美プロが教える。毎日の小さなスキンケア習慣で”鼻老け“を防止!

ヘア&メイクアップ アーティスト 広瀬あつこさんが伝授。これ以上"鼻の老化"を進行させないために、デイリースキンケア

自分の写真を見た時、メイクをしている時、フッと気づく「鼻」の変化。フォルムも質感も、徐々に変わっていく「鼻」は、実は老けていくパーツ。「鼻老け」予防についてレクチャー!


☆教えてくれたのは・・・

ヘア&メイクアップ アーティスト 広瀬あつこさん

ヘア&メイクアップ アーティスト 広瀬あつこさん

鼻老け予防のデイリー美容2_1

「スキンケアの基本は内→外へ化粧品を広げる動きですが、アラフォー以降は"やりっぱなし"だと、皮膚を横に引っぱったままの状態に」

鼻老け予防のデイリー美容2_2

「乳液やクリームなどすべりのいいものを塗った後、最後は鼻すじへ向かって皮膚を戻す動きをプラスして!」



鼻老け予防のデイリー美容2_3

「エイジングケア用美容液を塗る時は、効かせたいほうれい線やゴルゴ線の皮膚に届けるために上向きになり、溝をピンと伸ばしてから塗布を」

鼻老け予防のデイリー美容2_4

「鼻目立ちや老け見えの予防になるだけでなく、エステを受けているような気持ちいい感覚も」



気づかないうちにやっているかも?
【鼻を老けさせるNG習慣】

形成外科医 貴子先生

形成外科医 貴子先生

1) 鼻の穴を広げるアクション
「鼻の穴にティッシュや指をぐっと入れるのは小鼻を広げる原因に。花粉の時期など、見えないからとマスクの下で鼻にティッシュをつめているなんてもってのほか」(貴子先生)

 2)毛穴の圧出
「指や爪で毛穴のつまりを押し出す行為は、その力で鼻をつぶしてしまうし、毛穴の炎症を起こして色素沈着を起こしたりするので絶対にNG! 鼻老けを加速させます」(貴子先生)

【Marisol 4月号2020年掲載】撮影/藤澤由加(人物) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/広瀬あつこ  構成・文/松井美千代

What's New

Read More

Feature

Ranking