冬の「黒」は“どこかに抜け感”で「強すぎない女」を目ざす

2019年1月9日
アラフォーの冬の「黒」 理想の着こなしイメージはこれ!
定番色ゆえに、トレンドや時代のムードに合わせたアップデートが重要な「白」と「黒」。まずはアラフォーが一番素敵に見える、最旬の着こなしをチェック!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

【BLACK】STYLE 1:
スタイリッシュな黒のロングコートに、コーデュロイ素材のカラーパンツで可愛げを

シックで上品だけど、アラフォーが着ると「強い女」になりすぎる恐れもある黒。ちょっとした可愛げやカジュアルさで"抜け"を出すのが素敵に見せるコツ。旬のカラーコーデュロイでトレンド感、可愛げ、華やかさを一気に投入。
コート¥175,000(アルマローザ)・ピアス¥55,000(アグメス)/TOMORROWLAND ニット¥25,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) パンツ¥36,000/アマン(アンスクリア) バングル(細)¥6,000・(太)¥8,000/デ・プレ 丸の内店(ポーノ) バッグ¥140,000/レリタージュ マルティニーク(ザンケッティ) 靴¥68,000/フラッパーズ(ネブローニ)

【BLACK】STYLE 2:
黒ライダースの辛さを、ニット素材のパーカでカジュアルに中和して

パーカはスウェットではなくカジュア ルすぎないニット素材を選べば、女性らしさと上品さをキープできる。タイトスカートを合わせたわかりやすく「いい女」なスタイルが、パーカの抜け感のおかげで絶妙に今っぽいムードに。
ジャケット¥180,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) パーカ¥24,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) スカート¥31,000/アマン(ベルウィッチ) バッグ¥130,000/ウィム ガゼット青山店(ウェンディ ニコル) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

【BLACK】STYLE 3:
大好きな黒ニット×デニムの黄金コーデにチェックのストールで旬のトラッド要素をプラス

ケーブル編みが華やかなざっくりとしたローゲージニット&デニムを、上質な小物で大人っぽく仕上げて。チェックのストールや赤いパンプスなど、主張のある小物も落ち着いたムードにまとめてくれるのは、「黒」がもつ上品さのなせるワザ。
ニット¥19,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) デニムパンツ¥36,000/サザビーリーグ(マザー) ストール¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ベグアンドコー) バングル¥56,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)・靴¥48,000(ネブローニ)/フラッパーズ バッグ¥64,000/アマン(エレメ)

【BLACK】STYLE 4:
知的な印象の黒セットアップにあえてのスニーカー。軽やかさとしゃれ感が同時にUP!

白のスニーカーでカジュアルな抜けを加えれば、黒のセットアップ=お堅い、というイメージを覆す、シンプルなのにおしゃれ感のあるスタイルに。赤リップでさりげなく女っぽさを足して。
ジャケット¥52,000・スカート¥43,000/サード マガジン ニット¥22,000/スリードッツ青山店(スリードッツ) ピアス¥10,000/ウィム ガゼット青山店(フィリップ オーディベール) メガネ¥33,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナーロンドン) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

【BLACK】STYLE 5:
女っぷりの高い黒ニットワンピは、 人気復活中のダウンでスポーティに、が気分

縦長シルエットが女らしい黒のロングニットワンピに、あえてスポーティなダウンを。上品さとアクティブな明るさをあわせもった、理想の女性像が完成! 足もとはバレエシューズで抜け感を出して。
ワンピース¥28,000/CABaN Daikanyam(a キャバン) ダウン¥168,000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥22,000/ウィム ガゼット青山店(フィリップ オーディベール) バッグ¥29,000/ショールームセッション(ポティオール) 靴¥33,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

【Marisol1月号2019年】撮影/三宮幹史 ヘア/Dai Michishita メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO

What's New

Read More

Feature

Ranking