カーキを足せばコーデの鮮度が上がる!秋はじめのカーキコーデ15選

2018年9月4日
トップスやパンツ、スカートなどどこかにカーキを足すだけで、マンネリしがちな着こなしがたちまち新鮮に!カーキのトーン違いを選べば、毎日取り入れても印象が変化。
カーキシャツ×エメラルドグリーンのパンツコーデ

1/15

カーキニット×ピンクスカートコーデ

2/15

カーキのチェック柄ワンピースコーデ

3/15

カーキのストライプ柄ワンピースコーデ

4/15

カーキシャツ×黒フレアスカートコーデ

5/15

カーキシャツ×カーキロングフレアスカート

6/15

ボーダーカットソー×カーキスカートコーデ

7/15

ネイビーカーディガン×カーキのカーゴパンツコーデ

8/15

黒ブラウス×カーキの辛口パンツコーデ

9/15

カーキワンピース×デニムコーデ

10/15

黒カーディガン×レースのカーキスカートコーデ

11/15

カーキのトレンチコート×フレアスカートコーデ

12/15

カーキニット×チェック柄パンツコーデ

13/15

カーキスカート×スニーカーコーデ

14/15

カーキのシャツ×スニーカーコーデ

15/15

カーキシャツ×エメラルドグリーンのパンツコーデ

華やかなエメラルドグリーンには旬のカーキで知的な華やかさを手に入れて。トップスは、無難なネイビーの代わりに秋色カーキを投入すれば、落ち着いたしゃれ感がかけ合わされて、一気にアクティブで都会的なイメージに。イヤリングや靴もカーキでそろえて。

カーキニット×ピンクスカートコーデ

ピンクスカートにはカーキニット投入で絶妙な甘辛バランスを攻略して。甘い色を、子供っぽく見えないよう、キレイに着こなすのにも、カーキは有効!バッグや靴はカーキとピンクの中間のような赤みのあるブラウンカラーを選べば、全体をなじませてくれるのでコーディネートがうまくまとまる。

カーキのチェック柄ワンピースコーデ

カーキグリーンをベースにした大人っぽいカラーリングだから、チェックでも子供っぽくならないのがいい。デニムをレイヤードすることで、ストンと縦に長いシルエットが強調されて全身バランスがアップ。すっきりスマートに着こなせる。

カーキのストライプ柄ワンピースコーデ

カーキブラウンにストライプが施された秋らしい色みと、柔らかく軽い素材で着心地のよいワンピース。ウエストにはゴムが入っていて、着るだけできれいなウエストシェイプシルエットに。軽やかな八分袖とデコルテ部分のスリットが抜け感をプラスしている。

カーキシャツ×黒フレアスカートコーデ

フレアスカートやアクセサリー、小物で黒を多めに投入し、シャープな女らしさをきわだたせて。

カーキシャツ×カーキロングフレアスカートコーデ

トーンの違うカーキが豊富な今年だからこそ楽しみたいカーキワントーン。小物まで色みを合わせることで、さりげないけど素敵なたたずまいが完成。首もとにナバホパールネックレスをきかせて、旬度を盛り上げて。

ボーダーカットソー×カーキスカートコーデ

マイ定番のボーダーカットソーにカーキのロングスカートコーデにさりげなく、ストールをふんわり巻いて。あれこれ着飾らなくても、身近なアイテム同士で、洗練された配色とすっきりとした印象が簡単に。カーキの面積を多く取る時は地味に見えないようにスカーフやバッグの白小物で明るさを出すのがポイント!

ネイビーカーディガン×カーキのカーゴパンツコーデ

ネイビーカーディガンは、普通のカットソーよりもニュアンスが出て、いい感じにまとまるのでお気に入り! ちょっとカジュアル過ぎるかなとオフィスでは敬遠していたカーゴパンツも、これはストンときれいなシルエットで、お仕事服としても使えそう。

黒ブラウス×カーキの辛口パンツコーデ

ボトムがワークパンツで辛口なので、トップスにはなるべくふわりとした女性らしいボリューム袖ブラウスを合わせて。とはいえクールな印象はキープしたいので、バケツ型のショルダーバッグやベルト、フリンジつきのサンダルでさりげなく女っぷりとトレンド感をプラス。

カーキワンピース×デニムコーデ

カーキとダークブラウンの色合わせが、アラフォーのカジュアルをモダンに見せてくれる。シャツワンピースをウエストマークせずストンと着こなして、足は蒸れないように楽ちんスリッポンで作業もはかどりそう。

黒カーディガン×レースのカーキスカートコーデ

総レースで更にニュアンスたっぷりのカーキ色なら、女っぷりもおしゃれさも格別に。ウエストゴムなのでラクにはけて、トップスをインしてもすっきり。

カーキのトレンチコート×フレアスカートコーデ

フレアスカート&トレンチコートの相思相愛コンビも、定番ベージュではなくトレンド色にすることで見る人の印象はガラリと変わる。カーキ×テラコッタのトレンドカラー同士の組み合わせで、一歩先行く配色上級者に。

カーキニット×チェック柄パンツコーデ

チェックパンツを、今年はトレンドのカーキと合わすことでアップデート。お地味にならずに粋に見えるのはトレンドのカーキを投入したおかげ。

カーキスカート×スニーカーコーデ

動きやすく疲れにくいカットソー×スニーカーコーデは、TPOにあったオフィスコーデでいたいから、きちんとタイトスカートを合わせてルーズに見せない工夫を。フェミニンなピンクニットの肩がけは、カーキと白だけの着こなしよりもカジュアル度が軽減するのでぜひお試しを。

カーキのシャツ×スニーカーコーデ

あちこち動き回ることを想定してスニーカー投入!シャツのカーキとリンクさせてバランスよく。スニーカーでもオフィスで浮かないのは、タイトなロングスカートの女っぽさとシャツの真面目さがきちんと感を醸し出してくれるから。

■2018年秋のファッショントレンド情報もチェック

What's New

Feature

Ranking