ベージュをとびきり新鮮に着こなす!大人のためのベージュコーデ25選

2018年3月22日
ベージュのアイテムを取り入れたコーディネートをご紹介。定番色「ベージュ」をとことん旬テイストでスタイリングして、フレッシュかつ軽やかに着こなして。
ベージュジャケット×白スカートコーデ

1/25

ベージュジャケット×スニーカーコーデ

2/25

ベージュブルゾン×パンツコーデ

3/25

ベージュトレンチコート×デニムコーデ

4/25

ボリュームブラウス×ベージュパンツコーデ

5/25

リネンジャケット×色落ちデニムコーデ

6/25

ベージュトーンの大人リゾートカジュアルコーデ

7/25

白ブラウス×ベージュのチノパンコーデ

8/25

ブラウンカーディガン×プリーツスカート

9/25

ベージュジャケット×柄スカートコーデ

10/25

ピンクニット×ベージュスカートコーデ

11/25

ベージュニット×柄スカートコーデ

12/25

オールベージュの大人トラッドコーデ

13/25

ベージュブラウス×スカートコーデ

14/25

ベージュグラデのワントーンコーデ

15/25

グレンチェックのトップス×ベージュパンツコーデ

16/25

ボーダートップス×ベージュスカートコーデ

17/25

ベージュのワントーンコーデ

18/25

ネイビーカーディガン×ベージュパンツコーデ

19/25

ベージュシャツワンピースコーデ

20/25

シャンブレーシャツ×ベージュスカートコーデ

21/25

ベージュシャツワンピースコーデ

22/25

ベージュカーディガン×デニムコーデ

23/25

ベージュジャケット×ワンピースコーデ

24/25

ブラウントップス×ベージュスカートコーデ

25/25

ベージュジャケット×白スカートコーデ

新たな定番となりそうなテーラードジャケット。薄手かつ、やや長め丈の1枚をさらっと肩がけして、大人の余裕を感じさせて。

ベージュジャケット×スニーカーコーデ

ドライベージュがもつ色の魅力が生きるアイテム。高感度なおしゃれとタフで媚びない女っぷり、どちらも手に入る!

ベージュブルゾン×パンツコーデ

黒の表革とは対極にある、柔らかくニュアンスのある表情が魅力!ベージュスエードならではの女らしさを今年こそ。

ベージュトレンチコート×デニムコーデ

新しいトレンドやチャレンジアイテムを、いつもの自分に落とし込む。そんな時こそ、大好きなベージュトレンチの出番!

さりげない小花のエンブロイダリーが大人の可愛げを表現

袖にボリュームをもたせ、着るだけで絵になる甘ブラウスの人気が継続。この春は透け感のあるデザインを選び、辛口ボトムで大人っぽく着こなして。

リネンジャケット×色落ちデニムコーデ

ベージュ~ブラウン系のスエード小物を合わせてドライトーンで全体をまとめつつ、バッグのハンドルやピアスでゴールドをきかせて女っぽさも加味。

ダブルジャケット¥68,000/ビームス ハウス丸の内(チノ) デニムパンツ¥42,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(R13) ピアス¥92,000/ショールームセッション(マリハ) バッグ¥49,000/essence of ANAYI(メゾン ボワネ) 靴¥39,000/TOMORROWLAND

ベージュトーンで都会的な大人リゾートカジュアルに

ラグランスリーブのリブニットにふんわり揺れるペイズリー柄フレアスカートコーデ。小物をすべてベージュでまとめて、今っぽさと上品さを両立させて。

ニット¥34,000/オーラリー スカート¥34,000(メドモアゼル)・ピアス¥6,500(キャッツ)/プラージュ 代官山店 バングル¥11,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(キャッツ) バッグ¥33,000/ビームス ハウス 丸の内(メゾン・エヌ・アッシュ・パリ)

ワイドシルエットのチノパンに白ブラウスを合わせて

マニッシュなチノパンに甘さを加えるのがアラフォー的さじかげん。透けブラウスの女らしさとチノパンの軽快さがフェミニンなベージュコーデをかなえてくれる。

カーディガン¥24,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥28,000/オーラリー ブラウス¥16,000(エイチ ビューティ&ユース)・靴¥69,000(ネブローニ)/エイチ ビューティ&ユース ピアス¥8,500/プラージュ 代官山店(フィリップオーディベール) サングラス¥20,000/essence of ANAY(I レイバン) バングル¥10,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ルーベル デザインズ) バッグ¥28,000/ティースクエア プレスルーム(ポール アンドリュー) 中に着たキャミソール/スタイリスト私物

ブラウントーンのシックなコーデに白でフレッシュさをプラス

さらさらと揺れるアコーディオンプリーツが軽やかな印象に導いて。すとんと落ちて縦長シルエットをつくってくれるプリーツは、フラット靴とも好相性。

ベージュジャケット×柄スカートコーデ

トーンを柔らかなベージュで揃えたコーデなら、辛口アイテムのライダースも上品に。オレンジのさし色が可愛いベージュベースの洗練アフリカン柄スカートで旬のニュアンスを投入して。

ピンクニット×ベージュスカートコーデ

ベージュスカートを淡ベージュでなじませたオールベージュコーデ。そこにぱっと華やかに気分がアガるコーラル系ピンク色をさすのが、THE・アラフォーテクニック。

シンプルなワンツーコーデにトロピカル柄をプラス

カフェオレ色のニットとスカートでシンプルなワンツーコーデを楽しんで。トロピカル柄とイメージが合いそうなかごバッグや、白のローファースリッパなど、旬度の高い小物を投入して遊び心たっぷりに。

オールベージュの大人トラッドコーデ

適度な緊張感を持たせつつも、その場の空気をやわらかく和ませてくれるオールベージュの力を借りて女っぷり高めのオフィスコーデを完成させて。

ベージュブラウス×スカートコーデ

ふんわりブラウスに透け感のあるパンチング素材のスカートで、ぐっとフェミニンなお出かけスタイルに。ショートブーツで足もとに少しだけ抜け感をプラスするのを忘れずに。

ベージュグラデのワントーンコーデ

ビッグシルエットのスウェットに細身チノパンツを合わせたバランスのよいワンツーコーデで。そこに幅広ベルトを巻くだけで簡単にモードよりな着こなしに。

グレンチェックのトップス×ベージュパンツコーデ

旬の英国調トラッド柄を落ち感のあるフェミニンな素材で、ワイド袖で華やかなデザイン性をプラスし、鮮度アップさせてくれる。帽子、靴、バッグと黒小物で揃えておくと、全体がうまくまとまる。

ボーダートップス×ベージュスカートコーデ

赤のボーダートップスをベージュコーデに合わせれば、トラッドやフレンチ気分を運んできてくれるはず。かっちりバッグや小ぶりなパールを合わせてほんのり格上げを狙って。

白タンクトップ×ベージュのワントーンコーデ

シャツワンピースを羽織って、きれいめベージュコーデに。全身ベージュトーンの中で、タンクトップの白がクリーンなさし色に。

ネイビーカーディガン×ベージュパンツコーデ

ベーシックカラーのコーデになじみやすいから、アクセサリーはゴールドを選んで華やかさを添えて。上半身はベーシックにまとめつつ、ワイドパンツのボリューム感を主役に。

ベージュのシャツワンピースコーデ

ブラウンレザーのバッグやローファー、スカーフでオフィスに相応しいコンサバコーデに仕上げる。ゴールドのアクセサリーでリッチな艶を足して。

シャンブレーシャツ×ベージュスカートコーデ

シャンブレーシャツ×チノの上品トラッドコンビにはツヤのあるビッグバッグがアクセントに! ブロンズのバッグを合わせて小物でエレガントなツヤ感をプラスして。

ベージュのシャツワンピースコーデ

ベージュのシャツワンピースは前ボタンを外してしまえばトレンチコート感覚で着られるので重宝! 幅広のサッシュベルトとヒールサンダルでトレンド感と女らしさを足して。

ベージュカーディガン×デニムコーデ

おしゃれ上級者っぽく見えるデニムブルー×イエローの色合わせでお出かけ。落ち着いた印象のスエード素材のイエローを、大人デニムのアクセントに。

ベージュジャケット×ワンピースコーデ

色を淡くまとめながらもぼやけて見えないのは、シャープに引き締めるノーカラーや白パンプスがあるから。立体感を意識したとろみワンピースはジャケットを脱いでも自慢できる一着。

カジュアル小物を盛って洗練コーデで

老けがちな配色にはカジュアルさでバランスよく!オフショルダーやカジュアルなトレンド小物も落ち着いた色みを選べば、大人っぽく仕上げてくれる。
■2018年の春トレンドもチェック

What's New

Feature

Ranking