髪のバサバサ感も、頭のモヤモヤ感もまとめてカットする“神クレンズ”!

自粛期間中、モヤモヤするハラチノさんの髪と頭皮のコンディションを右肩上がりにしてくれたのはこのアイテムのおかげでした

米肌

活潤ヘッドクレンズ

 突然ですが「頭を切る」と言う言葉を聞いて、目から鼻に抜ける勢いで、ああ、はいはい、とその言わんとすることがおわかりになるかた、いらっしゃいますか?

正解は「髪を切る」のことで、具体的には、「気分転換にちょっと行って、頭、切ってくるわ!」とか「そろそろ頭、切らないと、いよいよヤバイよね!」とかいうふうに使います。母方の祖母が日常的にあまりに自然にこの言葉を使っていたため、私も物心ついてからこっち、当然のようにこの表現を使っていますが、友人知人など、家族メンバー以外の前で口にするたびに「ちょっと! レクター博士じゃないんだから! 怖いこと言わないでよ!」とケンケン叱られたり、「やだ! そんな……何があったの? 早まらないで!」とおろおろ心配されたり、とほぼ100%の確率でホラー方向の誤解を呼び、すこぶる不評。

が、そんな不評を浴びるたびに思うんですけど、ほら、サロンでヘアカットすると、髪そのものが整うのはもちろん、カットの前後に施される"圧強め"シャンプーやヘッドマッサージなどの効果で、頭全体がシャキッと気持ちよく整いますよね。まさに、頭をスパーンと切って、中にたまっていたいろんなモヤモヤまで"切り取って"くれている感じがしませんか。となれば、ヘアカットというものが、この頭全体の爽快感まで込み、な行為であると考えるとしたら、「髪を切りにいく」ことを「頭を切りにいく」と表現することはあながち間違いではなく、むしろ、そっちが正解なんじゃないの? と、独自の理論で屁理屈をこね、慣れ親しんだ「頭を切る」という表現を使い続けてきたのです。

さて、そんな私が、この春、朝の洗面所の鏡の前で身づくろいをしながら、「いよいよ頭、切らないと!」とひとりごち、いつものサロンに1週間後の予約のお電話をした数日後に始まったのが、あの緊急事態宣言による"STAY HOME"な毎日。当然、行くはずだったサロンは臨時休業となり、結果、「いよいよ切らなきゃいけなかった頭」は"STAY バサバサ"なまま。

まあね、HOMEにSTAYしている以上、家族以外の誰かに会う機会なんてそうないし、別にバサバサしていたっていいわよ、いい! と開き直れたのは初めの数日間だけ。STAY期間が長くなるにつれ、毎朝毎晩、顔を洗うたびに鏡に映る、マイ・バサ髪のみすぼらしさが、ただでさえ閉塞感満載のおこもりストレスに拍車をかけ、なんとも言えないモヤモヤした気分が日に日に増長です。

このままではいろんな意味で「頭」がどうにかなってしまう! とすがる思いで手を伸ばしたのが、こちらのクリームシャンプーでした。コクのあるクリームを髪と頭皮にたっぷり塗って、お風呂につかりながらグリグリと頭をマッサージしてみたら、固まりまくっていた"頭"本体がほぐれ、血のめぐりがよくなったせいか、モヤモヤ気分が早くも半減。そして、お風呂あがりに乾かした髪の見事なツヤっぷり及びまとまりっぷりを確認した瞬間に、モヤモヤ無縁の前向きマインドまで復活です。

気をよくして、その後も2日に1回のペースで使い続けたところ、右肩上がりに「頭」の内外のコンディションがぐんぐん上昇し、ついには夫に「ご機嫌だな! こっそり、髪、切ってきたでしょ」。なんてあらぬ疑いをかけられるくらいの整ったヘア&マインドに。髪! いや、神!(←くすくす)。緊急事態が解けたとはいえ、これからもしばらくはいろんな場面でいろんな"STAY"が求められるであろう"新しい生活"だけど、「頭」=心、の健康にもつながる"キレイな自分"を"STAY"させてくれるこんな優秀アイテムをそばに置けば、乗りきれる、と確信したのでした。美容の力ってスゴイね!
米肌  活潤ヘッドクレンズ
シャンプー、コンディショナー、トリートメントに、マッサージ、頭皮ケアまで、 1 本で" 5 役"もこなす、ヘッドスパ発想のクリームシャンプー。顔用のクレンジングに使用される洗浄成分配合のなめらかなクリームが、頭皮と髪の汚れを優しく吸着、除去。さら独自の美容成分ライスパワー®No.1-Eが、頭皮環境を整え、根元からふんわりと立ち上がる、しなやかなツヤ髪に。250g¥2,500/コーセープロビジョン

ビューティエディター ハラチノ
キレイを育むうぬ惚れの一番の糧は断然、人からのアプローズ=ほめ言葉。マリソルのビューティエディターハラチノが、そんな言葉を採取解説!




【Marisol8月号2020年掲載】撮影/国府 泰 

What's New

Read More

Feature

Ranking