今季の旬カラー"グリーン"アイテムコーデ15選。ベーシックアイテムと合わせて上品に仕上げて

2018年7月29日
この春夏の注目色「グリーン」のアイテムを取り入れたコーディネートを集めました。トップスやスカート、パンツにグリーンを取り入れて、大人の旬コーデを完成させて。
とろみブラウス×グリーンスカートコーデ

1/15

黒のカーディガン×グリーンスカートコーデ

2/15

グリーンのチェック柄ブラウス×パンツコーデ

3/15

レトロな開襟シャツ×グリーンスカートコーデ

4/15

グリーントップス×ベージュスカートコーデ

5/15

リブカットソー×グリーンスカートコーデ

6/15

ライトグレーニット×グリーンスカートコーデ

7/15

シンプルな白Tシャツ×グリーンスカートコーデ

8/15

ベージュシャツ×グリーンスカートコーデ

9/15

グリーントップス×パンツコーデ

10/15

シャツ×グリーンのミディ丈スカートコーデ

11/15

黒Tシャツ×グリーンパンツコーデ

12/15

紺ブレ××白パンツにはグリーントップスを合わせて

13/15

甘さのないグリーンスカートは、ブラウン小物で上品に

14/15

グリーンニット×アイボリーのマリンパンツコーデ

15/15

とろみブラウス×グリーンスカートコーデ

暑い日が続くとコーディネートを考える気力まで溶けてしまいそうになるけれど、そんなときは、ほんのり透け感のある素材を使ったシンプルなブラウスがおすすめ。鮮やかなグリーンのスカートは今年のトレンド。袖フレアとろみブラウスで人とはかぶらないコーディネートを。

黒のカーディガン×グリーンスカートコーデ

さらっとドライなカーディガンは、暑い日に一枚で着ても快適。夏の黒×ジュエリーカラーのスカートが重く見えないよう、シルバーのクラッチや真っ白レザーのコンバースで、軽やかな印象に仕上げて。

グリーンのチェック柄ブラウス×パンツコーデ

オフィスではフレアスリーブとヒップが隠れる長め丈のオーバーブラウスに、細めのパンツですっきりとした印象に。しかもこのコーデ、実は上下ともにウォッシャブルなので、会社のあとのお稽古帰りが汗だくであろうとも全部すっきり洗えるのが嬉しい♡

レトロな開襟シャツ×グリーンスカートコーデ

ちょっと懐かしい開襟シャツを主役にしたリラックスコーデに。ポロシャツライクなスポーティさもある一枚を、グリーンのスカートでヘルシーに。大人っぽさは上質なアクセをプラスすることで、逆に今どき感のある楽観的コーデへと変身!

グリーントップス×ベージュスカートコーデ

今年のトレンドカラーであるグリーン、特に鮮やかな発色のケリーグリーンはネイビーやベージュといったベーシックカラーとの相性抜群。オフィスには一瞬派手すぎるかなと躊躇したけれど、いつものワンツーコーデが新鮮に感じられ予想以上に合わせやすく大活躍。

リブカットソー×グリーンスカートコーデ

リネン素材独特のシャリ感と微光沢な発色で、上品にトレンドカラーを取り入れて。スカートは幅広のウエストゴムがデザインも兼ねていて、トップスインして着られるのに快適な着心地というのがうれしい。

ライトグレーニット×グリーンスカートコーデ

蛍光味を帯びたケリーグリーンのアコーディオンプリーツを主役にした元気コーデで。スカートと同じグリーンが入ったチェックストールで遊びつつ、白小物で軽やかさをプラスするのがアラフォー流のカジュアルコーデ。

シンプルな白Tシャツ×グリーンスカートコーデ

一枚で印象が変わる旬スカートに、この夏いちばん合わせたいのは何と言っても清潔感のある白!スニーカーではなくパンプス合わせで、パールも加えてきれいめ仕上げに。

ベージュシャツ×グリーンスカートコーデ

トレンドの濃いめのアースカラーでまとめた都会のサファリコーデはエッジィな小物がアクセントに。ハリのあるベージュのシャツに濃いグリーンのスカートで、女らしいのにどこかハンサムな着こなしを目ざして。

グリーントップス×パンツコーデ

トップスの裾をギュッとタイトにインすると古い印象に。パンツの上に少しかぶせるのがポイント!トップスをインしてパンツのウエスト位置を合わせたら、すそを少しだけ引っぱり出して、おなかまわりにふくらみを。これだけでぐっとこなれてあかぬけた印象に。

シャツ×グリーンのミディ丈スカートコーデ

ある意味中途半端な丈感だけに、バランスに気を配りたいミディ丈スカート。トップスをウエストインすることで上半身がコンパクトに見え、自然とグッドバランスに。ウエストインが苦手、という人もこんなハイウエストのギャザータイプならおなかがカバーできトライしやすいはず。

黒Tシャツ×グリーンパンツコーデ

色鮮やかでも、基本的に寒色系だから大人スタイルになじみやすいケリーグリーン。ほかを黒でシックにまとめ、カジュアルに仕上げることで洗練された印象に。

紺ブレ××白パンツにはグリーントップスを合わせて

いつだって頼りになるのが紺ブレの清潔感。今シーズンのジャケットはダブルのブレザータイプを。カジュアルにも着回しやすいからオンにもオフにも活躍。そして、濃色が多くなる仕事服にこそ白パンツを投入。今までのトップスやアウターが見違えるはず。

甘さのないグリーンスカートは、ブラウン小物で上品に

グリーンも今季の旬カラー。きれい色ならではの華がありつつ落ち着きもあるので、アラフォー世代におすすめです。同じくトレンドのブラウン小物を合わせ、全体をシックにまとめて。

グリーンニット×アイボリーのマリンパンツコーデ

明るいグリーンはトレンドのエスニックテイストと相性抜群。ゴールドのミュールやアクセサリー、かごバッグをきかせれば、ひと足早く夏気分に。そこにデニムではなく、きれいめなアイボリーのマリンパンツを合わせるのが、ただのカジュアルにとどまらない女っぷりアップのポイント。

■2018年の夏トレンドもチェック

What's New

Feature

Ranking