気持ちがアガる、粉ものレシピ「サワークリームビスケット」【若山曜子さんの休日モーニングレシピ】

自宅にいながら旅気分や外食気分を味わえるごはんを楽しめたら、しゃれてるし、うれしい!気分をちょっぴりアゲてくれる朝食レシピを、人気料理研究家の若山曜子さんに教わりました。
若山曜子

若山曜子

料理・菓子研究家。東京外国語大学フランス語学科卒業後、パリへ留学。現地のパティスリーやレストランで研鑽を積む。近著は『おいしい理由がつまってる わたしの好きな10のお菓子』(文化出版局)。
https://tavechao.com/

Q.気持ちがアガる、粉ものレシピは?

A. サワークリームビスケット

バターも生クリームも使わないビスケット。サワークリームと卵を多めに加えるので、ふわっと軽やかな口当たり。甘さ控えめなので、お好みのジャムをつけて。

Q.気持ちがアガる、粉ものレシピは?  A. サワークリームビスケット

材料(約6個分)
サワークリーム 90g
卵 1 個(50g)   

A
薄力粉 120g

ベーキングパウダー 小さじ1

きび砂糖 大さじ1と1/2


打ち粉 適量

◆作り方

❶オーブンは予熱で190℃に温めておく。

❷卵を溶き、生地の表面に塗る用に大さじ1 を取り分ける。ボウルにサワークリームを入れ、残りの溶き卵を加え、泡立て器でよく混ぜる。Aの粉類をふるって加え、ゴムべらで混ぜてひとまとめにする。
❸クッキングペーパーの上に打ち粉をし、②の生地を約2㎝厚さに伸ばす。包丁で6等分に切り分け、表面に残しておいた溶き卵を塗って、オーブンで15分焼く。

【Marisol5月号2021年掲載】撮影/加藤新作 スタイリスト/曲田有子 取材・文/広沢幸乃

2022年04月25日発売

Feature 編集部のおすすめ記事