“めぐり渡った”健康的なツヤで肌のくすみを一掃するお守りバーム

肌の鏡である腸に手こずらされてきたハラチノさんが「腸活、いよいよ実を結んだの?」と言われたのはこのアイテムのおかげでした

津田コスメティクス

UVカラーバーム

 先日、とてもキレイな髪をおもちの美容家さんとお会いした時のこと。もちろんその日もツヤッツヤでサラッサラのお髪があまりにもキレイだったため、「ホントに髪、キレイですよねえ……」と、うっとり眼まなこで申し上げたところ、「私ね、これまでの人生でたぶん、一番、手間ひまもお金もそして心も投資してきたのが髪だと思っているから、ほめられると本当にうれしい」と。きゃー素敵。やはり手間ひま、お金、そして心を注いで大切に育て上げたという、パーツのひとつくらい、体の中に携えているのが大人の女というもの! いたく感動です。

で、その流れで、ではこの私が、「手間ひまもお金もそして心も一番投資してきた」と言えるパーツってどこだろう? と、ふと考えてみたんですけど。その答えはおそらく「腸」……。というのも、ヒトケタ代の年齢のころから今まで、"めぐりの悪い腸"に悩まされてきた私。そのせいで、なんとなく体がいつもスッキリしない、というのもアレですが、ほら、"肌は腸の鏡"という言葉もあるように、腸のめぐりが絶不調な時は決まって、肌がどんよりくすむのがもうホント、イヤで。なんで、「あの乳酸菌が効くらしい」と聞けば、大至急ネットでポチり、「あの腸セラピーがすごいらしい」と聞けば、これまた大至急予約のお電話をかけ、「このツボを押せば一発解決!」と聞けば、毎日そこが赤くなるまで押し続ける(←ダメ。絶対!)などなど、"腸のめぐり"の改善策は数限りなくトライしてきました。あげく、ある日、偶然手に取った有名作家さんのエッセーに「お酒を飲みすぎた翌日は、肝臓の部分に手を当てて、『昨日は無理させてゴメンな』と謝るようにしている。自分を生かすために頑張ってくれている"臓器"に敬意を払うことはとても大切なのだ」というようなことが書かれていたのを拝読してからは、腸をさすりながら「いつも働け働けって、口すっぱく言ってばかりでごめんなさいね。でも頑張って。あなたならできる!」とか、一方通行の対話を試みることまで! が、そんな数々の尽力に対し、たまさか気まぐれに応えてくれることはあっても、基本的には"頑固者"スタンスを貫き続けるマイ・腸……。結局、こちらからの"投資"に見合うほどの"劇的懐柔"などすることができぬまま、今にいたります。

的確な"投資"で美髪を手に入れた、かの美女とは対照的に、なんてむなしい私の"投資"。むなしさで、顔色もさらにくすみそうだYO! と、ふて腐れた気分になっていたのですが。その数日後、お夕飯の買い出しで近所のスーパーに出向いたところ、入口でご近所友達に遭遇。その時に開口一番、友人が発したのがまさかの表題の台詞です。いやいやありえない、現在も"めぐらないヤツ"との駆け引きは絶賛継続中だね、と応えたところ、「だって、肌がツヤッツヤで、ものすごく健康的だよ。めぐってる、って感じ」とのこと。あら、うれしい。でもね、それは間違いなくこちらのバームの仕業です。UVや環境汚染から肌をがっちりガードする"お守り仕様"なうえ、つけたそばから頰や鼻すじに磨いたような"いいツヤ"が出るので、最近のベースのスタメン選手だったのですが、"めぐっていない"腸の存在を微塵も見せない"めぐり感"をも演出していくれていたとは。こうして見た目の"めぐり感"を簡単に演出できるアイテムを手に入れた今、もう少し余裕をもって"めぐらない腸"への投資を続けてみるか、と、ふて腐れ気分も吹っ飛んだ私でした。
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
ストレスや環境汚染などでバリア機能の低下した肌の炎症を抑え、自らキレイになる力を立て直す、レスキューバームとして定評のある"スキン バリア バーム"の誕生から4 年。満を持して登場した色つきのバーム。従来からの炎症ケアに加え、強力なUVケア、内外バリアケア、そしてファンデーション並みの肌色補整・カバー効果、自然な"ツヤ出し"効果まで携え、使い続けるごとに、敏感化しがちな肌を強く、美しく育ててくれる。

ビューティエディター ハラチノ
キレイを育むうぬ惚れの一番の糧は断然、人からのアプローズ=ほめ言葉。マリソルのビューティエディターハラチノが、そんな言葉を採取解説!




【Marisol4月号2020年掲載】撮影/国府 泰 

What's New

Read More

Feature

Ranking