ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

今さら聞けない?!洗顔の基本3大ルールを確認!

毎日毎日、ただなんとなく自己流の方法でクレンジング&洗顔している人は多いはず。でも、きちんとした方法を覚えれば、肌はもっとキレイになる!

クレンジングと洗顔で肌ダメージが加速しやすいアラフォー。ダメージをなくすため、最初に3つのベーシックなルールを復習。 今日から実行して、エイジングに待ったをかけよう。

☆私がお答えします!

トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん

トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん

美容誌・女性誌などのスキンケア指南で活躍。肌を見るだけでその人のふだんのお手入れ法を見抜くカウンセリングは神業!?


Rule 1:こすらない

洗顔のルール_こすらない

「落としたいと意識するせいか、みんな"手の力"が強すぎます! 落とす時は、厚みのあるクレンジング料をすべらせたり、洗顔料の泡を転がしたりと、剤越しに肌に触れて、こすらないのが原則」。ふく時もタオルをそっと押し当てて。


Rule 2:熱いお湯は厳禁!!

洗顔のルール_ぬるま湯で

「食器の油汚れは熱いお湯のほうが落としやすいように、水の温度が高いと必要なうるおいまで流れてしまいます。必ずぬるま湯で」。ぬるま湯とは、触れて温かいと感じない程度の温度。夏は蛇口から出た水をそのまま使えばOK。


Rule 3:短く洗ってゆっくりすすぐ

洗顔のルール_短く洗う

クレンジング料や泡が肌にのっている時間は短いほうがいいけれど、すすぎ時間は長めに。「すすぎが足りず、洗浄成分が肌に残れば、健やかな状態に戻ることができません。乾燥の原因になるし、後のケアも入りづらくなります」


■アラフォー的クレンジング&洗顔の選び方

☆Check①

肌タイプ、コンディションで使い分け
「うるおいが残るものを選ぶのは大前提。さらに例えばクレンジング料なら、乾燥肌は皮脂を取りすぎないミルク、ゴワつく肌には柔らかくなるクリーム、皮脂が多い肌はジェルというように、肌質や状態で選択」

タイプ別洗顔料

☆Check②
取りすぎ注意! すぐ乾くのは合わない証拠

「洗顔後に肌をふいて、すぐ乾燥を感じる時、後のケアでしっかり保湿をしているのに乾く時は、取りすぎの可能性が。またプツプツが出る人は、メイクの濃さに対して、剤の落とす力が不足していると考えて」

【Marisol8月号2019年】撮影/押尾健太郎(人物) 河野 望(物) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 構成・文/小田ユイコ

What's New

Read More

Feature

Ranking