働くアラフォーの置きっぱなしポーチの中身。オフィスにどんなコスメ置いてるの?

2018年6月5日
お直し、会社でフルメイク、夜勤お泊り用まで、目的もアイテムも多彩。オフィスに「置きっぱなしのポーチの中身」を徹底取材!
客室乗務員 働く女性の置きっぱなしポーチの中身

1/8

大学職員 働く女性の置きっぱなしポーチの中身

2/8

ファッションディレクター 働く女性の置きっぱなしポーチの中身

3/8

医師 働く女性の置きっぱなしポーチの中身

4/8

セルヴォーク・エッフェオーガニックディレクター 働く女性の置きっぱなしポーチの中身

5/8

PearL アートディレクター 働く女性の置きっぱなしポーチの中身

6/8

ユナイテッドアローズ アストラット PR 働く女性の置きっぱなしポーチの中身

7/8

メイクアップアーティスト 働く女性の置きっぱなしポーチの中身

8/8

客室乗務員 絹笠美月さん

機内では完璧なヘアとメイクでサービスを行う客室乗務員。メイクはほぼ仕上げた状態で出勤し、制服に着替える際に髪をまとめるのだそう。「メイクアイテムは長時間のフライトでも肌に負担がかからないよう、ミネラル系を選んでいます。薄暗い機内では顔色が悪く見えがちなので、最後にハイライトやチークをプラス。あとはまとめ髪グッズを充実させているのが特徴です」

大学職員 遠藤紀子さん

百貨店コスメとプチプラものがバランスよく入った遠藤さんの置きっぱなしポーチ。「アイテム選びのポイントは、重ねてもキレイになじむもの、さらに多機能なもの。例えば、大好きなルナソルのパレットは目もとだけでなく眉まで直せちゃう万能カラー。一番のお気に入りはイプサのお直しマスカラ。まばらになったまつ毛のカール&ツヤ感が一瞬で復活。隠れた名品です」

ファッションディレクター 二ノ宮和佳子さん

マリメッコのポーチから取り出されたのは厳選された9アイテム。「基本、メイク直しはランチ後の1回程度。帰りぎわは、たいてい子供のお迎えの時間が迫っていてバタバタしているので、レタッチしないことが多いです。急な撮影対策のネイルやクリームは常備。必ず一度は直すのはリップですね。昔と違って口もとに色がないと、疲れ顔に見られてしまうので!」

医師 佐原由華子さん

「院内ではマスクをしているため、勤務中はファンデーションを塗らないのが基本。M・A・Cの下地とミネラルパウダー、ディオールのティントリップでほのかに血色を足す程度です」と佐原さん。あらゆるクリニックに勤務し、当直もこなす。「当直セットはコンパクトに。もともと敏感肌なうえに睡眠不足でゆらぎがちなので、ラ ロッシュ ポゼを使っています」

セルヴォーク・エッフェオーガニックディレクター 田上陽子さん

仕事柄さまざまなコスメを試さなくてはならない田上さん。「それもあって、自宅を出る時点では2割くらいまで、残りを会社でメイクすることがほとんどです」。そして結局手が伸びるのは自身のブランド、セルヴォークのアイテム。「会社メイクはだいたい5分くらい。そのうちの半分以上が眉をやってるかも(笑)。日々いかに眉をラフに描けるかが課題で。リキッドとペンシルで毛のないところを描き、パウダーでフォルムを補整。ここ最近はずっとピンク系のニュアンス眉がブーム」

PearL アートディレクター CHIEさん

CHIEさんのポーチには、ヘアスタイリストさんらしい髪にまつわるアイテムが勢ぞろい。
「朝、家を出る段階で仕事モードをオンにするようにしているので、メイクもヘアも自宅で最後まで仕上げるのが基本です」。雑誌の撮影や長時間に及ぶサロンワークの中で、お直しできるのはほんのわずかな時間。「いかにも"直してきました!"というふうにならないよう、髪も顔もさりげなく修正するのがポイント。ヘアアイテムは髪だけでなく肌にも使えるものをチョイスするようにしています」

ユナイテッドアローズ アストラット PR水口絢詠さん

とにかく香りに関するアイテムが充実している水口さんの置きっぱなしポーチ。「プレスルームで皆さんをお迎えする際に、私がお昼に食べたランチのにおいがしてしまったりしては台なしなので(笑)。強すぎず心地よい香りをと思い、ファブリックミストやヘアミストなどでリフレッシュするようにしています。サンプルを着ることも多いので、ハンドクリームやボディクリームは肌にベタつきが残らないものを選ぶのが鉄則です」。メイクアイテムは、マットリップと眉もの。「ふだんからリップはマットのみ! 肌直しはほとんどしませんが、眉はローラ メルシエのポマードタイプで1日1回は眉じりを描き足しています」

メイクアップアーティスト レイナさん

プロの信頼を得るアルティザン&アーティストのバニティポーチには、厳選されたコスメがラインナップ。「持ち歩きポーチとの違いは"土台を直せるもの"が入っている点。週末のサロンワーク中は、鏡に囲まれながらも自分のメイクは直せない……というつらい状態。そのためレッスン前に肌印象をフレッシュに蘇らせるお直しをサッと行います。一番長く愛用しているのはTHREE。左のハイライトを目と目の間や目じりの下、下唇の下など顔の影の部分に入れると表情が明るくなります。最近話題なのはビナーレトレーナー。目もとに1分間当てるだけで、明らかなリフトアップ効果が! みんな使うと驚きますよ」

■その他の最新ビューティー情報もチェック

What's New

Feature

Ranking