猫背もこれで解消!二の腕ほぐし【いいことずくめの筋膜ストレッチ】| 40代ヘルスケア

こりがひどい、疲れやすい、むくみがち…。そんな人こそ始めどき!

"アラフォーになって、体が硬くなってきた"と感じている人、多いのでは? 体が硬いと、こりや疲れ、むくみなども生じやすいから要注意。"柔軟王子"として話題の村山巧さんが指導する"筋膜ストレッチ"なら、効率よく体が柔らかくなるから、早速トライ!


☆私が教えます!

柔軟美トレーナー 村山 巧さん

柔軟美トレーナー 村山 巧さん

27歳で始めたアイススケートを機に体の柔軟性に着目。ヨガや解剖学などを学び研究を重ね、驚異の柔軟性を手に入れる。著書は『かた〜い子どもの体が一瞬で伸びるキッズストレッチ』(マキノ出版)など


☆目ざすのはこのポーズ!①
背中側で左右の手をつなぐ

背中握手

筋膜ストレッチ1_4

片側の手を上、反対側の手を下にして背中側で手をつなぐ。どちらの手を上にしてもしっかりつなげることが目標。在宅勤務で同じ姿勢を続け、こり固まりがちな肩まわりも楽に。


STEP 4
背中握手×脳科学アプローチ1

二の腕ほぐし

この脳科学アプローチは、硬くなった二の腕裏側の上腕三頭筋や、肩の筋肉の動きがよくなり、背中握手がしやすく。



筋膜ストレッチ2_1

1.両肘を上げ、頭の後ろで、左手で右肘をつかむ。

筋膜ストレッチ3_2

2.左手で右肘を引き寄せ、右肘は引き寄せられないように抵抗。これを5秒。

筋膜ストレッチ3_3

3.右肩の力を抜き、左手で右肘を引き寄せる。これを2秒。2、3を3回。


<2の動きの時、右肩を押し下げるように抵抗するのがポイント。こうすることで二の腕だけでなく、肩のストレッチにもなり、背中側で手がつなぎやすくなります(村山さん)。>

【Marisol 12月号2020年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木村三喜 スタイリスト/程野祐子 モデル/国本 綾 取材・文/和田美穂

▼合わせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking