アラフォーの定番色「ネイビー」がよりおしゃれに見えるファッションコーデ15選

2018年10月13日
より美しく深みを増したアラフォーの最愛色「ネイビー」。今年っぽいこなれ感を取り入れつつ、年相応の上品さや女らしさを演出したネイビーコーデを集めました。
ファッション 水色シャツ×ネイビーパンツコーデ

1/15

ファッション ネイビーニット×パープルのプリーツスカートコーデ

2/15

ファッション ネイビーニット×ベージュのチノワイドパンツコーデ

3/15

ファッション ネイビーブラウス×ホワイトデニムコーデ

4/15

ファッション ネイビージャケット×タイトスカートコーデ

5/15

ファッション ダークネイビーのシャツ×スカートコーデ

6/15

ファッション ブルー×ネイビーのボーダートップス×レーススカートコーデ

7/15

ファッション ネイビードット柄ブラウス×デニムコーデ

8/15

ファッション ネイビーブラウス×デニムコーデ

9/15

ファッション ネイビーブラウス×コーデュロイパンツコーデ

10/15

ファッション ネイビーブラウス×プリーツスカートコーデ

11/15

ファッション ネイビーカーディガン×水色スカートコーデ

12/15

ファッション ネイビーの艶ブラウス×スカートコーデ

13/15

ファッション ロングカーディガン×ストレッチ入りシガレットパンツコーデ

14/15

ファッション ジャケット×ストレッチ入りシガレットパンツコーデ

15/15

【ネイビーコーデ1】水色シャツ×ネイビーパンツコーデ

全身レオパード柄だとさすがにオフィスでは浮いてしまうけれど、ほんの少しだけアクセントとして効かせれば一気にしゃれ感が出てくるもの。よく見たら細ベルトが豹!という感じがネイビーパンツに上品な遊び心を加えてくれて、ブルーシャツとの着こなしも真面目すぎずに女らしく仕上がる。

【ネイビーコーデ2】ネイビーニット×パープルのプリーツスカートコーデ

ネイビーニットとトーンがなじみつつ、ほどよく華やかさも添えてくれる濃パープルのプリーツスカートなら、寒色系なのでネイビー×パープルが馴染みやすく、好相性。しかも今季のトレンド、パープルや揺れるスカートなら、洗練された女らしさも確約してくれるはず。

【ネイビーコーデ3】ネイビーニット×ベージュのチノワイドパンツコーデ

簡単ワンツーコーデにシルバーの輝きを添えれば大人カジュアルに。長めの二連ネックレスも、ネイビーニットの上に連なれば、定番ニット×チノワイドパンツのベーシックコーデでもクールな輝きを放ってくれる。

【ネイビーコーデ4】ネイビーブラウス×ホワイトデニムコーデ

少し横に広いハイネックがクラシックな可愛さを演出してくれるブラウス。オフィスやオケージョンなど、改まった席でも使えるネイビー。裾が切りっぱなしのホワイトデニムを合わせたとしても、甘めトップスならカジュアルな中にもクリーンで上品な印象をキープできる。

【ネイビーコーデ5】ネイビージャケット×タイトスカートコーデ

知的ネイビーのかっちりジャケットに、サイドスリット入り&とろみ素材のタイトスカートで、シャープな中にもどこか女らしさを薫らせて。

【ネイビーコーデ6】ダークネイビーのシャツ×スカートコーデ

何にでも合わせやすいネイビーコーデも、今年はきれい色を合わせるのがよさそう。ブルー系で全体のトーンを揃えれば、女っぽすぎるのが苦手な人にもおすすめの配色に♡


【ネイビーコーデ7】ブルー×ネイビーのボーダートップス×レーススカートコーデ

定番の白×ネイビーではなく、ブルー×ネイビーにすることで、都会的な印象を目指して。

【ネイビーコーデ8】ネイビードット柄ブラウス×デニムコーデ

ドレスライクなブラウスはヴィンテージを意識して着こなせば、新鮮なフレンチスタイルへと昇華。

【ネイビーコーデ9】ネイビーブラウス×デニムコーデ

フェミニンなブラウスとゆるっとしたややボーイッシュなデニムとのバランスが可愛らしい♡かっちりとしたトートバッグとパンプスを合わせれば、デニムOKな職場の通勤にもクールにマッチしそう。

【ネイビーコーデ10】ネイビーブラウス×コーデュロイパンツコーデ

タートルネック風の明るめネイビー。何げないワンツーコーデがこなれて見える。カジュアルなコーデュロイパンツが、ぐっとノーブルな雰囲気に仕上がる。

【ネイビーコーデ11】ネイビーブラウス×プリーツスカートコーデ

スタンドカラーのブラウスはふんわりとした袖と肩のボタンが特徴。同素材のスカートはランダムなプリーツが動くたびに揺れて豊かな表情を生み出す。

【ネイビーコーデ12】ネイビーカーディガン×水色スカートコーデ

トレンドを問わないシンプルなラウンドネックは、上から2つほどボタンを開けると品を保ちつつこなれ感を演出。すそをインしてもアウトしてもバランスが取りやすい、ほどよい丈感も合わせやすさのカギ。

【ネイビーコーデ13】ネイビーの艶ブラウス×スカートコーデ

薄手素材のシルク100%長袖ブラウス。甘すぎないタイ風ディテールとネイビーベースのノーブルなプリントが、大人の清楚さを引き立てる。

【ネイビーコーデ14】ロングカーディガン×ストレッチ入りシガレットパンツコーデ

ネイビーをベースにキャメルやボルドーをオン。全身ダークトーンでまとめた中で、七分袖から出た腕やくるぶし丈パンツからのぞく足の甲の素肌感がきわだち、さりげない女らしさが香る。

【ネイビーコーデ15】ジャケット×ストレッチ入りシガレットパンツコーデ

ポンチ素材のパンツは、合わせるトップスしだいできれいめにもカジュアルにもいける振り幅の広さも魅力。

■2018年秋のファッション情報もチェック

What's New

Feature

Ranking