ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

アラフォーになって服を着てもキマらない!と思っているあなた「もっさり猫背」になっていない?

今すぐ姿勢をチェック!大人気の運動指導者・森拓郎さんに姿勢を正す4ステップを教えていただきました

あなたの背中、猫背で肩が内側に巻き込んでない? 背中がすっきりすると、キレイに見える! 服が似合う!

運動指導者 森拓郎

運動指導者 森拓郎

加圧トレーニング&ピラティススタジオ「rinato」にてボディメイクやダイエットを指導。モデルや女優などの顧客も多い。ダイエットに関する多くの著書がベストセラーに。近著『30日で白Tシャツの似合う私になる』(ワニブックス)も話題

内巻きの肩、腕のねじれ、胸や首の縮みの改善がカギ
猫背が慢性化していると、見た目にどことなく〝もっさり感〟が出てしまうが、それだけでなく、上半身のラインをくずす、さまざまな問題が発生。
「Tシャツを着ただけでもキレイに見えるような上半身の条件は、やはり姿勢が美しいことです。でも現代人の生活は、パソコン作業やスマホチェックなど肩を丸めて首を前に突き出した姿勢をとる動きが多いため猫背になりがち。すると肩が内側に巻き込み、胸の筋肉は縮んで硬くなり、バストは下がります。また、肋骨の一番上の肩に近い部分(第一肋骨)が盛り上がることで肩の筋肉も盛り上がっていかつく見え、首も短くなります。肩が圧迫されて血液が運ばれにくくもなり、腕や脇に余分な脂肪もつきます。このため上半身のラインがくずれるのです」

こんな姿勢はNG!

<<Check! 項目>>
①頭が肩より前に出ている

②あごが前に出ている

③首のアーチが減り、ストレートネックになって短くなっている


④第一肋骨の上に肉がついて盛り上がっている


⑤肩が体の前のほうに巻いている


⑥背中上部が丸く猫背になっている


⑦腰にアーチがない

こんな姿勢はNG!

 上の画像のようになっていないか、まずは自分の姿勢をチェック。では、改善するには? 
「まずは猫背だと肩が内側に巻き込むので、外側へ回すストレッチで矯正しましょう。肩が内巻きになると、肘から先の前腕も内側にねじれるのでこれを改善するストレッチと、縮んでいる大胸筋を伸ばすストレッチも欠かせません。また、猫背で頭が前に出ると、首の後ろ側は伸びて、逆に前側は縮むので、それを取り除くストレッチも行いましょう。この4つのストレッチを毎日行えば、2週間もすれば姿勢が変わり、キレイな上半身が手に入りますよ」 

姿勢を正す4ステップ
【Marisol 10月号2019年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木村三喜 スタイリスト/程野祐子 モデル/島村まみ 取材・文/和田美穂
  • 姿勢のくずれを正して老け見えから脱出!中村格子先生の姿勢改造レッスン

    「スマホを見てばかりいたら、 首が前に出てきちゃって」「最近、猫背姿勢が定着しちゃって」などなど、アラフォーになって姿勢のくずれが加速する人が急増中。こんな姿勢のくずれを正す大きなカギは、頭と骨盤を正しい位置に戻すこと! 整形外科医の中村格子先生に、老け見え姿勢から脱出するテクを教えていただきました。

What's New

Read More

Feature

Ranking