柄トップスコーデ15選。大人っぽく着られる色やデザインにこだわって

2018年6月23日
柄トップスに似合うコーディネートをご紹介。2018年春夏は、おしゃれ好き&買い物好きの目利きたちがこぞって買ったのが柄トップス。上品で女らしいコーデを参考にして。
メンズライクなバンドカラーシャツ×デニムコーデ

1/15

シックな色合いのチェック柄×パンツコーデ

2/15

ストライプ柄ブラウス×グリーンのパンツコーデ

3/15

華やか柄トップス×デニムコーデ

4/15

ストライプシャツ×バギーパンツコーデ

5/15

ボーダー×白レーススカートコーデ

6/15

柄ロングシャツ×パンツコーデ

7/15

ボーダートップス×黄色スカートコーデ

8/15

ボーダーカットソー×スカートコーデ

9/15

袖あり柄ワンピース×デニムコーデ

10/15

ボーダートップス×ハイウエストワイドパンツコーデ

11/15

ボーダー×デニムコーデ

12/15

ピンクシャツ×デニムコーデ

13/15

ストライプシャツ×ワイドパンツコーデ

14/15

ボーダートップス×ピンクスカートコーデ

15/15

メンズライクなバンドカラーシャツ×デニムコーデ

シャツ×デニムというシンプルなコーディネートも、旬アイテムの組み合わせならこんなに斬新。シャツ×デニムを私なりにコーディネート。足もとにヌーディなフラットサンダルを加え、女度を上げて。

シックな色合いのチェック柄×パンツコーデ

オフィスではフレアスリーブとヒップが隠れる長め丈のオーバーブラウスに、細めのパンツですっきりとした印象に。しかもこのコーデ、実は上下ともにウォッシャブルなので、会社のあとのお稽古帰りが汗だくであろうとも全部すっきり洗えるのが嬉しい♡

ストライプ柄ブラウス×グリーンのパンツコーデ

季節外れの風邪をひいてしまった時にはデザイン的にもさりげなくノドをいたわってくれるボウタイブラウスがおすすめ。風水ではグリーンは健康運をあげてくれるし、しかも今季の流行色なので、着こなしが一辺倒になりがちなオフィスでも一目置かれるはず。

華やか柄トップス×デニムコーデ

アラフォーが大人ピンクを着こなすなら、エスニック柄などの辛めを選ぶのが正解!足元は、ビーサンではなくビジューサンダルで艶のある女性を演出して。

ストライプシャツ×バギーパンツコーデ

ボディラインが目立たないバギーや、華奢さを演出できそうなバングルを合わせつつ、爽やかなサックスブルーのストライプシャツを選べば、清潔感たっぷりなお仕事スタイルに!

ボーダー×白レーススカートコーデ

ブルー×ネイビーにすることで、都会的な印象を目指して。ボーダーカットソーとレーススカートの組み合わせのなかにも、真面目さを印象づけるためにもシックなネイビー配色を心がけて。

柄ロングシャツ×パンツコーデ

ロングカーデよりもロングシャツにすることで、シャキっとトレンド性の高いレイヤードスタイルに。シャツのボタンを全開にして、白トップスとワイドパンツのカジュアルコーデにオン。足もとはあえてスリッパサンダルでリラックス。トップスはインにして脚長バランスをキープして。

ブラウングラデで作る大人ボーダーでラフに楽しんで

少しくすんだイエローだから、ブラウンのボーダーやキャメルのパンプスはグラデーションの一部。なじませるだけなので、カラーリングも意外と簡単にトライできる。

ボーダーカットソー×スカートコーデ

ボーダーカットソーにエクリュカラーのサーキュラースカートという鉄板。バランスがイメージしやすく、配色を悩まなくていいから慌しい日に最適。ビッグシルエットの一枚をボリュームのあるスカートにすっきりとインするのがカギ。

袖あり柄ワンピース×デニムコーデ

デニム&小物の力でタウンモードにシフト。今シーズン注目のリゾート気分たっぷりのエスニック柄ワンピースは、いかに都会的な要素とツヤのある女らしさをプラスしていくかがおしゃれ見えのカギ。くるぶしが見える短め丈のフリンジデニムに、ゴールドのヒールサンダルときれいめレザーバッグがその答え。

ボーダートップス×ハイウエストワイドパンツコーデ

いつものボーダートップスにはウエストを高めにマークしてトレンドバランスを手に入れて。フロントタックのおかげで、はくと立体的なシルエットで脚のラインを拾いにくいハイウエストパンツなら女らしく着こなせそう。

春ベージュなボーダーを合わせた大人デニムコーデ

春らしいベージュ×白のボーダーにちょっぴりエッジのきいた上質小物を合わせれば小粋な感じに。さらに、ゆるストレートのロールアップデニムの今どき感を。

ストライブシャツ×パンツコーデ

カチッとした印象になりがちなストライプシャツを、ドロップショルダーやスタンドカラーで女っぽい印象に導いて。白を重ねたワントーンコーデでさわやかに着こなしたい。オフィス映えも抜群。

ボタンを上まで閉めてミニマルに着るノーカラーが新鮮

ストライプシャツにワイドパンツを合わせた鉄板コーデも、シャツをノーカラーにすることで更新感がアップ。ドロップショルダーの大きめなシルエットをインすることで、女っぷりが香る。

着るだけで気分のあがる大人ピンクを主役に

デニム素材のクラッチやゴールドのフラットシューズなど、こなれた小物で、華やかさを忘れずに。

■2018年の夏トレンドもチェック

What's New

Feature

Ranking