ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

今年らしいショートブーツのコーデのポイントは?|秋のショートブーツコーデまとめ

秋のおしゃれに欠かせないショートブーツ。毎年人気のアイテムですが、今年らしく取り入れるためのコーディネートサンプルをまとめてご紹介します。さらに美女組がリアルに愛用している、プチプラなショートブーツもピックアップ!



①黒ショートブーツ×フレアスカートの秋コーディネート

女っぷりの高いフレアスカートには、黒のショートブーツで程よく辛口なアクセントを加えると好バランスに仕上がります。

■シンプル黒ショートブーツ×ボリュームチェック柄スカート

サーキュラースカートと黒ショートブーツ
流れるようなドレープを描くボリューム感はキープしつつ、太って見えないようにウエストまわりのバランスを調整。もたつかずにすっきり着こなせる。シンプルな着こなしのときこそ、上質素材を選んで上品見えを意識して。

スカート¥18,000(エムセブンデイズ)・バッグ【MINI EDIE BAG】¥40,000(オーエーディーニューヨーク)・ブーツ¥64,000(ネブローニ)/SHOP Marisol ニット¥27,000/ティッカ メガネ¥36,000/プロポデザイン(プロポ)
撮影/酒井貴生(aosora) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■サイドゴアショートブーツ×ホワイトフレアスカート

黒ショートブーツとショート丈カーデ
秋に大活躍するこのショートカーディガンは上半身がコンパクトになるから簡単にスタイルアップが。

カーディガン¥39,000/エストネーション(ルールースタジオ) Tシャツ¥7,800/ウィム ガゼット青山店(ミクスタ) スカート¥46,000/エブールギンザシックス バッグ¥28,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ブーツ¥49,000(ブレンタ)・ブレスレット¥12,000(フィリップ オーディベール)/ビームス ハウス 丸の内 メガネ¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥24,000・バングル¥68,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■黒ショートブーツ×小花柄ロングスカート

花柄スカートと黒ブーツのコーデ
まっさらな白Tシャツ×マキシ丈スカートにさらっと羽織ってスタイリングの主役になってくれるロングカーディガン。今年買うならVのあきが小さめなものをチョイス、小顔効果を期待して。マキシ丈ワンピースに羽織ってもバランスがいいから絶対重宝するハズ!

ロングカーディガン¥17,500(エムセブンデイズ)・バックジップショートブーツ¥72,000(ペリーコ)/SHOP Marisol トップス¥17,000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥16,800/セシル・エ・ジャンヌ バングル¥77,000/CHERRY  BROWN バッグ/スタイリスト私物
撮影/来家祐介(aosora) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります



②白ショートブーツ×ニュアンスカラーボトムのコーディネート

注目の足元トレンドのひとつが白ブーツ。服の色とコントラストをつけすぎず、くすみ系のニュアンスカラーにあわせて取り入れるとこなれ感を醸し出せます!

■ニュアンスホワイトブーツ×グレージュギャザースカート

グレーワントーンコーデに白ブーツ
コットンシルク生地をたっぷりと使ったギャザースカートは、ふんわり柔らかな動きとしなやかな落ち感とを両立。シンプルな薄手のカシミアニットを合わせても下半身のボリュームが勝ちすぎず、すっきりとした全身バランスに導いてくれる。ブーツやストールで白をさして、ベージュトーンに可愛げと明るさを注入。

スカート¥62,000/ebure ニット¥34,000/スローン ストール¥35,000(リヴィエラ)・靴¥72,000(ペリーコ)/カオス表参道 サングラス¥15,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(エーディーエスアール) ブレスレット¥13,000/アッシュ・ペー・フランス(メドゥスィン・ドゥース) バッグ¥216,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
【Marisol10月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里

■ホワイトショートブーツ×くすみカラー柄ワンピ

ニュアンス柄ワンピと白ショートブーツのコーデ
このスモーキーピンクがアクセントになった柄ワンピースは、アラフォーが着こなしやすいニュアンスカラーで、華やかさのなかに誠実さを感じられてお気に入り。仕上げはお月見団子のようにまっ白なブーツでアクセントを。

ワンピース¥20,000(エムセブンデイズ)・ピアス¥29,000/アガット バッグ¥49,000/三喜商事(コチネレ) 靴¥38,000/essence ofANAYI(ファビオ ルスコーニ フォー アナイ)
撮影/酒井貴生(aosora) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■オフ白ショートブーツ×ツヤベージュスカート

トレンチコートとニュアンスホワイトブーツ
顔色がすぐれなかったり化粧のノリがよくない時でも光沢素材のスカートでリカバーできる!

コート¥29,000・リブニット¥14,000・艶スカート¥16,000(ともにエムセブンデイズ)・ブーツ¥36,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス¥19,500/ソワリー バッグ¥33,000/三喜商事(コチネレ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります



③ブラウンショートブーツの上品ワントーンコーデ

今秋のトレンドカラー「ベージュ」のワントーンコーデには、やわらかく締めるブラウンカラーのショートブーツがおすすめ!

■ミルクブラウンショートブーツ×淡ベージュドット柄スカート

ドット柄スカートとブラウンのショートブーツ
ゆったりしたプルオーバーなら緊張しないから、リラックスしながら仕事も俄然はかどりそう。やや甘めな印象のドットスカートも、ワントーンでまとめることでほんのりビターに、上品に仕上がる。こっくりベージュ×淡ベージュのワントーン効果で甘いスカートコーデも品よく。

プルオーバー¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) スカート¥29,000/インターリブ(サクラ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥11,800/シップス 有楽町店(コザフ) バッグ¥110,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブーツ¥39,000/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります

■パイソン柄ブラウンブーツ×ベージュサテンスカート

サテンスカートと濃茶ショートブーツのコーデ
スカーフを頭に巻いてターバン風に仕上げるつもり。民族衣装っぽくならないためにも、なめらかなツヤ感を放つベージュのサテンスカートと、真っ白なタートルニットで女らしく着こなして。

スカート¥16,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ニット¥25,000/ロエフ 六本木店(ロエフ) シャツ¥30,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ティッカ) スカーフ¥25,000/essence of ANAYI(エイネス) チェーンネックレス¥9,000(ドソン)・ロングネックレス¥16,000(グリン)/シップス 有楽町店 バッグ¥29,000/オルサ(オルセット) ブーツ¥37,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵
※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります



④2万円以下のショートブーツを使った高見えアラフォーファッション

トレンド感があってお手頃価格で、かつアラフォーに必要な上質さも感じる、美女組Akaneさんが発見した、まさに「高見えプチプラ」なショートブーツ2足をご紹介。
美女組 Akaneさん

美女組 Akaneさん

元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
今年は、しばらく買っていなかった「ショートブーツ」を探していました。デザインは、少しトレンド感のあるものを取り入れたかったので、一生モノの「投資」ではなく、なるべく「低予算」で…早速探しはじめたところ、お手頃価格でも大人にぴったりの、今年らしさにあふれる素晴らしいブーツに出会ってしまったのです。しかも2足!
今年らしいショートブーツのコーデのポイントは?|秋のショートブーツコーデまとめ_1_10
まず1足目は、「Daniella & GEMMA(ダニエラ&ジェマ)」でみつけた「レースアップブーツ」↓このデザインは、色もデザインも本当にうっとりで、思わず見惚れてしまう美しさ。オマケに履きやすさも抜群なうえ、3万円でお釣りがくるという、コスパがかなり高い商品なんです。

「ダニエラ・タム」と「ジェマ・リン」という、2人の女性像をテーマに、テイストの異なる2ラインで展開されている「ダニエラ&ジェマ」。このブーツは、「ダニエラ・タム」の商品で、「マンハッタン在住、モードやアンティークを愛する35歳のファッションエディター」というコンセプト通り、トレンド感のある洗練されたデザインなんです。
「Daniella & GEMMA(ダニエラ&ジェマ)」でみつけた「レースアップブーツ」
1足欲しいと思っていた「レースアップ」…なかなかピンとくる商品に出会えなかったのは、フェミニンに見えてしまうデザインが多かったからです。でもこのブーツ は、クロコの型押しとツヤのあるレザーで大人の雰囲気が満載。まさに理想の「編み上げ」でした!

ブーツは「歩きやすさ」重視。特に今年は「ワンマイルコーデ」が多いこともあり、ホールド感のある、こんな「チャンキーヒール」をついつい選んでしまいます。それでも、太いヒールなのにカジュアル感が控えめで、エレガントな雰囲気も残っているのがうれしいポイント。7cmの高めのヒールが、女性らしさをキープしているのかもしれません。
「細ヒール」の方が「女っぽさ」では勝ると思っていましたが、今年はスカートに、こんな「太ヒール」を合わせてみても、かえってスカートのフェミニンさが引き立ち、同時に今年らしさもアップするような気がしました↓
今年らしいショートブーツのコーデのポイントは?|秋のショートブーツコーデまとめ_1_12
理想のデザインがみつかり、すでに大満足…ですが、今年はもう1種類挑戦したいものがありました。2足めのお目当ては「色」。ずっと探していた色に、やっと出会うことができたんです。
「デミルクス・ビームス」で見つけた、スペイン「ANGEL ALARCON(アンヘルアラルコン)」のショートブーツ。これも驚きの2万円台前半です!
ANGEL ALARCON(アンヘルアラルコン)」のショートブーツ。
今、たくさんのお店で見かける白いブーツ。初挑戦の白にこれが最適だと思ったのは、「白」というよりは、ベージュピンクのようなやわらかいニュアンスカラーだったからなんです(名称「アイボリー」)↓
マイルドなこの色なら、足元だけが浮いてしまうこともなく、コーデにも自然に馴染んでくれそう。たとえば、ブーツと同じアイボリーのコートでワントーンにしても、白が「悪目立ち」することもなく、優しい雰囲気のワントーンに仕上がってくれるんです↓
今年らしいショートブーツのコーデのポイントは?|秋のショートブーツコーデまとめ_1_14
素材は1点目と同じく「クロコ」の型押し。クロコは傷が目立ちにくく、高級感のある雰囲気が大人っぽく高見えしやすいので、プチプラではよく選ぶ素材のひとつです。こちらも驚くことに、2万円台でも「本革」なんですよ!

そろそろブーツも本格始動。まだ日中は半袖の日があっても、足元がブーツになるだけで秋らしさが出せるので、少しずつ取り入れてもいいですね♪
レースアップブーツ×花柄ワンピース
レースアップブーツ×花柄ワンピース
↑花柄ワンピースにレースアップを合わせれば、大人の「フォークロア」が完成。高めのヒールと細身のデザインのおかげで、「メルヘン」な感じもありません。カーディガンとバッグをブーツのブラウンに合わせると、「まとまり感」が出そうです。

レースアップブーツ×カットオフデニム
レースアップブーツ×カットオフデニム
↑ハードな印象のカットオフデニムと、上品な「編み上げ」が絶妙にマッチ。ブーツの女性らしさを、カジュアルなデニムがかえって引き立ててくれます。ボウタイブラウスで、きれいめのデニムコーデが完成。

アイボリーのブーツ×ニュアンスカラーコーデ
アイボリーのブーツ×ニュアンスカラーコーデ
↑ベージュピンクのブーツに同系色のフーディーを合わせると、ニュアンスカラーが今年らしい雰囲気に。ブーツが「真っ白」ではないので、黒いボトムスを合わせても目立ちにくく、やわらかな印象の「白ブーツコーデ」になります。

太ヒール×ショートパンツ
太ヒール×ショートパンツ
↑この秋トレンドの「ハーフパンツ」にも、「太ヒール」は相性抜群です。少しカジュアルなハーフパンツを、高めのヒールと上品な色のブーツが大人っぽく見せてくれそうです。



⑤おしゃれ好きな美女組がこぞって買った「ZARAのショートブーツ」

お手頃価格に、今どきなデザイン、さらに履き心地も抜群!と美女組の間でZARAのシューズアイテムの注目度が上昇中。なかでもショートブーツは、初秋から冬まで長く使えると人気です。

■ZARAのサイドゴアブーツ×キャメルワンピースのコーディネート

美女組No.173 chakoさん

美女組No.173 chakoさん

会社員
ファッション業界に携わってきた経験を活かし、私なりの日々の愉しみ方や、心に感じた事を記載したいと思います♡
*フランス政府公認『PIVERDIE FRANCE』Flower Diploma 取得
『titivate』のフレンチスリーブワンピースとZARAのブーツ
『titivate』のフレンチスリーブワンピース。楽ちんなコクーンワンピースです。

秋冬のキャメル色がとても好きで、購入しました♪ お値段はプチプラな¥4,000

カジュアルなのに綺麗な見え感。気軽な気持ちにさせてくれるゆったりでエアリーな着心地の良さ。

主張し過ぎないシンプルな無地のニットワンピース。ゆったりとしている上に、サイドにスリットもあり、動くとシルエットが変わります。

この日は、ヒールではなく『ZARA』のサイドゴアショートブーツを合わせました!!
『キャメル×ブラック×ゴールド』秋冬の好きな組み合わせ♪
『ZARA』のサイドゴアショートブーツ
あっと言う間に、冬が来そうですね〜
寒暖差が激しい日々かと思いますので、体調にはお気をつけください。

■ZARAのソックス風ブーツ×花柄スカートのコーディネート

美女組No.70 Keiさん

美女組No.70 Keiさん

メーカー勤務 TOKYO
ご縁あってMarisol美女組で活動させていただけることになりました♡
 日々の仕事に追われ家と会社の往復(出張も・・)ですが、そんな日常の中でも人との出逢いを大切に、ちょっとした幸せや心から楽しいと感じることを見つけたいと思っています。
 大好きな海外旅行やファッション、美容や美味しいものなど興味のあることを通じた情報発信をしていけたら嬉しいです。
ZARAショートブーツ
今年はどんなブーツを購入しようかな・・?
まずはお手軽にZARAで今年っぽいメタルラインの入ったショートブーツを手に入れました。
ZARAショートブーツ
ローヒールで歩きやすく、長めのしっかりとしたリブで脚長効果もあり!
ZARAショートブーツ
実は、ブーツ・スカート・ニットも全部ZARAで同時購入。
しなやかな素材で肌触りのよいフェミニンな花柄スカートは、”ミモレ丈”と”マキシ丈”の間・・いまトレンドの「マモレ丈」です。ショートブーツに合わせると、少しだけ見え隠れする素肌が抜け感になって重過ぎない。

ボトムスが柄物なので、ニットは丸首のシンプルなものですが、袖に4つ並んだゴールドボタンがアクセント。袖丈も長めなのが嬉しい。

ブーツは、スクエアタイプや編み上げのものも気になっています・・個人的に秋冬はファッションが楽しい季節。手頃なトレンドもの、長く愛用できる一生もの、少しずつお買い物へ出掛けることにも前向きなって来ました。引き続き、体調には気を付けつつも大好きなファッションも楽しめると良いですね。

■ZARAのスクエアトゥアンクルブーツ×ティアードワンピのコーデ

美女組No.161 愛さん

美女組No.161 愛さん

office worker
‐自分らしさで選び、今の気分で合わせる‐
お気に入りアイテムを取り入れたリアルSTYLEをお届けします!
美容ネタやおすすめのグルメ情報も♪
春にも着ていたワンピース。

足元はソックスとプラットフォームシューズの組み合わせや、サンダルを合わせていました。

最近は、少し前に購入したZARAのブーツを合わせています。
ZARAのスクエアトゥブーツでブラックコーデ
ZARAのスクエアトゥブーツでブラックコーデ
ボリュームあるワンピースに辛口なレザーのブーツがバランス良く。

ブーツがスクエアトゥなところも旬スタイルにもってこい。
▶︎スクエアトゥハイヒールレザーアンクルブーツ
dress basement online
boots ZARA
bag enfas
ワンピースにニットを肩掛けして、白ブーツを合わせてもいいかなぁと想像しています^_^

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking