秋冬のワンピースは「はおりもの」で手軽におしゃれ感アップ!

2019年秋冬はワンピースをどう着るのが正解? ジャケット、カーディガンをさっとはおるだけで簡単に今年らしさのあるワンピースコーデが完成!

①ジャケットをはおる!秋冬のワンピースコーデ

■ネイビージャケット×花柄ワンピースの秋冬コーデ

やっぱり一枚は持っておきたいオンオフ使えるシャープな黒。メンズライクな仕立てや細身のラペルがきりっとスマートな一枚。フェミニンな花柄ワンピースにはおるだけで、端正な上品さが備わる。ほどよくストレッチがきいており、動きやすいのもうれしい。

ジャケット¥49,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ワンピース¥52,000/アルアバイル(バウム・ウンド・ヘルガーデン) ストール¥34,000(ファリエロ サルティ)・バッグ¥21,000(ザ ディレッタント)/ユナイテッドアローズ 銀座店 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

■ベージュのジャケット×ハイネックワンピースの秋冬コーデ

ハイネックのワンピースを少しオフィシャルな雰囲気にコーデするなら、上半身はジャケットでかっちり仕上げてみて。おじさん風味になりがちなチェック柄も、明るめのベージュを選べば柔らかくてロイヤル感のある女性らしい印象に。

ジャケット¥39,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) ワンピース¥83,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) バッグ¥42,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥100,000/デ・プレ(ルパート サンダーソン)

■黒ジャケット×花柄ワンピースの秋冬コーデ

ブラウンが流は行やっている影響もあり、黒ジャケットでクール&マニッシュに決めすぎる と古かったり、怖く見えてしまう恐れも。花柄ワンピースやフレアスカートといったフェミニンなアイテムと合わせ、ジャケットを「甘さのセーブ役」として投入するとちょうどいいバランスに。

ジャケット¥45,000/カオス丸の内(カオス) ワンピース¥24,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥85,000/デ・プレ(クレジュリー)

■ネイビージャケット×シャツワンピースの秋冬コーデ

さらりとはおったネイビージャケットがシャツワンピースを凛とトリミング。かっちりとしすぎないよう、シルバーアクセや白スニーカーで抜け感をプラスすると女性らしいさわやかなコーデに。

ワンピース¥27,000/ティッカ ジャケット¥79,000/アマン(カバナ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥23,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) バッグ¥34,000/アパルトモン 神戸店(ヘリュー) 靴¥29,000/ドゥロワー 丸の内店(ノヴェスタ) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)

■オーバーサイズのデニムジャケット×ブラウンワンピースの秋冬コーデ

ユーズドライクなビッグシルエットのGジャンも有効。休日ならコットンシルクの七分袖ワンピースに抜けをつくるイメージでゆったりと重ねて。ブラウンとデニム、2つの色になじむバッグのオリーブカラーとスニーカーのネイビーがさらにニュアンスを。少量のシルバーがしゃれ感を。

デニムジャケット¥26,000/ゲストリスト(レッドカード) ワンピース¥39,000/インターリブ(サクラ) ピアス¥2,400/ジューシーロック バッグ¥39,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) 靴¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 

②カーディガン×秋のワンピースコーデ

■白カーディガン×シャツワンピースの秋冬コーデ

シックな印象のバンドカラーと、ふくらみすぎないほどよいふんわり袖が今年らしいのシャツワンピースは、とろみ素材で上品に、適度にしっとりとしたハリのあるタイプできちんと感を出してくれるヘビロテ確定アイテム。シワになりにくいので、長時間座りっぱなしの会議がある日でも快適に過ごせて重宝。

ワンピース¥19,000(エムセブンデイズ)・パンプス¥46,000(ペリーコ)・バッグ¥28,000(ベルメール)/SHOP Marisol カーディガン/スタイリスト私物

■ブラウンのカーディガン×ピンクカラーワンピースの秋冬コーデ


ペールピンクの甘さを大人の洗練に。まろやかなくすみ配色マスター。浅いトーンのブラウンは濃色とは違うまろやかさが出るから、淡いピンクとコントラストがつかず、すっと溶け込む。ガウン風のカーディガンをストライプのタック入りワンピースにはおって、優しく品のいいムードをまとう。

カーディガン¥26,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ワンピース¥42,000/ニアー(ニアーニッポン) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ネックレス¥15,000/カレンソロジー青山(ソコ) バッグ¥58,000/エストネーション(ボルドリーニ) 靴¥45,000/ベイジュ(ピッピシック)

③一枚で着てサマになる秋ワンピース

■SHOP Marisol×GALLARDA GALANTEのワンピース

使い勝手と着回し力抜群の3way仕様が魅力のSHOP Marisol×GALLARDA GALANTEのワンピース。しっかりウエストマークしてトップス部分をブラウジング、もしくはカラバリのようにゆるくリボンを結んですそ広がりのラップスカート風に。ボタンをすべて開ければはおりとしても活躍。

バッグ¥48,000・靴¥19,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ペリーコ) ピアス/スタイリスト私物

■エムセブンデイズのバンドカラーワンピース

ドロップショルダーとゆとりのある身幅により、着るだけで即旬のシルエットに。上質なウールならではのしっとりとしたツヤ感があり、ベルトでウエストマークすればお仕事シーンにも対応。ゆったり快適な着心地で、真冬のタイツ合わせまで活躍するはず。

ワンピース¥19,000/エムセブンデイズ バッグ【PIASKI NEW CALF】\30,000/ベルメール ショートブーツ【CATTLEYA】¥42,000/SHOP Marisol (ペリーコサニー) 帽子/スタイリスト私物

④美女組・Akaneさん一押し秋ワンピースと最旬コーデ

美女組 Akane

美女組 Akane

元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。

■驚愕カワイイ!好感度No.1の秋冬に着るワンピース

今日は、1秒でも早くこのアイテムをお伝えしたいので、前置きナシで書きます!先日「ロペピクニック」で、このニットワンピースに出会いました↓

か、かわいい!!
今シーズン「このショップはすごい」と感じているプチプラは、ずばり「ロペピクニック」です。

「何がすごいのか」を挙げるならば、「色」が素敵です。特にブラウン系の展開がとても魅力的で、「ミルクココア」のようなマイルド系から濃いめのチョコレート色まで、「普通っぽくない」ブラウンが揃っています。

それがこちらのワンピース↓ ニット生地&プリーツスカートの女性らしいデザインに、色は優しく秋めく淡ブラウン。頭の中にはこんなイメージが広がりました↓この時期に1枚で着るなら、同色のサンダルやハット、アニマル柄のバッグなどを合わせたり…
それにしても、4,990円(+税)という価格に驚きです。値札を確認するまでは、6,900~7,900円くらいかな、と想像していたので、5,000円以下はありがたい!ストレッチのあるニット素材なので、とてもこの価格には見えない高見え感です。

ニットワンピースは、素敵だと思っても、着てみると「重たい」と感じることが時々あるため、試着は欠かせません。この生地はそれほど厚手ではないので、ワンピースにしてはとても軽やかな着心地で安心しました。

色は、もう1色ブラックがあり、正直迷いました。黒もシックでとても素敵なのです。悩み抜いた結果、秋らしいブラウンに決定。手持ちの服ともコーディネートしやすい、ミルクココア色の柔らかさが決め手でした。
「重量」はクリア。次に気になるのは、「ニットのプリーツ」という点です。どんなに好みのデザインでも、シワになったらお手入れが面倒。そんな事をじ~っと考えていると、そこに、偶然このワンピースを着用した店員さんが登場。思わず質問をしてみると、「お洗濯をしてもシワになりにくいですよ」と、うれしい情報を頂きました。これを聞いて、買う気は100%♪

家でお洗濯できるのは、ポイント高いですよね。
早速試着をしてみると、想像通りやっぱりかわいい!丈もマキシで理想的。少し想像と違ったのは、ウエスト部分です。ストンとしたシルエットだと思っていましたが、お腹回りが4.5cmくらいの太いゴムで切り替えになっているため、ウエスト部分でキュっと引き締まり、上からニットが少し重なるようになります。
ノースリーブワンピースは、今の時期に買っても「長く着られないのではないか」と思いますが、ノースリーブならではの利点を活かせば、とても長い間活躍させられます。袖がないため、ジャケットやカーディガンなどの上着を合わせても、肩がもたつかずスッキリ。1枚で着る時期が終わっても、そこからまた違った着方が楽しめます。ニットを上から重ねれば、単品のプリーツスカートのようにも見え、着回しのバリエーションが更に広がります(ネイビーのニットも、昨年秋のロペピクニックです)↓
様々な素材のワンピースの中でも、ニットは女性らしさが特に増しますよね。ノースリーブならではの着回しやすさを活かし、今シーズンはかなりのヘビロテアイテムになりそうです♪

【Day1】ブラウン×ブラックの2色で引き締めて

↑淡いブラウンのワンピースは、小物も同色で合わせると、まとまり感はあっても印象がボヤけがち。羽織りものや小物に、ブラックなどの濃い色を入れて引き締めます。ブラウンと相性が良いレオパード柄もよく合いますね。シューズとバッグに入っている黒に、カーディガンの色をリンクさせ、全体をブラウンと黒の2色のみでまとめました。

【Day2】ジャケットを羽織ってお仕事コーデ

↑ノースリーブは、ジャケットを羽織っても、肩や袖がもたつかないのでスッキリ着られます。トレンドのジャケットも、気負いなく着られますよ!これからの季節は、ロングブーツを合わせても秋らしいですね。このジャケットは、もうすぐご紹介する予定ですのでお楽しみに~♪

【Day3】肌寒い日はロングカーディガンを合わせて

↑ロングカーディガンを合わせると、女性らしい雰囲気がさらに増します。ニットワンピース&ニットカーディガンは重たく見えそうですが、ワンピースの生地が薄手なので大丈夫です。「ヴェルメイユ」のカーディガンは、色もデザインも女性らしく、1枚あると重宝します。

【Day4】上からニットを重ね着して

↑ノースリーブの良さは、ニットを上からかぶせられることもありますね。「かさばり」もなく、スカートのように着回せます。ブラウンに相性のよい赤を合わせれば、華やかな秋を感じるスタイルに。
↓トップスが重なったシルエットは、セットアップのようにも見えそうです。

■それほんとにユニクロ??今欲しいワンピースは3,990円!

秋の高見え&美人度100%のワンピース。3,990円にはとても見えない、高見えなんです!
まず、一目で色に惹かれました。名称は「ベージュ」ですが、グレージュのような秋色で光沢があります。サラサラでトロみのある生地が、ゆるやかで女性らしい印象の長袖ワンピース。
このワンピースには、「31ベージュ」「32ベージュ」と2種類のベージュがあり、もうひとつの「32ベージュ」は赤味が強い茶系になり、まったく別の雰囲気です。長袖が暑くてもロールアップできるので今から着用可能ですし、冷房が寒い時には袖を下ろして調節できるのがポイント高い!
ウエストは紐で調節するデザインなので、きつめに絞ったり緩めたりすると印象が変わります。ウエストがゆったりとしていて体型カバーできるのもうれしいですね。上から下までボタン留めなので、「ロングシャツ」として重ね着したり羽織ったりもできる、着回しが広がる1枚です。
色、素材、デザインともに、とにかく高級感がすごいです。先日着用した際に「ユニクロだよ」と言ったら、周囲にかなり驚かれました。

【Holiday1】ワンピースとして1枚で着用

↑今の時期は、シンプルにさらりと1枚で。Vネックなので、ワンピースでもフェミニンになり過ぎません。お出かけにもお仕事にも使える「きちんと感」のあるボタンデザインです。サンダルは秋っぽいダークブラウンで、あいまいなグレージュを引き締めました。

【Holiday2】シャツのように羽織って重ね着

↑女性らしいワンピースが、ボタンを全開にするとクールな羽織ものに変身。サラりとした軽さがあるので、重ねても重たく見えません。内側はホワイトを合わせ、グレージュを晩夏らしくさわやかに。

【Holiday3】ジャケットを合わせた秋向けのコーデ

↑黒いジャケットを合わせると、グレージュの秋色がグっと深まります。薄手の素材なので、ジャケットの下にインしても「もたつかない」のでスッキリ。

↓秋冬本番には、ロングカーディガンにブーツも合わせやすいバランス丈です。
↓袖口はボタンなので、半袖・五分袖・長袖と、気温によって調節できるのがうれしいです♪

What's New

Read More

Feature

Ranking