スタイリスト村山佳世子の“一生もの”こそデイリー使い【My Life,My Fashion!】

2019年1月22日
単行本『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』が累計4万部を超える大ヒットを記録中! 長く愛せる「一生もののおしゃれ」を提案する村山さんにこの冬愛用する「一生ものアイテム」と、それらとの「付き合い方」をインタビュー
  • 村山佳世子(むらやま・かよこ)
  • 文化服装学院スタイリスト科卒業後、アシスタントを経てスタイリストデビュー。25年以上、集英社の雑誌を中心に第一線で活躍。高い審美眼とスタイリング力で、ファッション業界からの支持はもとより、多くのモデルからも絶大な信頼を得ている。Instagram:@stylist_murayama_kayoko

『単行本の仕事を進める中で、今の自分にとって必要なものとそうでないものがはっきりして、 実は2018年は相当、断捨離を進めた年でした。今回ご紹介するのは、そこをくぐり抜けたものたち。今季買ったものはひとつもなく、一番古いものでは四半世紀以上使っているものまで!(笑)使いやすいことと、ずっと使えること。そしてちょっと気持ちが豊かになること。それが、私にとっての「一生もの」の基準。だから特別な日だけじゃなく、気負わずふだんから身につけているものばかりです。』スタイリスト 村山佳世子

A.
J.M.WESTONのマニッシュ靴
「おしゃれな男性が履いているのを見て以来ずっと憧れで、7年ほど前初めて買いました。革が堅牢なので長時間履くには正直不向きですが、これはラクするために履く靴ではなく、気合を入れて履く靴。きちんとお手入れして育てていくつもりです」(村山さん)

B.
HERMÈSのシルクカシミアスカーフ
「20歳のころから何枚買ってきたでしょう? でも時代の変化や自分の年齢によって選び方は変わってきていて。今の私の気分は、より気軽に巻けるシルクカシミアのプチスカーフ。これはシマウマ柄にひと目惚れ。意外とおもしろい柄が好きだったりします(笑)」

C.
CELINEのムートンジャケット
「4 年ほど前に買った、シンプルなライダース型のムートン。ミニマムなデザインとコンパクトなシルエットで、流行を問わず活躍してくれています。アウターはネイビーを買っておけば間違いない、というのが自分の中にあって。そこも一生もののポイントです」

D.
CELINEのゴールドバングル
「基本、アクセサリーはかなりのミニマム派です。『セリーヌ』の"マンシェット"は、ボリューム感とシンプルさのバランスが絶妙。ゴールドだけどギラギラしてなくて、着こなしやシーンを選びません。手もとにつけるとなんだか落ち着く、相棒のような存在です」

E.
VINTAGE パールネックレス
「成人のお祝いに、叔母から贈られたパールのネックレス。もう四半世紀以上の付き合いですから、これこそ本当の一生ものです。専門学校時代には、このネックレスに『A.P.C.』のニット、古着のリーバイスをはいてました。今とあんまり変わらないですね(笑)」

F.
HERMÈSの黒のプリュム
「一生ものを語る時、『エルメス』のバッグははずせません。バーキンやケリーももちろん素敵ですが、ふだん使いという点で、プリュムが真っ先に浮かびました。究極的にミニマムなデザインとこの上なく上質な素材。おばあちゃんになっても持ちたいと思います」

1/4

2/4

3/4

4/4

C を着用!
一生ものこそ、デイリーに。カジュアルに着るムートン
「いわゆる"キメキメ"な感じが苦手だから、高い服こそカジュアルさを多めに足し算。仕事の日も近所を散歩する日もどんどん着ます。このムートンは軽いのにすごく暖かくて、ショート丈だから車を運転する日もいける。この気安さもデイリーに使える決め手です」
*
PANTS:SERGE de bleu
SUNGLASSES: OLIVER PEOPLES
BAG: UNION
STOLE: Johnstons
SHOES: CONVERSE

AとD を着用!
ミルキーなコーディネートに、辛口な要素をプラス
「ふだんはネイビーやグレーを着ていることがほとんどですが、たまにはこんな優しい配色もいいですよね。これにバレエシューズだと私には甘すぎるので、トラッドなマニッシュ靴のカッチリ感で引き締めます。手もとにはゴールドバングルでシャープな雰囲気を加えて」
*
COAT:Gloverall
KNIT:SLOANE
PANTS: DRIES VAN NOTEN
BAG: Drawer

Bを着用!
ボーダーカットソーやニットの首もとに、きゅきゅっと巻いて
「光沢もハリ感も強いシルク100%素材と違い、カシミアシルクはややマットな質感と柔らかな風合いが特徴。しかもプチサイズだからバンダナ感覚で巻きやすいし、カシミア混なので暖かいんです。例えばボーダーとデニムとか、カジュアルな日にさらっと合わせたい」
*
COAT & KNIT :CELINE
DENIM SAINT :LAURENT

EとF を着用!
ダウンをはおる日は、きれいめなバッグを必ず
「冬場のロケ撮影など、ダウンを着る日にはリュックやエコバッグではなく、必ずいいバッグを持ちます。プリュムのこのさりげなさのおかげでカジュアルなアウターともケンカせず、でもちゃんとリッチな印象に。首もとにはパール。大好きな"冬の白"を足し算して」
*
COAT:PYRENEX
KNIT:POLO RALPH LAUREN
PANTS: HYKE
SHOES: Amb

※紹介しているものはすべて私物です

【Marisol2月号2019年】撮影/魚地武大(TENT/物) 戸松 愛(人物) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/村山佳世子
スタイリスト 村山佳世子さん初のスタイルブック『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』が絶賛発売中!

\売り切れる前にチェック/

What's New

Read More

Feature

Ranking