大人のためのサンダルコーデ20選。真夏の大人フェミニンは足元で作って

2018年7月14日
大人に似合う真夏のサンダルコーデをご紹介。シンプルな夏の着こなしには女性らしいサンダルを合わせて涼しげコーデを完成させて。
デニム×サンダルコーデ

1/20

白パンツ×サンダルコーデ

2/20

カシュクールシャツ×サンダルコーデ

3/20

白スカート×サンダルコーデ

4/20

タイトスカート×サンダルコーデ

5/20

白パンツ×サンダルコーデ

6/20

サンダル×きれいめコーデ

7/20

Tシャツ×サンダルコーデ

8/20

黒ワンピース×サンダルコーデ

9/20

デニム×サンダルコーデ

10/20

ロングシャツワンピース×サンダルコーデ

11/20

きれい色トップス×サンダルコーデ

12/20

ワンピース×サンダルコーデ

13/20

イエロースカート×サンダルコーデ

14/20

リネンシャツ×サンダルコーデ

15/20

ネイビースカート×サンダルコーデ

16/20

プリーツスカート×サンダルコーデ

17/20

白スカート×サンダルコーデ

18/20

スカート×サンダルコーデ

19/20

ショートパンツ×サンダルコーデ

20/20

デニム×サンダルコーデ

脱ぎ履きしやすいサンダルは、キラッと輝くビジュートングをチョイスして。他にもバングル、クラス感のあるハットで盛って、カジュアルな日こそ、上質小物で気分を上げたい!


白パンツ×サンダルコーデ

さりげないハイウエストデザインで、バランスのよいトップスインが簡単にできる!洗える服といえども、センタープレス入りで脚がすっきり見えるパンツならオフィスにぴったり。

カシュクールシャツ×サンダルコーデ

とろみとツヤが上品なセットアップは、ほんのりモードなデザインが特徴!新しく着流し風ジャケットのようにも着られるカシュクールシャツとスカート見えするパンツが、単品でも着回しやすく重宝しそう。

白スカート×サンダルコーデ

清潔感と安心感を兼ね備えたナチュラルコーデ。鎖骨がのぞくボートネックのリブカットソーでリラックスした雰囲気を心がけて。

タイトスカート×サンダルコーデ

タイトスカートで黒を選ぶとすごみが増しそうだけれど、カーキを選べばモダンな雰囲気とほんのりカジュアルな印象が手に入るのでタイトスカート初心者にはおすすめのカラー。きれいめのスタイリングでも堅苦しくなりすぎず、簡単にこなれたムードになれる。

白パンツ×サンダルコーデ

袖と身頃にきれいなドレープが出るカットソーは、オフィスシーンにもふさわしく、タンクトップのインナーつきでレイヤードスタイルが簡単にできるのも便利。汚れが気になるホワイトボトムも自宅で洗濯可能なタイプならデイリーに取り入れやすい。

ピンクトップス×サンダルコーデ

袖口に異素材をあしらい、洗濯を繰り返してもくたびれた印象になりにくいトップス。少しだけ横に広いネックラインやほんのりツヤのある素材感で、気軽に着られるのにカジュアルになりすぎないのでオフィスでもぴったり。

Tシャツ×サンダルコーデ

ほんのりトレンドを感じさせつつ、シンプルできれいめなデザインがシーンを選ばず使えるのもうれしいポイント。Tシャツを合わせれば週末カジュアルに、きれいめのとろみブラウスを合わせれば会食などのあらたまったシーンもOK。

黒ワンピース×サンダルコーデ

アラフォーともなるとキラキラ感をまといたいからとジャラジャラとアクセをつけたくなりがちだけれど、黒ワンピースのときは極力シンプルにすることを心がけて。アクセサリーは最小限のバングルのみに抑え、黒ワンピースがもつ存在感をヘルシーに堪能したいところ。はおりものは、カーディガンも合うけれど、オフィスならテーラードジャケットがぴったり。

デニム×サンダルコーデ

シャツ×デニムというシンプルなコーディネートも、旬アイテムの組み合わせならこんなに斬新。足もとにヌーディなフラットサンダルを加え、女度をアップして。

白シャツワンピース×サンダルコーデ

足もとはヌーディだけれど、その分ほかは露出をおさえてみる。ウエストのリボンベルトがさりげなくメリハリを作ってくれる白シャツワンピースを、トレンドの黒レギンスと合わせるのが今年のスタイル!

きれい色トップス×サンダルコーデ

元気のでるビタミンカラーが主役のきれい色コーデでアクティブに。それに合わせるボトムは着慣れた色でもあるデニムに近いブルーを持ってきて。ボトムに使えばきれい色同士でも、意外なほどしっくりくるから不思議。小物は肌になじむナチュラルカラーで統一して。

ワンピース×サンダルコーデ

体温調整も可能なエレガントコーデ。秋冬にブレイクしたブラウンは、素材が軽くなった春夏も引き続き重宝するカラー。さらっとしたサンドベージュからブラウンで大人リッチなワントーンに仕上げて。

イエロースカート×サンダルコーデ

ともすると老けて見えがちなブラウンがネオンイエローを差し込んだおかげで断然新鮮な表情に! プリーツスカートが揺れるだけで、動きにもキレが出て仕事もはかどりそう。

リネンシャツ×サンダルコーデ

リネンシャツは後ろが長めのすそ丈なので、アウトしても決まってくれる。前からは見えず、後ろで切り替えたドロップショルダーだから着るだけで自然と今っぽいシルエットに。

ネイビースカート×サンダルコーデ

オリーブがかったベージュのコットンリブカットソーをインすれば、フィット&フレアなシルエットの美しさはそのままに、よりカジュアルなムードに。オフィスでも穏やかな印象を与えること間違いなし。

プリーツスカート×サンダルコーデ

はくだけで気分が上がる、サラサラとした落ち感がきれいなプリーツスカート。今年はこんな涼やかなシースルータイプも気になる。薄く軽やかな透け素材が生み出す陰影も美しい一枚。

白スカート×サンダルコーデ

今季豊富なコットンやリネンといったハリのあるカジュアル素材も、広がりすぎないスカートなら大人っぽく着こなせる。少しレトロな前ボタンデザインをデニムシャツでキリッと着こなして。

タイトスカート×サンダルコーデ

リネン素材が今っぽいタイトスカートは「ウィム ガゼット」。ハイウエストと長めの丈感で、はくだけで腰高に。その他の小物も黒で統一し、シックで大人っぽい着こなしが素敵。

ショートパンツ×サンダルコーデ

アラフォーになると躊躇(ちゅうちょ)しがちなショートパンツスタイルも、全身を黒でシックにまとめ、シャツできちんと感を演出すればトライしやすい。足もとはぺたんこではなくヒールサンダル、バッグは小ぶりなチェーンバッグ、と女っぽさには隅々までこだわって。

\ただ今セール開催中/

■2018年の夏トレンドもチェック

What's New

Feature

Ranking