アラフォー女性たちが考える“精神的に満足感が得られる夜の営み”とは?【アンケート調査】

夜の営みによって精神的満足感が得られているアラフォー女性は約4割。精神的満足感が得られている人たちが意識していることは?
愛し合うカップル
版権:Dean Drobot/Shutterstock.com
一般的に、刺激や快感を求めて性生活をし続けると、いつかレスにななりやすいといわれています。精神的に満足感が得られる夜の営みができれば、レスを回避し、よりパートナーとの絆を深め、幸せでいられるはず(もちろん性生活がなくても幸せなカップルはたくさんいます!)。

では、そもそも精神的に満足感が得られる夜の営みとは?  

「相手から求められていることを感じるような、独りよがりではない夜の営み」(ココさん)
「優しく包み込まれるような感じで、気遣いや思いやりが感じられる」(saanaさん)
「大切にされていると感じられる」(チョコミントさん)
「お互いに喜ばせたい、気持ちよくさせたいいう気持ちが伝わってくる夜の営みが一番満足感が得られると思う」(リサさん)

お互いに相手を思いやる気持ちを持ち、その気持ちが伝わるような夜の営みができると、精神的満足感が得られようですね。

アラフォー女性たちは、夜の営をして精神的満足感はどのくらい得られているのでしょう?
夜の営みで精神的満足感が得られる?
「夜の営みで精神的に満足感が得られる?」という質問に「いつも得られる」が25%、「だいたい得られる」と回答したのが42%でした。定期的に夜の営みをしているアラフォー女性の約7割が精神的に満足感が得られていることがわかりました。

精神的に満足感が得られている人たちに、意識していることを教えていただきました!

「じっくり時間をかけて愛撫しあうようにしている」(クラちゃんさん)
「終わったあとのスキンシップタイムが大事。軽くハグされたり手を繋いで眠りにつくのが最大の癒し時間になって、精神的満足感が得られる」(かのすけさん)
「相手への思いやりを感じる触れ合いをする」(rikaさん)
「体の触れ合いも大切だけど、最中に『好き』ということを言葉でも伝える」(にゃんさん)
「単なる行為ではなく精神的な結びつきが大事。結びつきをより強めることを意識しながら、コミュニケーションを大切にしている」(Laraさん)

体の触れ合い、コミュニケーションを大事にしているという声が多数ありました。

精神的満足が得られる夜の営みをするには、気持ちの歩み寄りと、行為以外のスキンシップも重要であることが見えてきましたね。

外国人と比べて驚くほどスキンシップが少ないといわれる日本人カップル。
最後に、パートナーとよくする体の触れ合いについて聞いてみました!
夜の営み以外でするパートナーとの体の触れ合いは?
一番多かったスキンシップが「手をつなぐ」でした。

でも、手をつなぐカップルですら5人に1人しかいない……アラフォー女性たちは日頃のパートナーとの触れ合いがとても少ないようです。

これからは、意識してパートナーとのスキンシップを増やしてみては?
Text by :Yuko Aoki

▼あわせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking