ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

体に不要な水がたまっていて常に重だるく、むくみやすい「痰湿体質」| 40代ヘルスケア

気・血・水・陰・陽などに基づき体質を9つに分類した中医学「九体質学」、それぞれの体質別の特徴や養生術を紹介。自分の体質に合わせて取り入れて

夏から秋に変わるこの時期は、体がだるくなったり、やる気が出なかったりと不調が出がち。そんな状態に効果的なのが「中医学」に基づく養生術。9つの体質別に最適な不調の改善・予防法がわかるから、さっそく自分の体質をチェック!


☆私が解説します!

北京中医薬大学 医学博士 尹 生花先生

北京中医薬大学 医学博士 尹 生花先生

いん・せいか●北京中医薬大学卒業。女優やモデルも足しげく通う美容健康サロン「BHY」代表。はり師・きゅう師。最新の著書『みんなの臓活』(ワニブックス)も話題

気・血・水・陰・陽などに基づき体質を9つに分類

季節の変わり目は心身に不調 が起きがちだけれど、起きやすい不調や、最適な対策は、“体質”によって違うとか。そこで、自分の体質を知るために取り入れたいのが“九体質学”。

「九体質学は、中国で国に認められている理論です。中医学では、気・血・水・陰・陽などの要素がバランスよく体をめぐっている状態を“健康”とします。気は生命エネルギー、血は血液やその働き、水は血液以外の水分のことで、どれか1つでもバランスがくずれると不調が現れます。中医体質学は、これらの要素のバランスなどから体質を9つに分けて考えます。例えば気が不足している体質を、“気虚”と言い、この体質の人は栄養と睡眠をしっかりとることが第一なのですが、それを知らずに食事制限ダイエットなどをしていたら体調をくずす一方です。このように自分の体質を見極めて、最適な生活習慣や食事などを実践するのが九体質学。体質に応じた養生術を取り入れるので、不調改善効果が高く、この時期の健康維持にもまた、コロナ時代の健康管理にもぴったりなのです」

※より正確に自分の体質をチェックしたい人は、尹先生のサロン「BHY」のHPでチェックできます。https://www.bhy.co.jp/



<<あなたはどのタイプ? まずは自分の体質をチェック!>>

以下の9つに分かれたチェックテストの項目で自分に当てはまるものをチェックしてみて。最も多くチェックがついたものが あなたの体質。



☆こんな項目に当てはまるのは・・・

痰湿体質_1


「痰湿体質」ってこんな人!

・時々めまいや吐き気に悩まされる
・丸顔が多い
・おでこが脂っぽく、上まぶたがむくんでいて、涙袋が出やすい
・胸に何かがつかえている感覚がある
・肥満体型で特におなかがふっくら柔らかい

痰湿体質_2

体に不要な水がたまっていて常に重だるく、むくみやすい

「体の中に不要な水がたまっていて、排出する力も弱い体質。口の中がねばついたり、痰がからんだり、むくみやすい傾向があります。胸に何かつかえているような感覚がある場合も。ふっくらとした体型で、特におなかに脂肪が多くて柔らかく、ややメタボぎみ。体が常に重だるくてスッキリせず、梅雨などの湿気の多い時期が苦手。こってりしたものや甘いものを好み、つい食べすぎになりがち。性格は優しく穏やかで、忍耐力のあるおっとり気質です」


1) 心がける生活習慣
「ウォーキングなどの適度な運動を習慣にして、体内の余分な水分の排出を促しましょう。脚に筋肉がつくとむくみ改善にも効果的。お風呂につかって汗をかくのもよいですが、湿度に弱いので長風呂はNG。よく眠る体質で、眠りすぎになりがちですが、 1 日 8 時間以上は寝ないようにしましょう」

2)心がける食生活

「糖質の多いものをとると体内の水の滞りが増すので控えめに。油っこいものや、暴飲暴食、お酒の飲みすぎも避けること。痰湿体質の改善によい昆布のほか、体内の水分代謝をよくする食材を積極的にとりましょう」

水の代謝をよくする食材はコレ!

昆布、わかめ、たけのこ、ごぼう、レタス、白菜、大根、玄米、とうもろこし、大豆、小豆、枝豆、黒豆、ハトムギ、はまぐりなど


3)養生のツボ

陽虚体質_3

体内の余分な水分を排出するツボ。むくみ改善にも効果的。すねの少し外側で、膝と足首のちょうど中間あたり。ここを強めに20回以上押す。


痰湿体質_4

体内の余分な湿気を取るツボ。内くるぶしを、骨のきわに沿って上がっていき、指が止まる部分。ここを強めに20回以上押す。

【Marisol 10月号2020年掲載】イラストレーション/中根ゆたか 佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所) 取材・文/和田美穂 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking