女っぷり素材で一点甘さ足して【おしゃれプロの冬コーデマイルール】

エディター坪田あさみさん冬のおしゃれを拝見! “好き”を更新して、“自分らしさ”に落とし込むコツは?

ファッション業界の第一線で活躍するスタイリスト&ライター。自分の「好き」の核を大事にしながら、トレンドを吟味し「自分らしい」スタイルに落とし込むテクニックはさすが。彼女たちのおしゃれのマイルールを徹底取材!


※価格表記のないものはすべて本人私物です


■エディター 坪田あさみさん

女っぷり素材で一点甘さ足し

「もともとパンツ派でしたが、10年以上もロングだった髪を切ってから、スカートのほうがしっくりとくるようになりました。40代になると、"かっこいい"と"怖い"は紙一重(笑)。だからショートヘアになってから、より女性らしいものを取り入れるようにしています。とはいえ甘いものは一点主義。ディテールよりも素材で甘さを取り入れるくらいがちょうどいい。メンズライクな服や靴などを合わせて、上手に甘さを引き算しています」

おしゃれプロの冬マイルール4_1

A:Chaosのシャギーニット

B:ebureのレーススカート
C:ebureのシルクシフォンスカート


Aを着用!

ゆるシルエットとVネックでシャギーニットも甘さ控えめに

おしゃれプロの冬マイルール4_2

もこもこ感が可愛らしいシャギーのニットも、鎖骨が少しのぞくくらいの浅いVネックを選択。ゆるっとしたフォルムも相まって、肩の力が抜けた女らしさが薫る一枚。「黒感覚で使えるチョコレートブラウンもしゃれて見えるポイント。光沢のあるカーキのラップスカートと合わせることで、辛口なワントーンコーデに」

SKIRT:Chaos
BAG:A VACATION
SHOES:PELLICO
SUNGLASSES:BLANC



Bを着用!

くすみピンクと上品レースがシックで大人な甘さを表現

おしゃれプロの冬マイルール4_3

レースアイテムこそ大人が着てイタく見えない選びが重要。「これはくすみ系のピンクやナローなシルエット、安っぽさ皆無のレースの上質さなどのバランスが秀逸。ついシックなものばかり集めてしまうので、これ一枚でコーディネートに変化が。今はメンズライクなブルゾン、夏はTシャツと合わせて年中活躍しています」

KNIT:BLAMINK
BLOUSON:ATON
STOLE:ASAUCE MÊLER
BAG:GIANNI CHIARINI
SHOES:Church's




A+D で引き締め!

ワンピーススタイルの時こそ脱コンサバに見える小物使いが要

おしゃれプロの冬マイルール4_4

ワンピーススタイルの時こそ脱コンサバに見える小物使いが要 ベーシックなシャツワンピは小物で旬味を足すのがポイント。「このコンバットブーツはほどよいゴツさと上品さのバランスがちょうどいい。正方形フォルムでパイソン柄なのに可愛げのあるバッグは、クラシックだけどどこか新鮮。斜めがけにもなり重宝しています」

DRESS:Rouge vif la clé
KNIT:uncrave

【Marisol2021年2月号掲載】撮影/黒沼 諭(aosora)魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.) 取材・文/塚田有紀子

What's New

Read More

Feature

Ranking