姿勢の悪さは放置すると加速! ナナメ後ろ45度の悲劇 原因②「姿勢」

2017年2月24日
姿勢が悪いと顔もつられて下向きになり、あごまわりや首のたるみが増長。加齢度も増してしまうから、常に背すじはしゃんと伸ばして。美しい姿勢は年齢をも凌駕すると肝に銘じるべし。
正面から見るとそれなりに"若い"のに、ナナメ後ろ45度から見ると「誰、このおばさん?」とお寒く思う、同年代の女性、まわりにいませんか? でも待って! 同年代ってことは、実はあなたもナナメ後ろ45度から見ると……!?メイクではごまかせないだけに、生身の自分の加齢度が出る危険なこの角度。早速対策を練らなくては!


【悲しい実例①】姿勢の乱れは、酒量も乱す! "首輪"がつかぬようご用心

「どんなにキレイな人でも、姿勢を悪くした瞬間お肉がダラッと寄ったりして、老けて見えますね。お酒の席でも姿勢が美しい人は顔もきゅっとしているし、適量を楽しく飲めるんです」(元CA、タレント・日本酒スタイリスト 島田律子さん)

【悲しい実例②】アラフォーの舞台に直光は不要。ライトが後光になる位置に

「写真を撮る時、トップライトの真下や強い光源のほうへより近づくと顔に影が強く出て、年齢感が露に。人目にも同じように映るので、光が直接当たらない位置に姿勢よく立つと美人に」(フォトグラファー 玉置順子さん)

【悲しい実例③】背中が丸まり、顔が前に出たその姿、まるでオランウータン

「年齢とともに前肩のつけ根が硬くなってくる影響で、無意識に前傾姿勢になりがち。そうすると背中は丸くなるし、代謝が鈍ってお肉もつきやすく。首も埋もれがちになるので要注意」(エステティシャン 小野砂織さん)

What's New

Feature

Ranking