花柄・ボーダー・ドットなど。春コーデを華やかにする柄アイテムコーデ20選

2018年3月26日
花柄やボーダー、ドット柄アイテムを取り入れたコーディネートをご紹介。柄アイテムを女性らしく上品に着こなして。
ドット柄ワンピースコーデ

1/20

ボーダー柄×デニムコーデ

2/20

ジャケット×ボーダートップス×白ガウチョパンツコーデ

3/20

ボーダートップス×スニーカーコーデ

4/20

フレンチムードなドット柄ブラウスコーデ

5/20

紺ブレ×白ワイドパンツコーデ

6/20

ブラウンカーディガン×柄パンツコーデ

7/20

ボーダーニット×マキシスカートコーデ

8/20

ボーダー×デニムコーデ

9/20

ベージュジャケット×柄スカートコーデ

10/20

ネイビードット柄シャツ×デニムコーデ

11/20

トレンチコート×柄スカートコーデ

12/20

ジャケット×花柄ワンピースコーデ

13/20

ベージュニット×柄スカートコーデ

14/20

トレンチコート×柄スカートコーデ

15/20

フラワープリントスカート×メッシュスリッパ

16/20

ライダースジャケット×マキシスカートコーデ

17/20

ガウントレンチコート×プリントスカートコーデ

18/20

白のフリルブラウス×辛口ブラックデニムコーデ

19/20

花柄ワンピース×スニーカーコーデ

20/20

ドット柄のフレンチ気分はそのままにカーデやトレンカで着崩しテクを身に着けて

今年の春はロングワンピースにトレンカの流れがきているらしい♡肌色ストッキングは苦手だし、かといってタイツの季節じゃなくなるし……というこの時期にぴったりのアイテム復活に心踊りそう。

2面性のあるボーダートップスにレモンイエローのさし色で爽やかさを

どちらをフロントにしても着られる両A面タイプで、スタイリングに応じてアレンジできる、その2面性が魅力♡ゆるやかなラウンドネックと横に広いフェミニンなVあきが両方楽しめるトップスが主役のコーデ。

今季も使える白ガウチョで新鮮マリンスタイルの春めきお仕事コーデ

リラックス感のあるガウチョパンツには、ややモード感のあるピークドラペル(=上向きにとがった下襟)のジャケット×ボーダーのクールなコンビを合わせて、可愛らしさをオフィス仕様へと昇華して。

ボーダートップス×スニーカーコーデ

脱ぎ着しやすい楽ちんコーデでありながら、おしゃれなカフェでも過ごせる大人のスポーティコーデ。アラフォーなら太ボーダーより細ボーダーを選ぶほうが着回しやすい♡

フレンチムードなドット柄ブラウス×白パンツコーデ

フランス女優が着ていたようなレトロなドット柄が、この春続々登場!主役感たっぷりのブラウスをモノトーンでシックに着こなして。

スカート見えする白ワイドパンツで上品アクティブなフレンチシックに

少量でも効かせる「中玉」ブラウスで、紺ブレ×白パンツの王道コーデをアレンジしてみる。可愛いのに楽ちんなバレエシューズは黒を選べば、大人のフレンチ気分を後押ししてくれそう。

シンプルなワンツーコーデも柄パンツでマンネリ打破!

存在感のある柄は、なるべく顔から離れたボトムスに持ってくるのが正解。しかもそのアイテム一つだけでもインパクトがあるので、他のアイテムはシンプルでも上級スタイリングが完成!

ブラウンのマキシスカートさえあれば今年のトレンドも思いのままに

レッドが効いたボーダーニットをマキシスカートに合わせて、春のトレンドキーワード“ヴィンテージライク”な着こなしに挑戦してみて。

春ベージュなボーダーを合わせた大人デニムコーデ

春らしいベージュ×白のボーダーにちょっぴりエッジのきいた上質小物を合わせれば小粋な感じに。さらに、ゆるストレートのロールアップデニムの今どき感を。

ベージュジャケット×柄スカートコーデ

トーンを柔らかなベージュで揃えたコーデなら、辛口アイテムのライダースも上品に。オレンジのさし色が可愛いベージュベースの洗練アフリカン柄スカートで旬のニュアンスを投入して。

ドレスライクなブラウスはヴィンテージを意識して着こなして

ネイビーベースのドットプリントが、この春あちこちのブランドから登場しているけれど、ブラウス自体にすでに甘さがあるので、ここはデニムやラタンバッグといったヴィンテージ感を意識して。

華やか柄スカートにはトレンチコートで抜け感を

ジャカード織の柄スカートを主役にしたフェミニンなコーディネートを、ベージュトレンチのもつ「きちんと感」でより上品なムードに導いてみる。

小物使いとベージュトーンが、花柄の甘さを大人っぽく、リッチに昇華させて

ベージュのスエード素材がリュクスな存在感を放つジャケットに、今季注目のきれい色花柄ワンピースをイン。小物をベージュで統一して花柄をより印象深く仕上げてみて。

シンプルなワンツーコーデにトロピカル柄をプラス

カフェオレ色のニットとスカートでシンプルなワンツーコーデを楽しんで。トロピカル柄とイメージが合いそうなかごバッグや、白のローファースリッパなど、旬度の高い小物を投入して遊び心たっぷりに。

トレンチコートを合わせて華やかなスカートをコンサバになじませて

華やかなボタニカルプリントスカート以外はシンプルに!柄の存在感を引き立てて、40代にふさわしいノーブルな印象を

フラワープリントスカート×メッシュスリッパ

鮮やかなブルーにイエローのフラワーが散った、華やかなラップスカート。女度の高いフラワープリントにあえてスリッパで抜け感を。

ライダースジャケット×マキシスカート

今シーズンらしさ満点の、シックなパープルベースのインド風プリントが映えるマキシスカート。まずはオーセンティックなライダースでさらっと取り入れたい。レザー素材のリッチ感や白小物で、カジュアルな魅力を大人っぽくアップデート。

注目のプリントスカートと合わせて、春のトレンドを女らしく先取り

ガウントレンチの女らしいフォルムを生かして、直球のフェミニンなコーディネートを。インに着たトップスは白ニット。あえて重い色を使わず、全体を明るいトーンでまとめたのも女っぷりアップのポイント。かごや白いスリッパサンダルなど、小物で季節感を先取りし、おしゃれテンションを上げて。

ビッグシルエットのトレンチでおしゃれの楽しさを再認識

「このコート、最初は着こなすのがむずかしいかなと思ったのですが、これがあれば手持ち服が生まれ変わる! と確信して、購入を決意。自分のひらめきを信じて大正解でした(笑)。ショルダー+トートの2個持ちで、抜け感を出すのがコツ。」(モデル・五明祐子)

白スニーカーでもレザー素材をチョイスすればきれいめに履きこなせる

カジュアルな印象の花柄ワンピースは知的な印象を与えるテーラードジャケットでオフィスでも馴染むほんのりトラッドな雰囲気に。
■2018年の春トレンドもチェック

What's New

Feature

Ranking