アラフォー女性を何倍も素敵に魅せる「ブラウンコーデ」着こなし集

独特の品の良さと存在感で着るだけでおしゃれに見えるブラウン。2019年、最も旬度の高いブラウンを今どきアラフォーはどうコーデに取り入れるべき? アラフォー女性を数倍も素敵にしてくれるブラウンコーデをご紹介します!

①ブラウンのツインニット着回しコーデ

ブラウンのクルーネックのノースリーブとカーディガン。最強のベーシックセットはどう着回すのが今季っぽい?

\このツインニットを着回し/

なめらかな着心地のコットン100%。首がつまったクルーネックで、二の腕を出しても清潔感キープ。カーディガン¥32,000・ノースリーブニット¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー)

ブラウンツインニット×基本色<ベージュ>

同系色同士、相性はお墨つき。大人の余裕を感じさせる名コンビ

エレガントで落ち着いた色合わせなだけに、着こなしで抜け感を加えるのがアラフォー的正解。カーディガンはゆるっと肩がけし、ミディスカートはカジュアルなビッグポケットつきをチョイス。カラフルなダッドスニーカーやかごバッグで思いきり着くずしても、品のよさはしっかりキープ。

カーディガン¥32,000・ノースリーブニット¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥33,000/ebure サングラス¥13,000・バッグ¥10,000(ともにTOMORROWLAND)・ピアス¥12,000(ジェニーバード)/TOMORROWLAND 靴¥13,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)

ブラウンツインニット×きれい色<グリーン>

鮮やかなグリーンと組み合わせれば、どこかエスニックな雰囲気に

×ベージュだとエレガントさやトラッド感がきわだち、×グリーンなら"土の色"としてのエスニックな側面が生きてくる。ブラウンの振り幅の広さを実感! 

カーディガン¥32,000・ノースリーブニット¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥12,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ピアス¥36,000/TOMORROWLAND(アグメス) ネックレス¥39,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ソフィー ブハイ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(カジャック)

②ブラウンのリネンシャツ着回しコーデ

きちんと感とこなれ感を兼備したブラウンのリネンシャツ。ダークブラウンなら、ほっこりせず女っぷりも上がる!

\このシャツを着回し/

肌が透けにくい、目のつまったベルギーリネンを採用。ゆったりした身幅と小さめのラペルが今どき顔。シャツ¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ)

ブラウンリネンシャツ×基本色<ネイビー>

ハンサムなワイドパンツに、しなやかな女らしさをプラス

王道の白やブルーのシャツならば、きっともっとメンズライクな仕上がりになるはず。日本人の肌色を美しく見せるダークブラウンとリネンならではの柔らかな風合いが、ほとんど露出のない着こなしながらぐっとフェミニンなムードを引き寄せてくれる。

シャツ¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) パンツ¥49,000/ebure ネックレス( 2 本セット)¥34,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥315,000/アパルトモン 青山店(ビーネン デイヴィス) 靴¥115,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ジュゼッペ ザノッティ)

ブラウンリネンシャツ×きれい色<レッド>

ビビッドカラーを子供っぽく見せない、ブラウンの洗練力

おしゃれな人たちの間でひそかな人気を集めているのが、ビビッドなカラーボトム。例えばこんな鮮やかな朱赤のフレアスカートにも、ブラウントップスは最適。黒や白ほどコントラストがつきすぎず、かつベージュよりも強い存在感で、スカートのインパクトと絶妙なバランスを取ってくれる。

シャツ¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) スカート¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) イヤリング¥9,000/ビームス ハウス 丸の内(ライツ) バッグ¥47,000/TOMORROWLAND(トーマソ カンドリア) 靴¥35,000/エイチ ビューティ&ユース(カジャック)

③アラフォーを何倍も素敵にしてくれる「ブルー×ブラウン」最強配色コーデ

ブルー×ブラウンは、イタリアのメンズファッションにおける、王道にして最強のコンビ。その配色をアラフォー女性が取り入れるなら?

教えてくれたのは

スタイリスト 村山佳世子

高い審美眼とスタイリング力で、集英社の女性誌を中心に第一線で活躍する人気スタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が5万部を突破する大ヒットを記録

■ブラウンのニットポロ×ブルーのパンツコーデ

“男性のファッションから、コーディネートのヒントをもらうことが実はよくあります。ブルー×ブラウンの配色だけでなく、ニットポロとセンタープレスパンツという、アイテムもマニッシュなものを選んでみました。この正統派トラッドな着こなしに、女性ならではの可愛らしさを少し足したくて、ヒールやレザーバッグのカッチリ感ではなく、ぺたんこサンダルやかごで今どきな抜け感を。アニマル柄ベルト、この遊び心もポイントです”

「ロイヤルブルーよりわずかに淡い、鮮やかな発色。このブルーは品がよくて華やかで、シックなブラウンとの相性は抜群。だからこそ、落ち着きすぎて老け見えしないよう、ヘルシーな女らしさを意識すること。大人の女性がこの配色を上手に楽しむコツです」

ニット¥27,000/エストネーション(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ×マリベル ジーン) ピアス¥30,000/TOMORROWLAND(イヴィ) ベルト¥16,000/エリオポール代官山(メゾン ボワネ) バッグ¥14,000/サード マガジン(インディゴ アフリカ) 靴¥69,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

■ブルーのニットジャケット×ブラウンのオールインワンコーデ

“端正なブルーのリネンジャケットをエレガントなイメージで着たい、そんな発想で作ったスタイルです。柔らかなドレープを描く、カカオ色のオールインワンに合わせたシンプルなワンツー・コーデ。マニッシュとフェミニン、異なるテイストのミックスに加え、さらにリネンととろみ素材という、夏ならではの質感ミックスも楽しめます”
「ウールのジャケットとニットワンピースだったら、この配色はやや重い印象に。素材が軽くて、適度に肌を見せられる夏だからかなうバランスです」。リボンベルトつきのオールインワンは、ホルターネック&ワイドシルエットが特徴。一枚で着ればリゾートやパーティに、アウターをプラスすればデイリーに活躍。

ジャケット¥145,000/マディソンブルー(マディソンブルー) オールインワン¥34,000(コキュカ)・バングル¥111,000(アリアナ)/ザ ストア バイシー 代官山店 ピアス¥9,000/TOMORROWLAND(ソコ) バッグ¥56,000/ドゥロワー 青山店(ドラゴン) スカーフ¥18,000/カレンソロジー青山(マニプリ) 靴¥69,000/エスケーパーズ(マルティニアーノ)

■ブラウンのシャツ&スカート×ブルーの小物コーデ

“今回のテーマを聞いて真っ先に浮かんだのが、ブラウンの服にターコイズのアクセサリー。いかにも大人の女性、といった感じで、昔から大好きな着こなしです。その延長線の感覚で、ブルーをアクセではなく思いきって小物で取り入れてみたら……女っぽいのにちょっとやんちゃな、今どきのアラフォー女性らしいスタイルになりました”
「同素材のシャツ×スカートのセットアップが人気ですが、素材を変えたワントーンにはまた違った魅力が。特にこの春夏はブラウンアイテムのバリエーションが豊富。光沢のあるリネンとマットなニット素材など、夏でも異素材ミックスが気軽に楽しめます。ちなみにこのダッドスニーカーは、それ自体がブルー×ブラウンの配色になっていて。見つけた時に、思わずうれしくなってしまいました(笑)」。

シャツ¥34,000(リジェール)・スカート¥26,000(アパルトモン)・ピアス¥33,000(アグメス)/アパルトモン 青山店 サングラス¥49,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ストール¥43,000/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥216,000・靴¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

■ブルーのカットソー×ブラウンのマキシスカートコーデ

“こっくりしたチョコレート色の発色にひと目惚れしたマキシスカート。白Tと合わせるのももちろん素敵ですが、サックスブルーのカットソーならこんなにも新鮮な印象になれます。アイテム自体はすごくシンプルだし、配色そのものに品があるので、スカーフやパイソン柄の靴など、いつもより大胆に仕上げても、トゥーマッチになりません”
「シャツとはまた違う、カットソーならではのゆるっとした可愛さも大好きです。そして濃いブルーには凛とした強さがありますが、サックスのような淡いブルーには優しい甘さが。それもまた、このアイテムの魅力を後押ししてくれると思います。スカーフは、もちろんバッグに巻いても」。

トップス¥10,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) スカート¥33,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) スカーフ¥16,000/TOMORROWLAND(トレ) バングル¥180,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アリアナ) バッグ¥48,000/アパルトモン 青山店(スタウド) 靴¥43,000/ドレステリア 銀座店(アンソロジーパリ)

④キリッときかせる「スパイス ブラウン」コーデ

さりげないのに印象を残す独特の味を持つ「ブラウン」。そんなブラウンアイテムをきかせた最旬コーデを一挙ご紹介。

■Tシャツ×ミディ丈タイトスカートの「スパイス ブラウン」コーデ

スポーティなトレンドこそ大人っぽいカラー選びが重要

流行のロゴTは、アラフォーに似合うシックな色みとロゴデザインで選べば失敗知らず。ビッグシルエットも今 どきな一枚を、ミディ丈のタイトスカートで女っぷりよく着こなして。

Tシャツ¥7,400/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(レミレリーフ) スカート¥82,000/マディソンブルー ピアス¥30,000/TOMORROWLAND(イヴィ) バングル¥35,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ガブリエラ アルティガス) バッグ¥139,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ザンケッティ) 靴¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■リネンジャケット×ショートパンツの「スパイス ブラウン」コーデ

人気再燃中のショートパンツでヘルシーな着こなしに挑戦。女らしさを出すため、パンツはあえてボーイッシュな素材ではなくとろみのある一枚を選んで。トップスは「襟」があるものを。そうすると簡単に上品さが生まれる。ツヤのあるパンツとラフなリネンジャケットの異素材ミックスにも、上級者らしいおしゃれ感が漂う。「旬のブラウンと白をメインにした色合わせもポイント。子供っぽくなりがちなショートパンツを色みで大人っぽく見せる。

ジャケット¥44,000/サード  マガジン ニット¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) パンツ¥38,200/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) バングル¥42,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ダイナソー デザイン)

■シャツ×パンツ×肩がけカーディガンの「スパイス ブラウン」コーデ

光沢リネンの最旬パンツで白シャツをより今年らしく

シャツ×パンツという定番の組み合わせこそ、おしゃれのアップデートが欠かせない。ベーシックな白シャツと、ツヤのあるブラウンリネンの太めテーパードパンツ。配色で、質感で、そしてシルエットで。今年らしい旬スタイルを満喫して。

パンツ¥49,000/ビームスハウス 丸の内(アンスクリア) シャツ¥29,000/マディソンブルー カーディガン¥15,000(ボールジィ)・ピアス¥19,000(リジー フォーチュネート)/TOMORROWLAND メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) 3 連バングル¥14,000/ebur(e キャッス) バッグ¥267,000/アパルトモン 青山店(マーク クロス) 靴¥59,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■Tシャツ×タイトスカート×肩がけカーディガンの「スパイス ブラウン」コーデ

フェミニンベージュをダークブラウンで引き締めて、大人の余裕漂う着こなしに

こっくりとしたダークブラウンのTシャツはカジュアルな素材感で、サマースエードのベージュタイトをぐっとこなれさせてくれる。ベージュのレザービーサンや肩がけカーディガン、色をきかせたバッグなど、遊び心を随所に。

Tシャツ¥9,500・スカート¥120,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) カーディガン¥31,000/スローン ピアス¥34,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥7,500/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ティーキーズ)

■ワンピースハットの「スパイス ブラウン」コーデ

体のラインを拾わないビッグシルエットなら細い部分が強調されて着やせ効果抜群!

気になる二の腕も、そのゆったりとしたエフォートレスシックなシルエットで、さりげなくカモフラージュしてくれるから、ビッグシルエットのシャツワンピースは実はアラフォーにとって頼りになる一枚。首もとのスカーフは視線を上のほうに注目させて全体をもったりさせない効果も。

ワンピース¥39,000/ブルーバード ブルバード 帽子¥37,000/カオス丸の内(クライド) スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) バングル¥10,000/ココシュニック オンキッチュ有楽町マルイ店(ナカモル) バッグ¥19,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)

■ニット×ミディ丈スカートの「スパイス ブラウン」コーデ

ざっくりニット×スカートというシンプルなコーデは袖たくしあげ&素材選びでもっさり見えない!

大人の女性の落ち着きを感じさせてくれる綿100%のブラウン、実は風通しがよくて夏でも大活躍。合わせるのは異素材のシルク調スカートで。ほどよい光沢感と淡いピンクの色みがフェミニンな印象に。重たくならないようにこなれた感じで袖をたくし上あげたり、ひらりと揺らめくスカートでエレガントに仕上げたりと、シンプルなのに突然のデートにも対応できるワンツーコーデを選びたい。

ニット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) スカート¥24,000/カオス丸の内(カオス) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥18,334/銀座かねまつ6丁目本店(銀座かねまつ) ピアス¥10,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ) バングル(2本セット)¥15,000/カレンソロジー青山(ソコ)

■Tシャツ×シフォンスカートの「スパイス ブラウン」コーデ

ブラウンTという選択で、スカートコーデの幅が広がる!

ミラノマダムが愛するシックな色合わせも、アイテムが軽く、カジュアルになるとぐっとフレッシュな印象。洗いをかけて風合いを出したブラウンTシャツは、コンパクトなサイズ感も特徴。ふわっと広がるシフォンスカートにインしてバランスよく。

Tシャツ¥9,000/アパルトモン 青山店(レミ レリーフ) スカート¥72,000/ドゥロワー 丸の内店(ティーマット マサキ パリ) ピアス¥9,800(ニナアンドジュール)・靴¥46,000(バルダン)/フレームワーク ルミネ新宿店 ネックレス¥42,000/ebur(e アル ズニ) バングル¥78,000/エーピー  ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィ ブハイ) バッグ¥343,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)

■ブラウス×スエードタイトスカートの「スパイス ブラウン」コーデ

大人をチャーミングに見せる甘いブラウンと辛めなピンクのツンデレ配色で、めざせギャップ萌え

この秋トレンドのブラウンの薄軽ブラウスだから略してブラブラ。それに合わせたいのは華やかなコーラルピンクのスエードタイトスカート。甘口ブラウンと辛口ピンク、その色の持ち味と逆のテイストをミックスすることでツンデレ的なギャップが生じて、印象的な女性に映ること間違いなし。

ブラウス¥23,000/リエス(リエス) スカート¥49,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) ピアス¥17,000/カレンソロジー青山(ローラロンバルディ) バッグ¥129,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥48,000/デミルクス ビームス 新宿(ペリーコ)

■デニムジャケット×ワンピース「スパイス ブラウン」コーデ

デニムジャケットはオーバーサイズを選ぶのが今どき。ざっくりラフに着こなして

ラフなデニムジャケットを羽織ったスニーカーコーデ。ユーズドライクなビッグシルエットのデニムジャケットをコットンシルクの七分袖ワンピースにと合わせて。オーバーサイズのデニムジャケットは落ち着いた大人のリラックスコーデにぴったり。

デニムジャケット¥26,000/ゲストリスト(レッドカード) ワンピース¥39,000/インターリブ(サクラ) ピアス¥2,400/ジューシーロック バッグ¥39,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) 靴¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

■Tシャツ×チェック柄スカートの「スパイス ブラウン」コーデ

素材は夏仕様で色だけ秋を先取りするのが昔ながらの粋なコーディネイト

夏の定番Tシャツコーデも旬のブラウン系でまとめて、肩がけしたカーディガンと小物もベージュトーンでそろえれば、秋のトレンドを先取りした今の時季にぴったりのコーデに。光沢感のあるチェック柄のスカートが女っぷりをアップ!

カーディガン¥6,990/プラステ Tシャツ¥11,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥83,000/ebure ピアス/¥27,500/アビステ バッグ¥157,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥110,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

■ロングジレニット×デニムパンツ「スパイス ブラウン」コーデ

トレンドのロングジレは分量多めだからこそ旬のブラウンを選んで新鮮な印象を

メンズライクな黒のタートル×デニムコーデに、旬のブランカラーのロングジレとロングのパールネックレスを合わせることで女性らしいコーデに。ブラック×ブランのカラーコーデが新鮮でフレッシュな気分に。

デニムパンツ¥31,000/サザビーリーグ(マザー) ロングジレニット¥35,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(ロエフ) タートルネックニット¥14,500/シップス プライマリーネイビーレーベル(シップス プライマリーネイビーレーベル) ネックレス¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) バッグ¥32,000/コード(ヴァジック) 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■ロングカーディガン×ワンピースの「スパイス ブラウン」コーデ

ペールピンクの甘さを大人っぽく仕上げるには、淡いブラウンの羽織りものが一番

甘い印象のペールピンクのワンピース、よく見るとストライプのタック入りでシャープな印象もあるので、意外とオフィスでも通用するデザイン。そこに浅いトーンのブラウンカーディガンを羽織って、まろやかに着こなして。

カーディガン¥26,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ワンピース¥42,000/ニアー(ニアーニッポン) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ネックレス¥15,000/カレンソロジー青山(ソコ) バッグ¥58,000/エストネーション(ボルドリーニ) 靴¥45,000/ベイジュ(ピッピシック)

■リネンのロングシャツ×デニムパンツの「スパイス ブラウン」コーデ

ネイビーTシャツ&白デニムにブラウンのリネンロングシャツを羽織ってこなれた雰囲気に
Tシャツ×デニムの定番コーデも、いつもの白×ネイビーの配色を上下逆転させてネイビー×白にするだけでぐっとシックに女らしい印象に。そこにブラウンロングシャツをはおる人気のレイヤードスタイルで都会的で軽やかな雰囲気を漂わせて。

Tシャツ¥7,500/スリードッツ青山店(スリードッツ) ロングシャツ¥29,000/アパルトモン 青山店(リジエール) デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) バッグ¥522,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) ネックレス¥39,000/カオス丸の内(アフターシェイブクラブ) 靴¥33,000/ベイジュ(ピッピシック)

■ニットのアンサンブル×タイトスカートの「スパイス ブラウン」コーデ

コンパクトトップス×タイトスカートのIラインコーデならフラットサンダルでもバランスよし

今の時季に重宝するブラウンのツインニットに淡いベージュのタイトスカートと合わせてきれいにまとめつつ、カーディガンの肩がげアレンジとサンダルで今っぽい抜け感をプラスして最旬コーデに。

サンダル¥28,000/スタニングルアー 青山店(エーティーピー) スカート¥16,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ニット¥13,000・カーディガン¥15,000/TOMORROWLAND(ボールジィ) ピアス¥7,000/レリタージュ マルティニーク(エイム) バッグ¥53,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)

■ノースリーブカットソー×ワイドパンツの「スパイス ブラウン」コーデ

いつもモノトーンでまとめる大好きなボーダーもたまにはトレンドカラーのブラウンを差し込んで

いつもならボーダーカットソーにデニムやモノトーンのボトムを合わせるところを、トレンドのブラウンパンツを合わせて新鮮かつ最旬のコーデにブラッシュアップ。

バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) パンプス¥48,000/アマン(ペリーコ) カットソー¥9,500/ビショップ(オーシバル) パンツ¥16,000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) ピアス¥38,000/UTS PR(ルフェール) サングラス¥36,000/プロポデザイン(propo)

■Tシャツ×プリーツスカートの「スパイス ブラウン」コーデ

深みと女性らしさが加味された艶ありプリーツスカートでランチビュッフェへ

ボトムスの定番プリーツスカートをアラフォーが着るなら、なるべく艶のある細かいアコーディオンプリーツタイプを選んで。それならカジュアルなTシャツと合わせても華やかにドレスアップしてくれる。

Tシャツ¥7,900・スカート¥16,000(エムセブンデイズ)・ショルダートートバッグ¥6,852/マージュール(SHOP Marisol) シューズ・イヤリング/スタイリスト私物

■ノースリーブのカットソー×レーススカートの「スパイス ブラウン」コーデ

白より大人、黒より優しげ、ベージュより新鮮。いいことずくめの「茶」レースが最強!

シンプルすぎると地味に陥りがちな大人にとって、ほどほどの甘服は有効なアイテム。ただしデザインで盛るなら、色はシックにが大前提。甘さを抑え、トレンド力も抜群のブラウン系、さらに顔から遠いため着こなしのハードルが低いスカートがアラフォー世代の"最適"に。

スカート¥23,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ/ルージュ・ヴィフ) カットソー¥8,900/エイトン青山(エイトン) サングラス¥7,800/コモノ東京(コモノ) ピアス¥23,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バングル¥43,000/マユ アトリエ(マユ) バッグ¥138,000/ゲストリスト(ザンケッティ/ハウント代官山) 靴¥27,000/HAYASHIGO(オーリック)

■Tシャツ×デニムパンツの「スパイス ブラウン」コーデ

華やかさのあるオレンジブラウンでフレンチベーシックをアップデート
肌をヘルシーに見せてくれるテラコッタのTシャツはインディゴデニムとの相性が抜群。70年代風のフロントポケット付きフレアデニムやパールネックレス、かごバッグ、バレエシューズと、レトロっぽさを大人可愛く週末デニムコーデを楽しんで。

Tシャツ¥12,000/エイトン青山(エイトン) デニムパンツ¥24,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) ネックレス¥190,000/ミキモト(ミキモト) メガネ¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥19,800/エスストア(SEA) 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス)

What's New

Read More

Feature

Ranking