フォーマルだけど堅すぎない服が欲しいならこのブランド!【アラフォーが行くべきブランド最新版】

【サードマガジン】【ヴェルメイユ パー イエナ】スタイリストの石毛さんが、大人にこそおすすめしたいアイテムがそろう最旬ブランドをピックアップ⑧

高くてもいい服を見つけたい問題 を解決!"ちょっと値段は高めでも、そこに価値があればいい"。ライフスタイルの変化に伴い、もの選びの目線もますますシビアに。

スタイリスト 石毛のりえ

スタイリスト 石毛のりえ

大人の遊び心やリラックス感を上手に盛り込んだ、キレのあるきれいめスタイリングに定評あり。ベーシックなのに無難にならず、エッジがきいているのに清潔感があるアイテム選びも必見!

きれいめトップスとレースアイテムならココ。甘さがちょうどいい
THIRD MAGAZINE 【サードマガジン】

<印象的だけどヒールを合わせてドレスアップ、スニーカーを合わせてデイリーにと、アレンジしやすい服が豊富にそろいます。ディテールはどれも女らしく、特別な日のおめかし気分を盛り上げてくれるはず>

アラフォーが行くべきブランド最新版8_1

レースこそ良し悪しが出やすいので、大人的には投資のしどころ。繊細な模様としなやかな質感なら間違いなし。シックになりがちなネイビーレースも、インナースカートが短めで足もとが透けて見えるから軽快な印象に。スカート¥65,000/サードマガジン

アラフォーが行くべきブランド最新版8_2

 胸もとのたっぷりとしたフリル使いが衣装的なブラウスは、テレカン映えも確実。クラシカルな女っぽさと、きちんとシーンにもハマるクラス感が共存。ブラウス¥31,000(エヴァ マン)/サードマガジン

アラフォーが行くべきブランド最新版8_3

とろみのある質感がエレガントなシルクブラウス。スタンドカラーと前身頃が重なるミニマルデザインに、淡ピンクで温かみをオン。ブラウス¥30,000/サードマガジン

アラフォーが行くべきブランド最新版8_4

赤み系ベージュのスエードスカートは、後ろから前へとラップ風に重ねたデザイン。歩くたびに両サイドにスリットが入り、足さばきもいい。スカート¥58,000/サードマガジン



ブラウス類も上手。 ジャケットのインなどひとクセ欲しい時に

VERMEIL par iéna 【ヴェルメイユ パー イエナ】

<幅広いシーンで頼れるフレンチシックをベースとした大人の可愛げをかなえる一枚に出会える。モノトーン使いも秀逸でひとつひとつは端正ながら、着こなすことで今っぽく見せるラインナップがさすがです>

アラフォーが行くべきブランド最新版8_5

ハリのある素材とタック使いでボリュームシルエットを実現。リネン混だから今から夏まで大活躍。スカート¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店

アラフォーが行くべきブランド最新版8_6

ドット柄のバンドカラーブラウスに同素材のスカーフをボウタイにしたら、クラシカルムード満点。ブラウス¥28,000・スカーフ¥8,800(以上ヴェルメイユ パーイエナ)/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店

アラフォーが行くべきブランド最新版8_7

リブ感もちょうどいいスローンで人気の定番ニット。優しげなベージュを別注オーダー。コンパクトなサイズ感でスカートにもパンツにも合う。ニット¥26,000(スローン)/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店

アラフォーが行くべきブランド最新版8_8

ワイドシルエットと深めなアノラック型で、スポーティすぎないナイロンブルゾン。すそのドロストコードをキュッと絞れば、より立体的なフォルムに。ブルゾン¥27,000(ボート メイク ニュー クローズ)/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店

【Marisol3月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 取材・文/塚田有紀子 

What's New

Read More

Feature

Ranking