだけでフレッシュに。パテントのワンハンドルバッグやスエードのヒールパンプスなどクラシカル小物で大人にまとめて。足もとの透け感に合わせ、靴の色も淡めトーンにするのがこなれて見える秘けつ。

スカート¥25,000/インターリブ(サクラ) リブニット¥33,000/FUN Inc.(フォンデル) ストール¥53,000/ebur(e ファリエロ サルティ) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥74,000/ジミー チュウ

■フーテッドブルゾン×プリーツ白スカートコーデ

ちょっと意外な組み合わせの大人のハズしコーデ

ベージュのフーテッドブルゾンは夏のお出かけに持っていると重宝するアイテム。きちんと感と華やかさのあるプリーツの白スカートにも、意外にもマッチ! 足元にゴールドの細ストラップが軽やかなサンダルを合わせれば、大人のハズしコーデが完成。

パーカ¥29,000・スカート¥27,000/エリオポール代官山(エリオポール) ニット¥18,000/デミルクス ビームス 新宿(スローン×デミルクス ビームス) バッグ¥106,000/ドゥロワー  心斎橋店(ワンドラー) バングル(バルーン)¥38,000・(サークル)¥52,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル 靴( 1 )¥26,000(参考価格)/ステディ  スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) 

■ネイビーのブラウス×プリーツ白スカートコーデ

好感度たっぷりのネイビーとのコンビで、きれいめ白スカートの本領発揮!

ネイビーブラウスと白スカート、清潔感たっぷりな通勤コーデの王道を、バンドカラーとプリーツで2019年仕様にアップデート。腰まわりをすっきり見せる切り替えプリーツやウエストインが決まるテープ使いなど、大人にうれしい工夫も随所に。

スカート¥24,000/アルアバイル ブラウス¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥79,000・ストラップ¥44,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■白のノースリーブニット×極細プリーツ白スカートコーデ

上下を白でつなげて、ドレスライクに。アコーディオンプリーツでさらに華やか

歩くたびにドラマティックに広がるミディ丈の極細プリーツを、ちょっと大胆に同系色のノースリーブニットで合わせて、まるで一枚のドレスのようにアレンジ。着こなしが十分エレガントだからアクセサリーはモダン系をチョイスして、辛口要素を足し算。

スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥17,000/デ・プレ(デ・プレ) コート¥42,000/アストラット  新宿店(アストラット) ピアス¥18,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(レイチェル コーミー) バングル¥4,800/ティアラ(ランド シヌール) バッグ¥24,000/ANAYI 靴¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)

■カーキのカーディガン×マキシ丈の白スカートコーデ

ひと味ちがうニュアンスカラーでおしゃれで着こなしやすいニットカーディガンを主役に!

身頃のバランスや丈感などを調整することで、はおりとしてもプルオーバーとしても活躍するカーディガンはオフィスコーデに外せない一着。ほんのりブラウンがかったオリーブカラーのカーディガンはシンプルに前を留めて、白スカートと合わせるだけで、一気に洒落感を漂わせてくれる。いかに鎖骨がきれいに見えるかにこだわったVネックが大人の女性の余裕を感じさせて。

ニットカーディガン¥14,000・マキシスカート¥15,000(エムセブンデイズ)・ピンクバレエシューズ¥29,000/SHOP Marisol(ポルセリ) ピアス・バッグ/スタイリス

■パーカつきジャケット×プリーツ白スカートコーデ

ニュートラルなきれいめ感を味方に、流行のアスレジャーをとことん楽しむ

フーディやダッドスニーカーなど今季大注目のアスレジャーテイストと、辛口モードな要素のある白プリーツは実は相性抜群! 手絞り風の不整形プリーツが特徴のマキシ丈の一枚は、このページでセレクトした4 枚のうち最もカジュアル指数高め。トップスも小物もすべてスポーティにまとめても違和感なくなじんでくれる。

スカート¥27,000/エリオポール代官山(エリオポール) パーカ¥29,000/ボウルズ(ハイク) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥21,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ガム デザイン) 靴¥9,990/エミ ニュウマン新宿店(アディダス オリジナルス)

②すっきり見えしたいなら→タイト白スカートコーデ

■ブラウンのTシャツ×タイト白スカートコーデ

すとんと落ち感のあるとろみ素材が、すっきりとしたシルエットを実現してくれる

朝から夕方まで立ったり座ったりを繰り返す通勤服は、シワになりにくい素材なので、きれいをキープできるからスカートは頼もしさMAX。ポケット口が開かずにすっきりと着られるファスナータイプなのでシルエットも美しく、長め丈だからトップスインしてもグッドバランスが嬉しい。

ブラウス¥17,000(サクラ)・スカート¥13,000(エムセブンデイズ)・パンプス¥27,000/SHOP Marisol(ファビオ ルスコーニ) バッグ/スタイリスト私物

■スウェット×スリット入りタイトスカートコーデ

ほどよくリラックス感のある旬度高めのすっきり見えコーデ

トレンドのスウェットをゆるっと着つつ、下半身はⅠラインスカートで女っぷり高く。足もとはダッドスニーカーで、シンプルになりがちなコーデにアクセントとさらなるバランスアップをもたらして。

カットソー¥20,000/オーラリー スカート¥39,000/マディソンブルー ブルゾン¥38,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(イエティ) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥90,000・ブレスレット¥125,700/ハム 神宮前 アトリエ&ショップ(ハム) 靴¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

■ブルーのブルゾン×タイト白スカートコーデ

アラフォーがスポーティに少し着崩すなら、品位のあるロイヤルカラーをチョイスして

今季トレンドのアスレジャーコーデにかかせないスポーティブルゾンを40代が挑戦するなら、まずは色選びに気を配ること。ナイロン×コットン混紡で光沢が強すぎないロイヤルブルーなら、きれいめに着こなせる。それ以外はインナーからタイトスカート、サンダルまでクリーンな白でまとめれば、スッキリ爽やかなアスレジャーコーデの完成する。

ブルゾン¥25,000・Tシャツ¥9,000(ピーエスシー)/アルアバイル スカート¥17,000/TOMORROWLAND(ボールジィ) サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 時計¥13,000/DKSHジャパン(TIMEX) バッグ¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/バッグスインプログレス) 靴¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)

What's New

Read More

Feature

Ranking