<ひっこめ!腹肉・腰肉>Step3 【トレーニング編】膣を締めて骨盤底筋を引き上げる 

2019年4月14日
膣締めに慣れたら、それを形状記憶させるトレーニングを。膣からつむじまで軸が通ってることを形状記憶させると、常に"締まっちゃう体"に!
"ウエストイン"ファッションがブームだけど、気になるのがおなかや腰のプヨプヨ肉。こんなムダ肉の解消に効果抜群と話題なのが"くびれ母ちゃん"こと村田友美子さんの膣締めダイエット。その方法を公開!

☆私が解説します!

姿勢改善コアトレーナー 村田友美子さん

姿勢改善コアトレーナー 村田友美子さん

ほぐし、ストレッチ、膣締めなどを組み合わせた独自のメソッドを確立。著書『くびれと健康がとまらない! 膣締めるだけダイエット』(ワニブックス)が話題沸騰中


膣が締まった状態でトレーニング!

膣締めに慣れたら、それを形状記憶させるトレーニングを。膣からつむじまで軸が通ってることを形状記憶させると、常に"締まっちゃう体"に!

トレーニング:初級編
体を縦に伸ばして膣締め

膣締めトレーニング_初級編1
左右の手のひらを合わせて立ち、太もも外側の大転子に力を入れて外旋させて内ももを外側にねじる。この時、骨盤が自然に床と垂直になる。次に骨盤の腸骨(腰骨)をおしり上部の仙骨(骨盤中央の逆三角形の骨)に寄せていくと骨盤が締まっていく。
膣締めトレーニング_初級編2
次に手のひらを合わせたまま腕を上に伸ばすと膣がグーッと引き上がる。この動作を10回。



トレーニング:
上級編

脚を上げながら膣締め

さらに:膣が締まる〝大転子〞トレーニング
腸骨を仙骨にはめて膣を締めやすく

膣締めトレーニング_上級編1
かかとと内側に重心を乗せて立つ。肩の力を抜き、股関節は緩め、骨盤は床と垂直に。あごを引き、鎖骨の間にあるライトで前方を照らすイメージで肋骨は開かないように。鼻から息を吸って下腹を膨らませ、息を吐く時、横隔膜と一緒にキューッと膣を吸い上げるようにする。膣をつむじまで引き上げるイメージで。次に膣を緩めて息を吸い、吐きながらもう一度、膣をキューッとおへその上まで引き上げる。
膣締めトレーニング_上級編2

さらに胸のあたりまで引き上げたら右脚を上げ、腕を膣に見立ててまっすぐ上に引き上げる。4秒キープしたら膣を緩めて脚を戻す。次にまた息を吸って吐きながら膣をキューッとつむじまで引き上げたら、そこから脚が生えているイメージで再び右脚を上げる。4秒キープしたら膣を緩める。これを3回。左脚も同様に。


【POINT】

①骨盤の位置に注意!

<ひっこめ!腹肉・腰肉>Step3 【トレーニング編】膣を締めて骨盤底筋を引き上げる _1_11

骨盤底筋はハンモック状なので、骨盤が前傾して反り腰になっているとつぶれてしまって引き上がらなくなり、膣が締めにくくなる。正しい姿勢は、耳、肩、脚のつけ根の出っぱり、膝が一直線上にあり、両膝が正面を向いている状態。この姿勢だと骨盤が床と垂直になり、膣も締まりやすい。反り腰の人は、少し骨盤を後傾させるよう意識すると、骨盤が垂直になりやすい。


②あなたは締まる人? チェック!

<ひっこめ!腹肉・腰肉>Step3 【トレーニング編】膣を締めて骨盤底筋を引き上げる _1_12

自分が膣を締められる体かどうかをチェックできるのが、上のポーズ。あおむけに寝て、両手で片膝を抱えて胸に引き寄せ、胸に膝がくっつくなら骨盤に柔軟性があり、膣が締められる体だということ。膝が離れてしまうなら、股関節が硬くて骨盤の可動域が狭く、膣が締まりにくい状態。締まりにくい人はStep1の「ほぐしと、Step2の「伸ばし」をより重点的にやるとよい。

【Marisol 4月号2019年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/イワタユイナ スタイリスト/程野祐子 イラストレーション/佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所)取材・文/和田美穂 構成/原 千乃

What's New

Read More

Feature

Ranking