【MUSIC #02】即興のスリルに心躍る。プレイリスト『NEXT WAVE JAZZ』でジャズの新しい魅力に触れてみて!

Spotifyで聴けるプレイリストから、アラフォー世代へのおすすめをピックアップ。第2弾は、『NEXT WAVE JAZZ』から刺激的なジャズをお届け!

 

 聴いてみたいけれど、よくわからなくて。ジャズは、そう言われがちなジャンル。知的なイメージはあるが、聴くのに知識はいらない。でも、入口を間違えると、遠い存在になる可能性は高い。

 『NEXT WAVE JAZZ』は、若手アーティストを集めたプレイリストで、ジャズの定番であるスタンダードナンバーはなく、自ら書いたオリジナル楽曲が中心。みずみずしくも尖った感性にあふれ、ラップもあるし、ソウルフルな歌もある。

 ジャンルの枠を超えた、生楽器とエレクトリックのハイブリッドが新鮮だけれど、やはりジャズの魅力は、即興演奏のドキドキ感。即興とは楽器による会話だと彼らは言う。何か投げかけられたら、カッコよく返す。互いに「やるな」と思わせる応酬のために、ミュージシャンはテクニックを磨く。

 それを知って聴くと、なんとなくわかった気になるし、スリルをより楽しめる。インストとボーカルで編成されていて、随時新曲が追加されていく

プレイリストはこちら:『NEXT WAVE JAZZ
 

01. WONK

WONK
WONK
甘いボーカルで歌う歌詞は英語だけれど、自らを実験的ソウルバンドと語るWONKは、日本人4人組。ジャンルの境界線がないエレクトリックサウンドは、斬新でありつつほどよい知性が薫り、6月発売の新作『EYES』から選曲された『HEROISM』をはじめ、すべてジャズのエッセンスがおしゃれ。高学歴メンバーのキャリアも興味深く、今注目の都会派バンドだ。

02. ジェイコブ・コリアー

ジェイコブ・コリアー
ジェイコブ・コリアー
UK出身のマルチプレイヤーは、全楽器をひとりで演奏し、あらゆるジャンルをモチーフに音をデザインしているような音楽は、彼の遊び心と演奏する歓びにあふれている。いつ聴いても感性の塊だと思う。現在選曲されている3曲は、異なるシンガーをゲストに迎えていて、声質の違いがまたデザインの色彩になっている。

03. グレゴリー・ポーター

グレゴリー・ポーター
グレゴリー・ポーター
ジャズ界で最も売れているシンガー。彼のソウルフルなボーカルは、優しさにあふれ、聴く人の心を温める。8月発売の新作『オール・ライズ』から選ばれた4曲は、彼のオリジナル楽曲。力強く熱唱する曲もいいけれど、『イフ・ラヴ・イズ・オーヴァーレイテッド』のようなストリングスと共演する曲がエレガントで、歌の物語に酔わせてくれる。

04. ジョーイ・アレキサンダー

ジョーイ・アレキサンダー
ジョーイ・アレキサンダー
淡い色彩を放つ繊細なピアノの彼は、バリ島に生まれ、巨匠に見出されたことで11歳の時にデビュー。現在ニューヨークを拠点に活動する。16歳の今年発表したメジャーデビュー作『ワルナ』は、自作曲をベース、ドラムと組むピアノトリオでレコーディング。高い演奏力を誇り、ジャズの本場で修業しつつも手練れにならず、ピュアな演奏がいい。
ジョーイ・アレキサンダー
 

05. キャンディス・スプリングス

キャンディス・スプリングス
キャンディス・スプリングス
スタイリッシュで、なおかつチャーミングな女性で、温かみと可憐さをあわせもつボーカルは、かつてプリンスにも称賛された。パフォーマンスは、いつもピアノの弾き語り。そんな彼女が3月に発表した新作は、自分の音楽性を育み、影響を与えた女性アーティストの曲を取り上げた意欲作。ここではローリン・ヒルの超クールなカバーが聴ける。
キャンディス・スプリングス
 

音楽ライター 服部のり子

はっとり・のりこ●洋楽を中心に雑誌や新聞で執筆。ラジオ番組やJAL機内放送の企画・選曲も担当している。

 

 

▼あわせて読みたい記事▼
  • 【ART#02】ファッションは「視る/視られる」ゲーム?

    「着る」「装う」ことについて問うファッション展『ドレス・コード? ――着る人たちのゲーム』。京都服飾文化研究財団(KCI)が収蔵する衣装コレクションを中心に、ファッションとアートをはじめ、映画やマンガなどに描かれた衣装も合わせて300点を超える作品で構成される。

What's New

Read More

Feature

Ranking