ローファーコーデ20選。春夏コーデにローファーのメンズっぽさと風格を上手に取り入れて

2018年6月9日
ローファーに合うコーディネートをご紹介。上品で女らしい着こなしにメンズライクなローファーをプラスして、春夏のマンネリコーデを一新して。
レトロな開襟シャツ×グリーンのスカートコーデ

1/20

ストライブシャツ×ローファーコーデ

2/20

きれいめタイトスカート×ローファーコーデ

3/20

ガウチョパンツ×ローファーコーデ

4/20

スポーティブルゾン×ローファーコーデ

5/20

鮮やかなパープルシャツ×ローファーコーデ

6/20

チェック柄パンツ×ローファーコーデ

7/20

デニム×ローファーコーデ

8/20

シャツワンピース×ローファーコーデ

9/20

ボーダーカットソー×ローファーコーデ

10/20

グリーンパンツ×黒ローファーコーデ

11/20

イエロースカート×白ローファーコーデ

12/20

水色のプリーツスカート×白ローファーコーデ

13/20

ネイビーマリンワイドパンツ×白ローファーコーデ

14/20

ハイウエストパンツ×厚底ローファーコーデ

15/20

シンプルなデニム×シルバーローファーコーデ

16/20

テーパードパンツ×ローファーコーデ

17/20

太めのストライプシャツ×白ローファーコーデ

18/20

ワンピース×シルバーローファーコーデ

19/20

ベージュのワントーン×バイカラーローファーコーデ

20/20

レトロな雰囲気が漂う鎖骨の見える開襟シャツが実はいま復活の兆し!

ちょっと懐かしい開襟シャツを主役にしたリラックスコーデに。ポロシャツライクなスポーティさもある一枚を、グリーンのスカートでヘルシーに。大人っぽさは上質なアクセをプラスすることで、逆に今どき感のある楽観的コーデへと変身!

ストライブシャツ×ローファーコーデ

ボディラインが目立たないバギーや、華奢さを演出できそうなバングルを合わせつつ、爽やかなサックスブルーのストライプシャツを選べば、清潔感たっぷりなお仕事スタイルに!

きれいめタイトスカート×ローファーコーデ

すっぴんでもくすませないレフ板効果の白パーカコーデ。むやみに明るいさし色を加えるより、白と潔くコーディネートするほうが即効性がありそう。オフィスには、きれいめのタイトスカートを合わせて。

ガウチョパンツ×ローファーコーデ

トレンド感と体型カバーが両立したフレアスカート見えするガウチョパンツがオフィスで使える!スカートよりアクティブ、細身パンツよりもフェミニンなスタイルをかなえてくれるので、どこにでも着ていけそう。

スポーティブルゾン×ローファーコーデ

定番ボーダーはシックな黒にシフトしてみる。そこに合わせるワイドパンツをも黒にすると全体的に重たくなってしまうので、春夏なら絶対に白をチョイスして。小物には小粋なシルバー小物を。

鮮やかなパープルシャツ×ローファーコーデ

シャツ+デニムに男靴という鉄板スタイルだからこそ、鮮やかなパープルが上品に見える! トップスにきれい色をもってくるのは、印象が強くなるぶん意外とむずかしいけれど、トラッドコーデならば実は簡単。しかも色の新しさで定番スタイルが新鮮にアップデートされる。

チェック柄パンツ×ローファーコーデ

気分がパッと明るくなるような元気色マスタードイエローなら、どんなボトムスとも相性抜群。特に旬のチェック柄パンツはフロントに入ったドレープで洗練の印象を約束してくれる。ちらりとデコルテを覗かせて気持ちも開放的に♡

マンネリしがちなデニムコーデはマスタードイエローを投入

小物を買い足すならブラウンをチョイス。着慣れたいつものコーデもちょっと新鮮に映りそう♡ 茶のローファーなら流行と定番のどちらもかなう。

シャツワンピース×ローファーコーデ

白コーデにはシャツワンピが重宝!デニムにキャミだけだと身体のラインが出すぎるので、膝下まですっぽり隠せるシャツワンピはまさに40代に使える一枚。ほんのり垂れぎみのお尻を手っ取り早く隠すのがアラフォーのたしなみ。

ボーダーカットソー×ローファーコーデ

ボーダーカットソーにエクリュカラーのサーキュラースカートという鉄板。バランスがイメージしやすく、配色を悩まなくていいから慌しい日に最適。ビッグシルエットの一枚をボリュームのあるスカートにすっきりとインするのがカギ。

グリーンパンツ×黒ローファーコーデ

おしゃれ上級者ならトレンドカラーをパンツでチョイス。色鮮やかでも、基本的に寒色系だから大人スタイルになじみやすいケリーグリーン。ほかを黒でシックにまとめ、カジュアルに仕上げることで洗練された印象に。

イエロースカート×白ローファーコーデ

相性のいいベージュとイエローに、白をはさんでさわやかさアップ。相性がよくトライしやすいのがマスタードイエロー×ベージュの組み合わせ。秋っぽく見えないよう、白Tシャツや白小物で春らしいさわやかさを意識的に足して。

水色のプリーツスカート×白ローファーコーデ

涼やかに揺れる水色のプリーツをパーカでカジュアルダウンさせて。涼しげな水色×グレーは、日射しがまぶしさを増すこれからの時期にこそ映える配色。フェミニンなプリーツスカートを、今季再注目中のパーカで旬のスポーティなムードにシフトさせて。子供っぽくならないよう、小物は小さめバッグやマニッシュなスリッパで、上品に。

ネイビーマリンワイドパンツ×白ローファーコーデ

カジュアルネイビーをスポーティなだけに終わらせない、マリンパンツの女っぷりに注目!コットンナイロンのブルゾンにクリーンな白をさした、軽快で春らしいスポーティスタイル。そこに一点、美シルエットのマリンワイドパンツを投入することで、メリハリのある女らしい着こなしに。

ハイウエストパンツ×厚底ローファーコーデ

定番の黒×グレー配色はシルエットや小物を思いっきりトレンド側に寄せるのがしゃれて見せるコツ。ハイウエストのパンツで脚長シルエットをつくったら、厚底シューズとハットでさらに縦長に、スタイルよく着こなして。

シンプルなデニム×シルバーローファーコーデ

細見え効果抜群のリブニットにエアリーなストールを巻くテクはおすすめ。というのも、ボリューム感のメリハリをきわだたせ、全身をすっきり立体的に見せるテクニックのひとつ。

テーパードパンツ×ローファーコーデ

トレンド力も高いテラコッタ色の細身テーパードパンツコーデ。すそに向かって細くなったシルエットで、すっきり見えがかなう万能の一本。フロントホックつきで、トップスをインしてもアウトしてもきれいに決まる。

太めのストライプシャツ×白ローファーコーデ

立ったり、座ったり、動いてばかりの一日。とろみタックパンツなら、きれい見えしながら、実ははき心地も快適!という優秀さ。太めのストライプシャツに黒カーデを肩がけして重心を上にすれば、フラット靴でもバランスよく見える効果も。白ローファーで涼感もプラス。

ワンピース×シルバーローファーコーデ

ドライブ服にはゆったりしたドレスシャツをセレクト。ボリュームがあるぶん、バッグは小ぶりで女らしいプラム色のショルダーにしてみよう。シルバーのローファーで抜け感とスパイスをきかせて。

ベージュのワントーン×バイカラーローファーコーデ

全身をベージュ系でまとめてフェミニンなトラッドスタイルに。まずはローファーでチノパン本来のボーイッシュな雰囲気を楽しんでみる。ゆるっと着たシャツと、優しげなベージュ系のワントーンで、さりげなく女らしさを薫らせて。デコルテ、手首、足首、とさりげなく肌を見せた着こなしテクも、抜け感をつくる大事なポイント。

■2018年の春夏トレンドもチェック

What's New

Feature

Ranking