ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

2019年秋冬の本命トレンド「テーラードジャケット」の選び方と着こなし【40代レディース コーデ】

とりあえず「これさえはおっておけば今季はOK」と言えるほど、一気に秋冬のレディース トレンドに躍り出たテーラードジャケット。今シーズン買うべきタイプや最旬のコーデを例をご紹介します!

①2019年秋冬に買うべきテーラードジャケットと最旬の着こなし

今シーズンに買うべきテーラードジャケットのタイプとその着こなし例をご紹介。

 無地シングルテーラード 

まずは「テーラードジャケット」と言われて真っ先に浮かぶ定番の形から。今年はヒップまでかかるやや長めの丈が旬!

■テーラードジャケット×ペイズリー柄ロングスカートの秋冬コーデ

柔らかなベージュを、華やかなスカートと合わせて女性らしく。英国羊毛ならではのスポンジ感とナチュラルな粗さのある素材で、シンプルなのにさりげなく"映える"一枚。ほどよく細身のシルエットのおかげで、着るとエレガントな雰囲気に。プリントスカートとの華やかなコーデに、ブランドイニシャルのエンブレムがほんのりトラッドなムードを添えて。

ジャケット¥110,000/マディソンブルー カットソー¥7,900/RHCロンハーマン(フィルメランジェ フォー RHC) スカート¥28,000/エストネーション バッグ¥140,000/ヴェルメイユ  パー イエナ 日本橋店(ザンケッティ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)

■テーラードジャケット×花柄ワンピースの秋冬コーデ

やっぱり一枚は持っておきたいオンオフ使えるシャープな黒。メンズライクな仕立てや細身のラペルがきりっとスマートな一枚。フェミニンな花柄ワンピースにはおるだけで、端正な上品さが備わる。ほどよくストレッチがきいており、動きやすいのもうれしい。

ジャケット¥49,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ワンピース¥52,000/アルアバイル(バウム・ウンド・ヘルガーデン) ストール¥34,000(ファリエロ サルティ)・バッグ¥21,000(ザ ディレッタント)/ユナイテッドアローズ 銀座店 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース

■テーラードジャケット×白パンツの秋冬コーデ

上品なブルーで何げないシンプルスタイルに洗練を。大きくあいた襟やサイドのポケットで、きれいめなのにどこか抜け感のある雰囲気。ほかにない上品なブルーがさりげないアクセントとなり、シンプルなパンツスタイルもどこか新鮮な表情に。

ジャケット¥69,000・カットソー¥26,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥18,000/ビームス ハウス 丸の内(エーケー ワン) メガネ¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) バッグ¥92,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(バッグインプログレス) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)

②定番の黒テーラードジャケットをアラフォーが今っぽく着るなら?

定番なようで意外と形が流行に左右されやすく、また、体型によっても似合う一枚が変わってくるテーラードジャケット。アラフォーに似合う一枚の選び方と着こなし方をQ&Aでお届け。

Q.定番の黒テーラードジャケット、今っぽく着るなら?

A.今シーズンはクールに着るよりフェミニンが気分。 花柄ワンピなどで甘めコーデを意識して

ブラウンが流は行やっている影響もあり、黒ジャケットでクール&マニッシュに決めすぎる と古かったり、怖く見えてしまう恐れも。花柄ワンピースやフレアスカートといったフェミニンなアイテムと合わせ、ジャケットを「甘さのセーブ役」として投入するとちょうどいいバランスに。

ジャケット¥45,000/カオス丸の内(カオス) ワンピース¥24,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥85,000/デ・プレ(クレジュリー)

Q.シングルとダブル、どっちを買えばいいか迷います!

A.スマートな上品さを求めるならシングル、旬のクラシカルなムードを楽しむならダブルを

トレンド的にはどちらかが正解、ということはなし。シンプルなぶん、すっきりモダンでシャープな印象になるのがシングル。ダブルはシングルに比べ襟も大きめが多く、よりマニッシュでクラシカルな印象に。手持ち服とのバランスを見て、今の気分で選んでOK。

(右)ダブルジャケット¥49,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)
(左)シングルジャケット¥35,000(セミオーダー価格)/DIFFERENCE 青山店(DIFFERENCE)

③大柄さんと小柄さんのテーラードジャケット選びと着こなし方

定番なようで意外と形が流行に左右されやすく、また、体型によっても似合う一枚が変わってくるテーラードジャケット。アラフォーに似合う一枚の選び方と着こなし方をQ&Aでお届け。

Q.小柄ゆえジャケットに“着られてる感”が出てしまう…

A.トラッドに着ない。“どこかをタイトに女っぽく”着るのがコツ

小柄さんはついサイズ選びに気を取られがちだけど、実はコーデが重要。トラッドに着ると子供っぽくなりがちなので、タイトスカートやパンツでⅠラインを作り、「シルエットから女らしく」を意識してみて。

ジャケット¥52,000/ビームス ハウス 丸の内(ルーム エイト) ニットスカート¥25,000/ボウルズ(ハイク) Tシャツ¥9,000/ebure バッグ¥55,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥20,000/ノヴェスタ ジャパン オフィス(ノヴェスタ)

Q.大柄なので迫力が出すぎてしまいます…

A.印象が優しくなるベージュや白系の淡い色を

ジャケット自体がマニッシュなアイテムゆえ、黒やネイビーだとどうしても「かっこよさ」や「貫禄」がきわだってしまいがち。ベージュやオフ白といった淡い色なら、印象が柔らかくなり自然と女らしく。

(上)ラペルなしでスマートに。ジャケット¥29,000/リエス(リエス) 
(中)コンパクトなサイズ感も女性らしい。ジャケット¥56,000(セミオーダー価格)/DIFFERENCE青山店(DIFFERENCE) 
(下)堅い印象がある金ボタンのブレザーも、オフ白ならフェミニン。ジャケット¥118,000/マディソンブルー

④2019年秋冬のテーラードジャケット最旬コーデ7選

■ブラウンのテーラードジャケット×デニムパンツの秋冬コーデ

最旬カラーのテーラードジャケットとフレアデニムパンツと。ブラウン使いがうまくなる秋のハイカジュアル。テーラードジャケットとデニムで大人のカジュアルをここまで上品にかっこよく。少しボリュームのあるゴールドカラーのアクセサリー使いもきいている。

デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) ジャケット¥38,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) Tシャツ¥9,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュロンドン) ネックレス¥13,000・ブレスレット¥11,000/デミルクス ビームス 新宿(ローラ ロンバルディ) リング¥35,000/RHC ロンハーマン(サンズ サンズ) バッグ¥194,000・靴¥67,000/ジミー チュウ

■グレーのテーラードジャケット×ボウタイブラウス×ピンクパンツの秋冬コーデ

女性らしさときちんと感を両立したテーラードジャケットコーデ。ジャケットのインにはボウタイブラウスで華やぎを、スタイルアップを意識したハイウエストパンツでキリッとシャープに、オフィスコーデを楽しんで。

ジャケット¥78,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ブラウス¥29,000/サード マガジン パンツ¥36,000/ebure メガネ¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(イレスティーバ) バッグ¥46,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥48,000/エストネーション(ペリーコ)

■黒のテーラードジャケット×白のプリーツスカートの秋冬コーデ

男前なテーラードジャケット×エレガントなプリーツスカートをモノトーンで粋に着こなして。かっちりした印象の黒テーラードジャケットに、しゃらりと繊細に流れるアコーディオンプリーツの白スカート、モノトーンで統一することで、トレンドを楽しみながらも信頼感が得られる今どきの組み合わせに。小物はシルバーにすることで、シャープさと華やかさを添えて。

ジャケット¥69,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) カットソー¥6,800/スローン スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥16,000/アビステ バッグ¥128,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

■黒のテーラードジャケット×チェック柄スカートの秋冬コーデ

チェック柄スカートとテーラードジャケットというクラシカルな合わせを今っぽくアップデート。いつもよりも大きめのテーラードジャケットは肩がけをすることでかっちりし過ぎず親しみやすさも生まれる。子供っぽくならないよう小物は黒で統一。

ジャケット¥69,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) ニット¥5,990/プラステ スカート¥83,000/ebure バッグ¥115,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(スマイソン) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック) メガネ¥38,000/ボウルズ(ジュリアス タート オプティカル×ハイク) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥565,000/ブライトリング・ジャパン(ブライトリング)

■ベージュのテーラードジャケット×ハイネックのワンピースの秋冬コーデ

テーラードジャケットのマニッシュすぎる印象が苦手なら、明るいベージュカラーがおすすめ。やわらかくロイヤル感のある女性らしい雰囲気に。足元はトレンドを先取りした黒の編み上げブーツで大人な外しでコーデを楽しんで。

ジャケット¥39,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) ワンピース¥83,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) バッグ¥42,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥100,000/デ・プレ(ルパート サンダーソン)

■グレーのテーラードジャケット×ピンクの腰高ワイドパンツの秋冬コーデ

程よいツヤ感品があるグレーのテーラードジャケットに、まろやかなカラーのニットと淡いピンクのワイドパンツを合わせ、女性らしさときちんと感を両立したエレガントなコーデに。

ジャケット¥78,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ニット¥73,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンツ¥36,000/ebure バッグ¥40,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥60,000/エストネーション(ロランス)

■チェック柄のテーラードジャケット×デニムパンツの秋冬コーデ

今季豊作の透け感やとろみのあるフェミニンなブラウスなら間違いなし。トラッドなチェック ジャケットがブラウスの袖の透け感のおかげで軽やかな女らしさに。ボトムはあえてデニムパンツでカジュアル感も注入することでより今っぽいコーデに。

ジャケット¥60,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ホテル パーティキュラー) シャツ¥32,000/ebure パンツ¥27,000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥48,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ペリーコ)

⑤美女組Akaneさんの一押しテーラードジャケットと着こなし

「流行は回る」ということを、つくづく感じています。再びこれを着る時代が来るとは思いませんでした…ジャケット!中・高校生あたりだったでしょうか。「紺ブレ(金ボタンがついた紺のブレザー)」、着ませんでしたか?街中が「紺ブレ」だらけでしたよね(笑)わたしは、紺ブレともう1点、グレーのジャケットがお気に入りで、それがまさに、現在トレンドの「テーラード」だったのです。今、あの頃を思い出すような気持ちで、再びジャケットを着ています。

「ロペピクニック」のチェック柄のテーラードジャケット。これはかなりの掘り出し物です!
チェックは大きめか、小さめか。どちらも素敵ですが、10代以来の久びさのジャケットなので、存在感のある大きなチェックよりは、細かいチェックのほうが、難易度が低そうな気がしました。

選ぶときには、何色がチェックに入っているのかを見ることをおすすめします。手持ちに合わせて「着回しできるか」の決め手になることが多いからです。このジャケットを選んだのは、茶色と黒のチェックの組み合わせだったから↓黒が入っていることで、ブラウン系の服はもちろん、ダーク系にも良く合い、全体がグッと引き締まるスタイリングになります。
たとえプチプラでも、「テーラード」だけは、生地に妥協はできません。もっと安く買える商品も多々ありますが、表面の生地がペラペラした薄手のものも多いです。このジャケットが高見えする点は、「毛」を感じる生地。触ると少し起毛を感じるような、あたたかみのある生地がポイントです。

仕立ても生地も高見えなのに、とても軽量で羽織りやすい。手に持った感じは、重厚な厚手の高級品には劣るかもしれませんが、実はこれはこれで、プチプラの特権を活かした「着やすさ」があります。生地は、厚手と薄手の中間くらい。その「ほどほど」の生地感が、安っぽさを感じることもなく、しなやかに動ける「着やすさ」を実現してくれるのです。
先日、某海外メーカーの店舗で、見ためはほとんど同じデザインのジャケットを見つけました。価格は14,900円だったのですが、仕立てや「きちんと」感は、ロペピクニックの方が上でした。「ピシっと感」が命のテーラードの生地がヨレていて、ウールの毛羽立ちが少し安っぽく見えたのです。それを見て、改めてこのジャケットのコスパの素晴らしさを実感しました。

そして、一番気になるのは「着方」ですよね。羽織ってみると、「本当にこれで合ってる??寅さんぽくない(泣)?」…ジャケットに慣れない頃、そんな風に思っていました。なんとなく不自然で、気恥ずかしい感じ↓
それが、「あること」をしたらピタっと違和感がなくなり、すんなり着こなすことができたのです。
…「袖をまくる」。これだけで、「おじさん」イメージのテーラードが、「寅さん」にならず、とても垢抜けた印象に変わりました↓

厚くも薄くもない生地のおかげで、通常は「まくり上げ」にくいジャケットの袖が、好みの具合に調節でき、しかもズリ落ちてこないので、このままの状態をキープできるのです。これは、ジャケット選びでは、個人的にはかなり重要なポイント。
プチプラならではの生地の厚さを逆に活かしてみると、こんな風に着こなしのヒントにつながることがありますね。

今回、コーデのパターンがありすぎて本当に迷いました。ジャケットって、難しそうで、実はものすごく着回せるんです。スカート、パンツ…無敵です。コートの季節に入る前のアウターは、ジャケット1枚が強力な味方になってくれます!

【Day1】タイトスカートを合わせたお仕事コーデ

↑マニッシュなジャケットには、スカートがバランスよく合います。ジャケットを着ると上にボリュームが出るので、ボトムスはタイトスカートなどの細身を合わせると、女性らしい雰囲気がグッとUPします。ロングブーツでさらに大人っぽい印象に。

【Day2】フレアスカートを合わせてフェミニンをプラス

↑フレアスカートの場合は、かわいらしさがプラスされ、ジャケットをやわらかい表情で着られます。白いブラウスをインすれば清楚な印象がUPし、フォーマルにも使えますね。ブラウン×オフホワイトは、とても上品な雰囲気です。

【Day3】ニットパンツを合わせてカジュアルに

↑ジャケットと色をマッチさせれば、リブニットのパンツもよく合います。今回は、オフホワイトを合わせてみました。このジャケットは、お尻までスッポリと隠してくれる長めの丈なので、気になるヒップラインも安心です。

【Day4】デニムをブーツインした細見えコーデ

↑細身のデニムを合わせると、上半身のボリュームで下半身がスリムに見えます。ロングブーツにインすることで、さらに脚長で細見えに。ジャケットとデニムの組み合わせは、簡単で誰でもおしゃれに見えるコーデです!

【Day5】ブラウン×ピンクのきれいめコーデ

↑スモーキーピンクのプリーツスカートを合わせ、マニッシュなジャケットを華やかに。ジャケット×ロングプリーツも、気負いなくジャケットを楽しめるコーデなのでおすすめです。

↓腕はどんどんまくって「寅さん」防止!
これから冬に向け、さらに素敵な商品が出ると思いますので、今後もこまめにチェックして、またご紹介できればいいなと思っています!

What's New

Read More

Feature

Ranking