夏のワイドパンツコーデ20選。ワイドパンツで大人のフェミニンスタイルをかなえて

2018年8月12日
楽ちんながら、アラフォーの体をきれいに見せてくれるワイドパンツのコーディネートを集めました。体型カバーもかなうワイドパンツで夏後半もおしゃれに!
白シャツ×ワイドパンツコーデ

1/20

Tシャツ×ハイウエストワイドパンツコーデ

2/20

ノースリーブトップス×ワイドパンツコーデ

3/20

ハンサムシャツ×ワイドパンツコーデ

4/20

ピンクTシャツ×ワイドパンツコーデ

5/20

ツインニット×ワイドパンツコーデ

6/20

ピンクシャツ×ワイドパンツコーデ

7/20

ウエストコンシャスなブラウス×ワイドパンツコーデ

8/20

シアーブラウス×ワイドパンツコーデ

9/20

ドライベージュカーディガン×ワイドパンツコーデ

10/20

白ブラウス×ワイドパンツコーデ

11/20

涼しげなラベンダーシャツ×ワイドパンツコーデ

12/20

ジャケット×ワイドパンツコーデ

13/20

上品ベージュニット×ワイドパンツコーデ

14/20

ストライプシャツ×ワイドパンツコーデ

15/20

ブラウス×ワイドパンツコーデ

16/20

シャツ×ワイドパンツコーデ

17/20

Tシャツ×ジレ×ワイドパンツコーデ

18/20

大人ピンクシャツ×ワイドパンツコーデ

19/20

大人スニーカー×ワイドパンツコーデ

20/20

白シャツ×ワイドパンツコーデ

白シャツ×パンツのワンツーコーデにホワイト帽子をアクセント!洗練された印象に。パリッとした白シャツに、シャリ感のあるリネン混のワイドパンツでちょうどいいお堅さのあるコーデ。チョーカーで華奢なデコルテを、細ストラップのサンダルで引き締まった足首を強調することで、女性らしさも忘れない。

Tシャツ×ハイウエストワイドパンツコーデ

はき心地はイージーなのに、手抜きに見えないのは腰高なデザインのおかげ。濃色トップスをインして視線を上に集めることでさらに脚長効果が期待できそう。ジャケットは、パンツと同系色のもので揃えればセットアップ感覚で着こなせる。

ノースリーブトップス×ワイドパンツコーデ

シャリ感のあるコットン素材ととろみ素材でつくる快適オフィスコーデ。涼しくてもカジュアルすぎないよう、とろみ感が女らしいワイドなドローストリングパンツと肌見せ感高めのシンプルパンプスのモノトーングラデーションで出勤。オフィスでの体温調整ときちんと感を醸し出せるリネンジャケットも手持ちして。

ハンサムシャツ×ワイドパンツコーデ

きちんと上までボタンを留めればノーブルに、襟を抜いて着るとほんのり色香を感じさせ印象をがらりと変えてくれるシャツ。ネイビーは凛とした女性らしさと誠実さを、トレンドのハイウエストパンツは、共布のリボンベルトがシンプルなスタイリングを少しだけ甘く仕上げて優しさを与えてくれる。

ピンクTシャツ×ワイドパンツコーデ

ほんのりトレンドを感じさせつつ、シンプルできれいめなデザインがシーンを選ばず使えるのもうれしいポイント。Tシャツを合わせれば週末カジュアルに、きれいめのとろみブラウスを合わせれば会食などのあらたまったシーンもOK。

ツインニット×ワイドパンツコーデ

体温を微調整できるツインニットはこの時期こそお役立ちのアイテム! しかもトレンドのブラウンなので、茶系ベージュのグラデーション配色で、ニュアンスたっぷりのパンツスタイルに。アクセサリー代わりに投入したのはおしゃれメガネ。これで全身のトラッド感をアップし、鮮度とテイストの強度を上げ、シンプルなコーディネートをバックアップして。

ピンクシャツ×ワイドパンツコーデ

可愛すぎるからと敬遠しがちなピンクもリネンシャツならさらりと気負わず着こなせる。リネンシャツは後ろが長めのすそ丈なので、アウトしても決まってくれる。前からは見えず、後ろで切り替えたドロップショルダーだから着るだけで自然と今っぽいシルエットに。

ウエストコンシャスなブラウス×ワイドパンツコーデ

お地味にならないワンツーコーデは女っぷりブラウス&パンツコーデ!甘トップスの、レーヨン、リネン、コットン混の素材と相性抜群なのが、今季のカジュアルボトムの代表格であるチノパン。形はストレートワイドを選べば、フリル袖でボリューミーなトップスともバランスがとれる。

シアーブラウス×ワイドパンツコーデ

大人の女を意識したカジュアルコーデ。ギャザー入り&ふんわり袖の甘めシアーブラウスに、コットンツイルのマリンパンツで、カジュアル感を足しつつ腰高でスタイルアップに。シルバーのチョーカーやパイソン柄パンプスで、キレのいい女らしさを演出して。

ドライベージュカーディガン×ワイドパンツコーデ

ベージュ×ネイビーもどちらも定番の配色なのに、今どき感と女っぷり度の高いコーデに見えるのは、ベージュの色味に若干変化が感じられるから。肌なじみのよいピンクを帯びたベージュのコットンカーデが絶妙なリブ幅で女性らしいボディラインをさりげなくみせてくれる。

白ブラウス×ワイドパンツコーデ

ふんわり×ほっそりで男性ウケ・女性ウケともに上々の王道甘辛コーデ。ボリューム袖ブラウスの甘さと量感を、細身のカーキチノが引き締めつつ、キレのいい女らしさが香り立つコーデに。小物は柔らかなブラウン系で統一してみて。

涼しげなラベンダーシャツ×ワイドパンツコーデ

涼しげなラベンダーカラーはきれいなさし色にぴったりだけど、ともすると顔色がくすむ可能性も。レフ板効果のある白のボリュームを多めに全体を調整するのがおすすめ。

ジャケット×ワイドパンツコーデ

おしゃれなのにさりげなく紫外線対策もできちゃうのはこんな美肌UVケアコーデ!濃いインディゴカラーとゴールドボタン、柔らかく落ちるワイドシルエットで、大人カジュアルが完成。顔の血色がよく見えるピンクのTシャツをインナーにして美肌感をプラスするのも忘れずに。

上品ベージュニット×ワイドパンツコーデ

6つのボタンとセンタープレスをきかせ、すそにはサイドスリット入りのリネンパンツは、一見シンプルながらも随所にデザインが施され、着映え度の高い一本に。やや厚手のリネン素材だからラインが出すぎず、大人の体をスッキリきれいに見せてくれる。

ストライプシャツ×ワイドパンツコーデ

ボディラインが目立たないバギーや、華奢さを演出できそうなバングルを合わせつつ、爽やかなサックスブルーのストライプシャツを選べば、清潔感たっぷりなお仕事スタイルに!

ブラウス×ワイドパンツコーデ

肩肘張らずに楽しみたいディナーでは、トップスもすっぽりかぶれるプルオーバー型のブラウスを。どちらもシルエットはリラックス、だからこそ配色はリッチに仕上げて、格式高いレストランでも気後れしない着こなしに。

シャツ×ワイドパンツコーデ

オフィスにはむずかしく思いがちな光沢素材のゴムパンも、ほどよく"お堅さ"のある白シャツとなら難なく攻略。定番色同士どこか寂しく見えないように、ラベンダー色のカーデやパイソン柄の靴といった盛り上げ役も忘れずに。

Tシャツ×ジレ×ワイドパンツコーデ

縦長なジレで輪郭はシュッと細く、白Tはインして腰高に。ひとつひとつはイージーでもルーズに見せないためには、着方にメリハリをもたせるのが重要。

大人ピンクシャツ×ワイドパンツコーデ

アラフォーにとって"真っピンク"ってなかなかむずかしい。でも今季よく見る、パープルがかったピンク、それもニュアンスのあるリネン素材なら照れずに着られます。同じくリネンのライトベージュのタックパンツで、甘さを抑えた大人のピンクコーデに。

大人スニーカー×ワイドパンツコーデ

定番配色こそ、ディテールへのこだわりがマスト。フロントのボタン使いと、多めに重ねた黒×シルバーの小物が、シンプルなモノトーンコーデのおしゃれ度を引き上げてくれる。

■2018年の夏トレンドもチェック

What's New

Feature

Ranking