ふっくらと丸みがある引き上がったバストが蘇る!「おっぱいマッサージ」

おっぱいマッサージは、服を着た状態で行っても、ボディクリームやボディオイルなどを塗りながら行ってもOK。入浴後に行うのが特におすすめ。
トータルビューティアドバイザーの水井真理子さんが提案。「お顔のお手入れをする際に、バストまわりからケアすると肌ツヤや血色がグンとよくなるんです」。顔もバストもアップする、その方法を教えてもらいました!
トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん

トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん

マネジメントやエステティシャンなどの経験を生かし、現在は、女性誌の美容ページなどさまざまなメディアで活躍。その人の肌を見るだけで、今の生活習慣やクセ、スキンケアまでピタリと当てるカウンセリングと必ず美肌に導くアドバイスが人気

【step 2】
おっぱいマッサージ

 

☆準備運動はこちら

①大胸筋マッサージ

「おっぱいの脇が硬くなっていると、おっぱいも柔らかくならないので、よくほぐしましょう。最初は硬くて痛みを感じる場合もあるかもしれませんが、続けるうちに柔らかくなり、バストにふっくら感が出やすくなります」

おっぱいマッサージ_1

1.握りこぶしを乳房の脇に当て内側へ押す
両手で握りこぶしを作り、乳房の脇に第2 関節を当て、内側に寄せるように押し込む。ゆっくりと3秒かけて行って。

おっぱいマッサージ_2

2.上部、中央部、下部の3カ所を押す
これを乳房の脇の上部、 中央部、下部と3カ所に分け、1 カ所3秒× 5回行って。



②リンパを流す

「鎖骨や脇の下には大きなリンパ節があるため老廃物がつまりやすく、つまるとバストまわりのリンパの流れも悪くなり老廃物が停滞してしまいます。鎖骨まわりや脇をよくほぐして流れをスムーズに」

おっぱいマッサージ_3

1.デコルテを中心部から外側へとつかみながら押す
右手の親指以外の指を広げて左鎖骨下の中央から胸の谷間のあたりに当て、つかむように押しながら指を少しずつ外へ移動させ、左の腕のつけ根まで押す。これを10回。

おっぱいマッサージ_4

2.腕のつけ根を指でよくもみほぐす
指が腕のつけ根まできたら、指でよくもみほぐす。ここはこり固まりやすい部分なので、柔らかくなるまでよくもみほぐして。

おっぱいマッサージ_5

3.脇をつかんで柔らかくなるまでもみほぐす
次に、右手で左の脇をつかみ、親指を当てた腕のつけ根部分と、ほかの4 本指を当てた脇の下を、柔らかくなるまでよくもみほぐす。

おっぱいマッサージ_6

4.脇の背中側の痛みを感じる部分もよくほぐす
右手の親指は左の脇の下に、残りの指は背中側に当て、脇をつかみながらもみほぐす。指先を少しずつ動かして痛く感じる部分をよくほぐす。1〜4を反対側も同様に。

【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木村三喜 スタイリスト/程野祐子 モデル/相澤とみえ 取材・文/和田美穂

What's New

Read More

Feature

Ranking