精神的に不安定で、イライラ、うつうつ「気郁体質」| 40代ヘルスケア

気・血・水・陰・陽などに基づき体質を9つに分類した中医学「九体質学」、それぞれの体質別の特徴や養生術を紹介。自分の体質に合わせて取り入れて

夏から秋に変わるこの時期は、体がだるくなったり、やる気が出なかったりと不調が出がち。そんな状態に効果的なのが「中医学」に基づく養生術。9つの体質別に最適な不調の改善・予防法がわかるから、さっそく自分の体質をチェック!


☆私が解説します!

北京中医薬大学 医学博士 尹 生花先生

北京中医薬大学 医学博士 尹 生花先生

いん・せいか●北京中医薬大学卒業。女優やモデルも足しげく通う美容健康サロン「BHY」代表。はり師・きゅう師。最新の著書『みんなの臓活』(ワニブックス)も話題

気・血・水・陰・陽などに基づき体質を9つに分類

季節の変わり目は心身に不調 が起きがちだけれど、起きやすい不調や、最適な対策は、“体質”によって違うとか。そこで、自分の体質を知るために取り入れたいのが“九体質学”。

「九体質学は、中国で国に認められている理論です。中医学では、気・血・水・陰・陽などの要素がバランスよく体をめぐっている状態を“健康”とします。気は生命エネルギー、血は血液やその働き、水は血液以外の水分のことで、どれか1つでもバランスがくずれると不調が現れます。中医体質学は、これらの要素のバランスなどから体質を9つに分けて考えます。例えば気が不足している体質を、“気虚”と言い、この体質の人は栄養と睡眠をしっかりとることが第一なのですが、それを知らずに食事制限ダイエットなどをしていたら体調をくずす一方です。このように自分の体質を見極めて、最適な生活習慣や食事などを実践するのが九体質学。体質に応じた養生術を取り入れるので、不調改善効果が高く、この時期の健康維持にもまた、コロナ時代の健康管理にもぴったりなのです」

※より正確に自分の体質をチェックしたい人は、尹先生のサロン「BHY」のHPでチェックできます。https://www.bhy.co.jp/



<<あなたはどのタイプ? まずは自分の体質をチェック!>>

以下の9つに分かれたチェックテストの項目で自分に当てはまるものをチェックしてみて。最も多くチェックがついたものが あなたの体質。



☆こんな項目に当てはまるのは・・・

気郁体質_1


「気郁体質」ってこんな人!

・髪の毛にツヤがない
・眉間にシワができやすく、乾燥肌
・よくため息をついてしまう
・しゃっくりやゲップが出やすく、のどに何かつまった感覚がある
・時々、脇の下や乳房が張って痛むことも

気郁体質_2

気が滞っているので精神的に不安定で、イライラ、うつうつしがち

「気が滞っている体質で、イライラ、うつうつとして常に気分が優れず、いつもあちこちに体の不調を感じています。胸やのどのつかえ感や、乳房の張り、おなかの張り、しゃっくりやゲップがよく出るなどといった症状が出やすい傾向があります。自分以外の物事に対して疑り深く、緊張しやすくあがり症な面も。精神的なショックに弱く、小さなことでもくよくよと思い悩みがち。ひどくなると不眠症やうつ状態などになるケースもあります」

1) 心がける生活習慣
「イライラ、うつうつしやすいので、ストレスになるような人や物事からはなるべく距離を置くようにしましょう。気分が暗くなるような情報は避け、自分が楽しいと思えることを見つけて、よく笑うように心がけて。悩みがあったらまわりの人に話すようにし、ため込まないようにしましょう」

2)心がける食生活

「パクチーやセロリなど気のめぐりをよくする食品を意識してとりましょう。また、あさりやしじみなどの肝臓の機能を高める食品も、気をめぐらすので取り入れて。辛味や酸味が強いものやカフェインなどの刺激物は控えめに」

気の巡りをよくする食材はコレ!

パクチー、セロリ、しょうが、春菊、しそ、三つ葉、みょうが、玉ねぎ、えんどう豆、らっきょう、バジル、みかん、ゆず、レモン、オレンジ、キンカン、そば、あさり、しじみなど


3)養生のツボ

気郁体質_3

膝の外側のやや下の、ボコッと飛び出した骨から指1本分下。筋肉の緊張を緩めたり、ストレスを緩和する効果が。ここを強めに20回以上押す。


気郁体質_4

左右の乳頭の真下の、肋骨がなくなる部分にあるツボ。ストレスを緩和したり、肝機能を整える効果が。ここを強めに20回以上押す。

【Marisol 10月号2020年掲載】イラストレーション/中根ゆたか 佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所) 取材・文/和田美穂 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking