マンネリぎみの食卓に変化をくれた!【素晴らしきお取り寄せ素材】

自炊中心のステイホーム中。スーパーへ行くこともままならない中、お取り寄せの便利さを実感した人も多かったはず。今回は食通・料理好きに"救われた食材"をうかがいました。withコロナのさなかで、日々の食事作りの光になれたら。

■「用途の広さ」に救われた!

ふと気づけば、調理法も味つけも、ワンパターン化。マンネリぎみの食卓に変化をくれたのが、この調味料でした。


☆編集者・ライター 藤井志織さんおすすめ

東京都 目黒区
第3世界ショップのカレーの壺

素晴らしきお取り寄せ素材4_1

「スパイスと香味野菜のうま味が凝縮。汎用性も高い!」

「野菜や肉、魚介類と炒めてココナッツミルク(ない時は牛乳や豆乳、水でも)でのばすだけで立派なスリランカカレーに。カレーにせずともひき肉と炒めてあえ麺にしたり、鶏肉にヨーグルトとこれを塗ってタンドリーチキンにすることも。日持ちがするのもありがたく、スパイシー、ミディアム、マイルドの3味すべて常備しています」。220g各¥580

☎03-6303-6560
https://www.p-alt.co.jp/



☆ライター  海出正子さんおすすめ

東京都 目黒区

ピアッティのケッパーのオイル漬け、ボッタルガ・ディ・ムッジネ

素晴らしきお取り寄せ素材4_2

「見た目も味もレストラン風に格上げできるケッパーです」

「塩味のケッパーを、上質なオリーブ油やにんにく、スパイスやハーブに漬けています。肉や魚にかけるだけで味が決まり、一気にレストラン風に。ボラのカラスミパウダーは、ゆでたパスタにあえるほか、ドレッシングに混ぜたり、白いごはんに振るだけでもたまりません!」
(左)ケッパーのオイル漬け280g¥1,600・(右)カラスミパウダー100g¥2,400

☎03-3468-6542 
https://www.piatti.jp/SHOP/CIO.html




新潟県 長岡市

えちごいち味噌の甘麹塩麹

素晴らしきお取り寄せ素材4_3

「生野菜と、下味や煮込みに……使い方は無限大」

伝統製法を守りながら味噌造りを行う新潟のメーカー。「おいしい味噌に加え、塩麹もおすすめ。南魚沼産コシヒカリで造った米麹をゆっくり糖化させるゆえ、塩味がマイルドで、お米の優しい甘さやコクも十分。野菜ともみ込んで浅漬け風に、ポークソテーの下味に、塩の代わりに煮込み料理に入れて……うま味がぐんと増します」。250g¥345(税込)

☎0258-22-2201
https://www.e-omiso.co.jp



☆ライター 発田美穂さんおすすめ
東京都 武蔵野市

こころダイニングのサクサクしょうゆアーモンド

素晴らしきお取り寄せ素材4_4

「そのままでも、野菜や豆腐にかけても」

もろみを配合したフリーズドライしょうゆにローストアーモンド、フライドオニオンやガーリックなどの具材をたっぷり加えた新感覚調味料。「食べるラー油のしょうゆ版という感じで、豆腐やゆでた小松菜や菜の花にかけてもいいし、そのまま食べてお酒のつまみにしても」。サクサクとした食感と香ばしい香りがやみつきに。1 個(90g)¥850(税込)


TEL)0120-850-904
https://cocoro-dining.co.jp



☆スタイリスト 岩㟢牧子さんおすすめ

静岡県 焼津市

やいづ善八のだしプレッソ(昆布・鰹節)

素晴らしきお取り寄せ素材4_5

「抽出したて風味のだしの魅力を手軽に味わえる」

明治初年創業のだし専門店の新作・だしプレッソは、化学調味料も塩も加えない、抽出したてのシンプルな液体だし。「だしをとらなくていいのが非常に便利。少しの塩やしょうゆを加えるだけで、上品な味わいの煮浸しや汁物、麺汁が完成します」。煮物や炒め物に少量加えれば、風味づけにも。2 〜3 日を目安に使いきって。500㎖各¥630

TEL)0120-955-194
https://www.yaizu-zempachi.jp/



☆美容ライター 片岡えりさんおすすめ

長野県 小諸市

スーパーマーケットツルヤのいろいろ使える万能だし酢

素晴らしきお取り寄せ素材4_6

「これがないと困るほど必要不可欠な調味料です」

「長野県ではおなじみのスーパーマーケットツルヤが大好き。年に一度は買い出しに行きますが、なくなったらお取り寄せで。これがないと困るくらい生活に密着しているのがだし酢で、ピクルスやドレッシング作り、肉を焼く時にも大活躍。化学調味料無添加で、さっぱり感とまろやかな甘さが絶妙」。1箱(500㎖×10本)¥2,590(一部地域を除き送料込)


TEL)0120-116-831
http://shop.tsuruya-corp.co.jp/shop/

【Marisol 8月号2020年掲載】撮影/山口恵史 取材・文/広沢幸乃

▼合わせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking