内臓下垂を止めるヨガのポーズで便秘を解消!【キレイになる活】

2017年6月20日
腸活で「いいことづくし!」を実感した美容賢者の実例をご紹介!
最近なんだか疲れやすい。肌の調子もイマイチだし、たいして食べてもいないのに体重も増えてきた。おまけになんだか気分の浮き沈みも激しくて……。そんなふうに"なんとなく"の不調を感じたらそれはもしや"腸"のせい? 24時間休めない腸を上手にいたわって、心地よい心身肌を手に入れる秘策、ここにあります!

■ヨガインストラクター 野島裕子さんの場合・・・

◆腸活歴:10年

◆腸活テーマ: ”ヨガを通して柔軟な体と心と腸を取り戻す”

 むだな肉はいっさいない、しなやかな体、穏やかな雰囲気が印象的なヨガインストラクターの野島裕子さん。見た目からは想像できないけれど、実は20 代のころから便秘に悩まされていたという。
「便秘が続くと苦しくて、とにかく便を出したいと薬に頼っていました。運動をしたり、食物繊維もとるようにしていたのですが、なかなか便秘が改善されなくて……。肌荒れやニキビを繰り返していました」。そんなガンコな便秘が、ヨガを始めてからまったくなくなった! 「趣味のサーフィンがうまくなりたくて始めたのがヨガ。もともと体が硬かったので、タイ式整体ルーシーダットンも取り入れました。体が柔らかくなると、心も柔軟に。ストレスを上手に流せるようになったせいか、自律神経が整って便秘に悩むことがなくなったんです。筋肉量が増えたことで体温も上がり、汗をかきやすくなって不健康そうな肌色も改善」。
ストレスがかかると腸も硬くなる。さらに、便秘を抱えている人の腸は下がって重くなっているのだそう。「内臓が下垂すると腸の動きが鈍り、消化に時間がかかります。下腹も出てくるので、内臓下垂を止める“逆転のポーズ”を試してみて。最初はできるポーズから。下がっていた腸が元の位置に戻り、腸内細菌も働きやすくなるはず」と野島さんが教えてくれたヨガのポーズ。まずは初級のポーズから始めてみよう。

■下がった腸を元の位置に戻す、 ヨガのポーズがこちら

初級

1/2

2/2

❶ヨガが初めての人は"橋のポーズ"から。まず、おしりの下にかかとをつけ、手のひらは下に。息を吸いながらアップ
❷手のひら、足の裏で床を押しながらおしりを上げ、膝、骨盤、肩を一直線に。肛門を締めて1分間キープし元に戻す。これを3セット

中級

1/4

2/4

3/4

4/4

❶初級のポーズに慣れてきたら、"肩立ちのポーズ"に挑戦。壁ギリギリにおしりをつけ、膝を60度くらいに曲げて。
❷そのままかかとで壁を押すようにしながら、おしりを上げて。膝が直角になるまで頑張ってヒップアップ!
❸下に置いていた手で腰をサポート。なるべく体をまっすぐに立てるように意識して。片足ずつ上げながら、それぞれ15秒キープ
❹できそうだったら、壁から両足を離してアップ! かかと、膝、腰、肩が一直線になるように。きついけれど30秒キープ

上級

これはかなり上級者向け。頭と両腕で体を支える"頭立ちのポーズ"もご紹介。前屈しながら頭をマットにつけ、両腕は頭の後ろに。そのまま一気に足を上げてキープ。
撮影/フルフォード海 取材・文/寺田奈巳 構成/原 千乃

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords