そもそもホルモンと生理って、女性にとってなんですか?【キレイになる活】

2017年3月19日
大事なこととしってはいつつ、実は分かっていないことも。まずは、おさらい!

■ホルモンのピークは20代後半!

2つの女性ホルモンの分泌は、初潮を迎えるころから始まり、妊娠出産に適しているとされる20代後半が分泌量のピーク。安定したまま30代前半を過ぎ、35歳を超えたあたりから卵巣機能が低下傾向に。

「それに伴い女性ホルモンの分泌量も低下し始めます。“生理の変化”をはじめ、アラフォー女性の多くが“今までと何かが違う……”と感じるのはそのせい。そして、その分泌量の低下が急激であればあるほど、その“変化”の過程がつらくなる傾向にあり、これがいわゆる40代後半から始まる“更年期”です。
女性ホルモンが減っていくのは生体反応で避けられないことですが、閉経に至るまでのこの“変化の時期”にその減少ラインをできるだけゆるやかにして、〝ソフトランディング”できるかどうか、がこの時期を乗りきるためのカギとなります」
取材・文/橋本日登美 イラストレーション/中根ゆたか

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords