2019年版・3大テイスト別40代を輝かせるデニムの着こなし|アラフォーファッション

ちょうど今から夏にかけては、デニムを穿きたくなる気分が高まる季節♪ デニムをとことん素敵に着こなして、自信をもって気分よくお出かけしましょう!3つのテイスト別に、2019年最旬の40代的デニムの着こなしをご紹介します。

※商品は販売を終了している場合があります

2019年40代向けデニムコーデ①:洗練された大人のきれいめデニムコーデ

デニムスタイルでも、上品さをしっかりとキープした40代向けのきれいめデニムコーデをまとめました!

■白シャツワンピース×トレンチコート×デニムパンツコーデ

定番の白シャツワンピ×トレンチは、デニムレイヤードで旬度を上げて。ほんのり透け感のある薄手の生地で、真面目になりすぎず軽やかに着られる白シャツワンピ。サイドにスリットが入っていて、トレンドのパンツレイヤードがしやすいのもうれしい。

ワンピース¥9,900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) トレンチコート¥62,000/アパルトモン 青山店(リジエール) デニムパンツ¥28,000/ロンハーマン(RH ヴィンテージ) ピアス¥18,200/バーニーズ ニューヨーク(ヴィオリナ) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシカスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

■ネイビーのブラウス×デニムパンツコーデ

インディゴブルーのデニムときれいめネイビーのブラウスでワントーンコーデで厳かな雰囲気に。小物はトレンドのシースルーバッグとぺたんこシューズで今っぽさと抜け感をプラス。


デニムパンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ブラウス¥29,000/ebure イヤリング¥15,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バングル¥3,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エー・ヴィー・マックス) バレエ靴¥24,000/アルアバイル(スペルタ) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック)

■白ワンピース×デニムパンツ×サンダルコーデ

清潔感のある白を、かごとサンダルでさわやかに着こなして。一枚で着られる季節になったら、首まわりのギャザーやほんのり膨らんだスリーブなど、女性らしいシルエットをシンプルに味わって。レギンス代わりにクロップドデニムを重ねた白×ブルーのさわやかなコーディネートも、今年らしくておすすめ。ナチュラルになりすぎないよう、かごはモダンなデザインをセレクト。

ワンピース¥42,000/アマン(アンスクリア) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥90,000/スーパー エーマーケット(ワイワイ) 靴¥16,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)

■ロングカーディガン×デニムパンツコーデ

ハイウエストのデニムパンツに、今の季節にちょうどいいコットン素材のロングカーデを羽織って。ナチュラルなベージュはきれいめにも着られる万能カラー!ニュアンスのあるショールカラーや 体が泳ぐシルエットなど、さりげなくはおるだけで旬のムードに。


ロングカーディガン\25,000(ドゥーズィエム クラス) デニムパンツ¥24,000(カレンテージ)・ラタンハンドルバッグ¥9,800(ユティリテ)・親指ビジューサンダル¥28,000(イルサンダロ オブ カプリ)/SHOP Marisol サングラス・ピアス・バングル/スタイリスト私物

■ジャケット×フレアデニムパンツコーデ

広がりすぎない美脚フレアで旬のヴィンテージテイストを取り入れて。デニムはシンプル派の核となるアイテムだけに、ここをしっかりアップデートすると、ぐっとスタイルが決まりやすく。今季の注目はゆるやかなフレアシルエット。いち早く投入すれば、見慣れたジャケットコーデも旬のヴィンテージシックな装いに。

デニムパンツ¥38,000/サザビーリーグ(マザー) ジャケット¥98,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) Tシャツ¥10,000/エストネーション ネックレス¥45,000/ショールームセッション(マリア ブラック) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥32,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)

■白いシャツワンピース×ブラックデニムコーデ

ブラックデニムパンツに、きれいめからトレンドまでさまざまな着こなしがかなうベルトつきのシャツワンピースをレイヤード。パープルのカーディガンを肩にかけて、さりげないさし色に。

シャツワンピ\23,000(エムセブンデイズ) 14Gコットン天竺Vカーディガン¥24,000(スローン)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ【レヴューリザード】¥26,000(トフ&ロードストーン)・ビットスリッパサンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol

■ベージュのジャケット×デニムパンツコーデ

テーパードデニムにやや細めのピークトラペルのシングルボタンジャケットを合わせて。肩掛けしたニット、インナーに着たTシャツ、小物はモノトーンでまとめて統一感を。

ジャケット¥65,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) Tシャツ¥25,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(マディソンブルー) 肩がけしたニット¥12,000/TOMORROWLAND(マカフィー) デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) メガネ¥50,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 時計¥13,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥74,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(スマイソン) 靴¥18,500/ヴェルメイユ パーイエナ 日本橋店(カミナンド)

■ベージュのジャケット×フレアデニムコーデ

大人向きの清潔感のある色落ちと、膝が絶妙に入ったメリハリのあるフレアシルエットが私たち世代にちょうどいい。さらにマザーの最大の特徴でもあるストレッチのきいた素材は体を美しく包み込み、体型も選ばずフィット。脚長&腰高をかなえてくれる名品番を着流すジャケットとともに。

デニムパンツ¥31,000/サザビーリーグ(マザー) ジャケット¥29,000(デミルクス ビームス)・ニット¥34,000(オーラリー)/ビームス ハウス 丸の内 バッグ¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■ニュアンスカラーのシャツ×デニムパンツコーデ

まろやかペールトーンのシャツと淡色デニムで合わせて優しい印象に。デニムは贅沢な素材を使い、座った時も苦しくないようはき心地を追求したコンフォートテーパードのデニムをチョイス。ニュアンスカラーのシンプルなシャツはゴテゴテと飾りっ気のない潔さが、凛とした印象のエレガントな女性に映りそう。

デニムパンツ¥41,000/ドゥロワー 青山店(ゴールドサイン) シャツ¥29,000/ebure ピアス¥14,000/ティアラ(ルーカス ジャック) バッグ¥52,000/ジャンニキアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥45,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■ベージュのトレンチコート×デニムパンツコーデ

着慣れたベージュトレンチを旅に携える。ベージュトレンチ×デニムの定番コーデもシルエットでフレッシュに。旅先でも、日常でも。トレンチコートを気負わず楽しめる軽やかな女性が選ぶのは、薄手素材のベージュトレンチ。肩落ちのゆったりしたシルエットも大人の余裕を感じさせて。

トレンチコート¥78,000/オーラリー ニット¥25,000/ロンハーマン(ロンハーマン) デニムパンツ¥23,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) サングラス¥49,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥47,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ピアス¥68,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥134,000・パンプス¥67,000/ジミー チュウ スーツケース/私物

■シャツワンピース×デニムコーデ

なんてったって着回しがきくから!この春いちばん欲しいのは前開きのシャツワンピース!

普通にボタンを留めてワンピースとしても、途中までボタンを留めてチュニックとしても、ボタンを全部はずして軽やかな羽織りとしても使えるから一着あればとても重宝するシャツワンピースは絶対マストバイな春アイテム! 特に前開き仕様で共布のベルトつきなので、ベルトありなしで楽しんだり、サイドスリットや前後差のある丈感で今年らしさを満喫したり、さまざまなスタイリングアレンジができるから、春のおしゃれが楽しみで仕方がない! 万が一、ひな祭りパーティで白酒を飲みすぎて妹の家にお泊りしたとしても、翌日には違うアレンジで着こなせる安心感がこのシャツワンピースには多分にある。

ワンピース¥23,000(エムセブンデイズ)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ¥26,000(トフ&ロードストーン)・6.5㎝パンプス【ANELLI】¥46,000(ペリーコ)/SHOP Marisol

■トレンチコート×ニットカーデ×デニムパンツコーデ

トレンチ×デニムの鉄板コーディネートは“軽やかさ”でアップデート。風を受けふわっと広がるトレンチの素材感、そしてデニムのほどよい色落ちで、アラフォーの定番コーデがぐっと軽やかに洗練された印象に。トレンチがミニマムなデザインなので、赤のライン入りカーディガンともケンカせず、上品にまとまる。

トレンチコート¥84,000/ebure カーディガン¥28,000/八木通商(ルトロワ) パンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ゴッセンス) バッグ¥28,000(レフィエ)・靴¥47,000(ネブローニ)/フラッパーズ

2019年40代向けデニムコーデ②:ワンランク上のカジュアルデニムコーデ

こだわりの素材やカラー配色、トレンドアイテムを投入するなど、いつものデニムスタイルをワンランクアップさせるテクをご紹介!

■ベージュシャツ×フレアデニムパンツコーデ

永遠のスタイルこそ、色のもつパワーでアップデート! 目のつまったツヤのあるリネン素材、キャメルに近い深めの色み、そしてVあきのノーカラーと胸もとのフラップポケット。シンプルながら主役感たっぷりの一枚を、再ブレイクのフレアデニムにイン。定番の組み合わせこそアイテムの新しさが大切、というおしゃれの黄金ルールを実感! 

シャツ¥30,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(チノ) デニムパンツ¥33,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥10,000/マルティニークルコント梅田(アプレ スキー) バングル¥43,000/マユ アトリエ(マユ) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥21,000/ANAYI

■トレンチ風ジレ×デニムコーデ

春秋と長い時期着られるトレント風ジレを、カットソー+デニムのようなスタイルに合わせると、スタイリングがぐっと凝った印象に。ベルトつきだから、スカートの日には前を閉じてウエストマークするのもおすすめ。

トレンチ風ジレ¥28,000(エムセブンデイズ)デニムパンツ¥24,000(カレンテージ)・ショルダーバッグ【レヴューリザードミニ】¥18,000(トフ&ロードストーン)・ビットスリッパ¥24,000(ファビオ ルスコーニ)サンダル/SHOPMarisol カットソー・帽子・ネックレス/スタイリスト私物

■グリーンのニット×白デニムパンツコーデ

白デニムはコンサバすぎない切りっぱなしのすそでカジュアル方向に寄せて。白デニム×グリーンニットのさわやか配色がポイント。リラックスしながらもさりげない肌見せで女っぷりは忘れずに。

ニット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) デニムパンツ¥17,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック) 靴¥32,000/アマン(ペリーコ サニー) イヤリング¥13,000/マルティニークルコント梅田(ルーカス ジャック) 

■マウンテンパーカ×デニムコーデ

明るい色落ちのヴィンテージウォッシュは着こなしもレトロシックが気分。シルエットはフレアとテーパードの二極化傾向。大人向きの清潔感のある色落ちと、膝が絶妙に入ったメリハリのあるフレアシルエットが私たち世代にちょうどいい。さらにマザーの最大の特徴でもあるストレッチのきいた素材は体を美しく包み込み、体型も選ばずフィット。脚長&腰高をかなえてくれる名品番を着流すジャケットとともに。

デニムパンツ¥31,000/サザビーリーグ(マザー) ジャケット¥29,000(デミルクス ビームス)・ニット¥34,000(オーラリー)/ビームス ハウス 丸の内 バッグ¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■ピンクニット×デニムパンツコーデ

■トレンチコート×赤ニット×デニムパンツコーデ

トレンチのベージュとなにより相性がいいのはベリーレッド。アラフォーにとって、もう何度目かのトレンドとして迎えるレッドは彩度の高いものの中から、レンジを広く取り入れられるのがいい。さし色を楽しむなら、形はベーシックなタイプを選ぶのも、年齢を重ねた私たちのルール。ボトムはデニムパンツを合わせてカジュアルにまとめて。

ニット¥20,000/ロンハーマン トレンチコート¥135,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥19,000/アルアバイル(ラウラ・ロンバルディ) バッグ¥52,000/リエス(メゾン ボワネ)</p>

■トレンチコート×デニムパンツコーデ

デニムパンツ×ニットの王道ゆったり休日コーデ。そこに女性らしさをどう効かせるのかがアラフォー女子の腕の見せどころ! 例えば色みの雰囲気がワイルドな印象のカーキトレンチコートの襟や、パンプスのポインテッドトゥの“鋭角”のシャープさを加えるだけで、洗練された印象に変わるはず。そして、やや光沢のあるナイロン素材がリッチな香りを漂わせてくれる。

トレンチコート¥40,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ニット¥23,000/FUN Inc.(フォンデル) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) バッグ¥42,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) パンプス¥54,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)

2019年40代向けデニムコーデ③:イタくない大人の甘口デニムコーデ

40代こそ”甘さ”が必要、甘さが楽しい! 40代の新しい甘口デニムスタイルの着こなしをお届けします。

■レースブラウス×デニムパンツコーデ

10年前の自分じゃきっと着こなせない、極上レースを主役に。繊細な国産コットンレースをたっぷりと使用した、とびきり贅沢なブラウス。このリッチ感はパンと張った若い肌には必要ないし、むしろ素材の強さに負けてしまう。年齢を重ねてきたからこそ似合う、ごほうびのようなおしゃれ。ゴージャスに着るのは50歳からのお楽しみ、40歳の今はあえてラフに、いつものデニムと合わせるのがちょうどいい。


ブラウス¥115,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) デニムパンツ¥38,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥56,000(ナターシャ)・膝にのせたストール¥27,500(アソース メレ)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 バッグ¥44,000/フラッパーズ(ウェルデン)

■レースブラウス×コート×デニムパンツコーデ

甘さはブラウスだけ。それでもここまで女っぽく!デリケートな黒レースのブラウスに、シャリ感のある真っ白のフードつきコート。甘辛と配色、2 つのコントラストを楽しんで。いつものデニムスタイルもがぜん女っぷりが上昇。

ブラウス¥39,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(エイベリー ロウ) コート¥110,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) デニムパンツ¥62,000/ロンハーマン(リダン) バッグ¥37,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(ジャンニキアリーニ) 靴¥44,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ネブローニ) インナー/スタイリスト私物

■花柄ブラウス×デニムパンツコーデ

懐かしいのに一周巡って再び新しく感じられる、ノスタルジックな花柄×ブーツカットデニム。ノスタルジィを感じたいから70年代を意識して、青みが強くスラブ感の少ない、ゆとりのあるブーツカットのデニムをチョイス。花柄ブラウスを潔くウエストイン。そしてセンタープレスがきいているデニムなら、切りっぱなしのすそもラフな印象になりすぎないので安心。

デニムパンツ¥24,000/UTS PR(ジェーン スミス) ブラウス¥19,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) ストール¥27,500/カオス丸の内(アソースメレ) バッグ¥64,000/ダニエル & ボブ ジャパン 靴¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ)

■カシュクールタイプのブラウス×デニムパンツコーデ

これからの季節に着たいデニムは淡色デニム。ヴィンテージ感のある色落ちに仕上げるため、バイオウォッシュやサンドブラストなどの加工を施し、リアルな見え方を追求しているのもポイント。こだわりのライトなデニムだからこそ、カシュクールブラウス一枚でほんのりフレンチに決まるのもうれしい。新しいデニムで新しい着こなしやムードに出会えそう。

デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー ブラウス¥34,000(エッフェ ビームス)・靴¥59,000(ネブローニ)/ビームス ハウス 丸の内 バッグ¥49,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(カパフ)

What's New

Read More

Feature

Ranking