はくだけでおしゃれ感が倍増!体型カバーもかなうレギンスコーデ2019

脚を細く長く見せてくれるレギンスは活用しないともったいない! 体型カバーをしつつ、こなれて見える2019年版のレギンスコーデをご紹介します。

①2019年版・40代がこなれて見えるレギンスコーデ

■ボヘミアンワンピース×レギンスコーデ

トレンドど真ん中なボヘミアンワンピをあえてシックに。素敵なアイテムとの出会いを求めてショップクルーズをするお買い物デーは、一番自分らしいおしゃれが楽しめる日。休日ならではのリラックス感とトレンド感を両立するボヘミアンワンピースでおしゃれテンションを上げつつ、小物はモノトーンでシックに。

ワンピース¥61,000/ドレステリア 銀座店(レムレム) レギンス¥9,200/アニエスベー ピアス¥11,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ソコ) バッグ¥90,000/TOMORROWLAND(ワンドラー) 靴¥75,000/ヴェルメイユ  パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ)

■Tシャツ×レーススカート×レギンスコーデ

ウールニット×レーススカート、冬の異素材MIXの定番を春夏にアレンジするなら? 正解は「ちゃんとカジュアルなTシャツ」合わせ。つるんとしたきれいめ素材より少しザラッとした質感のほうが、ツヤのあるレースとのMIX感がよりアップ。

Tシャツ¥7,000(ヘインズ × カーラ)・スカート¥54,000(サード マガジン)/サード マガジン 肩にかけたニット¥28,000・レギンス¥15,000/ボウルズ(ハイク) ピアス各¥15,000/ショールームセッション(マリア ブラック) バッグ¥188,000/ジミー チュウ 靴¥78,000/ジャーナル スタンダード レサージュ  青山店(ミッシェ
ル ヴィヴィアン)

■サファリジャケット×小花柄ワンピース×レギンスコーデ

小花柄が生み出す奥行きが、シンプルコーデの完成度を上げる冬の終わり、あちこちのショップに咲き始める花柄アイテムたち。春気分に浮き立ちつつ、年々「可愛いけどリゾート用かな」なんて遠ざかってきた人も多いのでは? でも実は、柄と色みを上手に選べば、デイリーにだって大活躍。甘すぎないモノトーンの小花柄ワンピースなら、端正なジャケットスタイルも柔らかくフェミニンな印象に。シンプル好き、きれいめ好きの人こそ、その女っぷり効果は絶大なのだ。

ワンピース¥40,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(アイロン) ジャケット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) レギンス¥6,200/リエス(ラ ピエス) ピアス¥13,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ルーカス ジャック) バッグ¥59,000/ヴェルメイユ パーイエナ 日本橋店(マージ シェアウッド) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■ベルトつきワンピース×レギンスコーデ

レイヤードも小物盛りも楽しい!上品ワンピースだからできる冒険。たとえるならキャサリン妃のように、品よくコンサバにも着られるタイトなニットワンピースを、レギンスやハット、フリンジバッグでカジュアル&モードにアレンジ。足もとはぺたんこで抜け感を。

ベルトつきワンピース¥19,000(アッシュ・スタンダード)・帽子¥16,000(ID HATS)/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 レギンス¥9,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) バングル¥15,000/essence of ANAY(I PHILIPPE AUDIBERT) バッグ¥23,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥73,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(チャーチ)

■パーカ×レーススカート×レギンスコーデ

イノセントな雰囲気のスカートも、パーカ&レギンスのスポーティさで大人のデイリーに落とし込んで。実はパーカはシルク混。ここも格上げの決め手に。

スカート¥100,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) パーカ¥56,000/アンフィル Tシャツ¥9,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) レギンス¥18,000/ボウルズ(ハイク) サングラス¥35,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥68,000/CPRトウキョウ(フリン) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■ワンピース×レギンスコーデ

トレンドのレギパンレイヤード、サイドスリット入りならスタイリッシュに決まる。トレンドのレギンスを重ねるテクニックはカジュアル度が増すのでオフィスコーデにとりいれるのは難易度高めと思いがちだけれど、合わせるワンピースがしなやかでほんのり光沢のある大人なムードの一着であれば、エレガントに着こなせる。さらにサイドスリット入りなら、下半身が重く見えないのでおすすめ。

ワンピース¥39,000/ebure レギンス¥16,000/エイトン青山(エイトン) バングル¥19,000(キャッツ)・ストール¥27,500(アソース メレ)/カオス丸の内 バッグ¥36,000/コード(ヴァジック) 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■ボリュームワンピース×レギンスコーデ

ボリュームワンピースをデイリーに落とし込む、黒小物の引き締め効果。「ドラマティックなカフタンドレスも、コットンベージュならよりデイリーに取り入れやすいと思います。リボンなどスイートなディテールの黒小物をちりばめて、甘さとシャープさの両方を足し算。チラッとのぞくレギンスも今年はマスト」。

ワンピース¥34,000/ロンハーマン(テン バイ ロンハーマン) レギンス¥18,000/ボウルズ(ハイク) かごバッグ¥46,000(エレナ ギゼリーニ)・ピアス¥10,000(アプレスキー)/マルティニーク ルコント  ルミネ有楽町店 チェーンバッグ¥108,000/カオス丸の内(ザンケッティ) ベルト¥12,000(参考価格)/アマン(アトリエ アンボワーズ) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■Gジャン×花柄ワンピース×レギンスコーデ

クラシカルな花柄ワンピースはヴィンテージライクに着こなしたいところ。小物はすべて黒を選びつつ、さらに黒レギンスを下に重ねて、甘い花柄ワンピースをシャープな印象に導いてみる。バッグはラウンド型のショルダーで、モダンを感じさせられれば可憐に今どき感たっぷりで着こなせる。

ワンピース¥39,000/RHC ロンハーマン(RHC) デニムジャケット¥38,000/ボウルズ(ハイク) レギンス¥9,000/オーラリー バッグ¥53,000/ショールーム セッション(OADNEW YORK) バングル¥80,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)

■ニット×プリーツスカート×レギンスコーデ

ブラック&カーキの辛口配色をシルバーのバレエ靴でフェミニンに導いて。歩きやすく、コーデにさりげない女らしさを足したい時に使えるのがバレエシューズ。涼しげな輝きを放つ甘すぎないシルバーで、シックなトーンのコーデに夏らしい軽やかさを出して。

バレエシューズ¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) スカート¥26,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ニット¥37,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) レギンス¥9,000/ebure ストール¥28,000(参考価格)/アマン(アルテア) バングル¥47,000/CHERRY BROWN バッグ¥27,000/TOMORROWLAND(ヴァシック)

■ストライプのシャツワンピース×レギンスコーデ

休日は袖をたくし上げたり、襟もとを抜いて無造作なあしらいに。レギンスを重ねたボトムレイヤードで、ラフだけど洗練された空気感をまとって。フラットサンダルや斜めがけしたミニバッグで軽やかにお出かけしたい。

ワンピース¥27,000/ティッカ レギンス¥9,000/オーラリー ピアス¥30,000/バーニーズ ニューヨーク(ELLEN CONDE) バッグ¥46,000/フラッパーズ(ウェルデン) 靴¥44,000/ドレステリア 銀座店(ネブローニ)

■ミリタリージャケット×タイトスカート×レギンスコーデ

「ゆるっと着たいから、ユニセックスの真ん中のサイズをセレクト。また、今季は小物がとにかくカジュアルなので、目のつまったきれいめな素材感のTシャツが使いやすいと思います」(スタイリスト・徳原さん)。

Tシャツ¥7,800/スローン スカート¥18,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) レギンス¥18,000/ボウルズ(ハイク) ジャケット¥29,000(エーピー ストゥディオ)・ピアス¥21,000(レベッカ ピント)・時計¥9,800(タイメックス)・靴¥69,000(カサディ)/エーピー ストゥディオ グランフロントオオサカ ネックレス¥71,000(ハルポ)・ブレスレット¥103,000(ソフィー ブハイ)・バッグ¥6,000(オープン エディションズ)/エスケーパーズ

■ジャケット×ワンピース×レギンスコーデ

もう十分にマスターした白スニーカーをアップデートするなら、人と差がつくトップメゾンの一足を。白×メッシュのなんとも涼しげなデザインはまさに夏向き。きちんと仕上げのためのジャケットもリネンを選んで、軽やかな印象へ。

ワンピース¥16,000・ジャケット¥62,000/アングローバル(イレーヴ) レギンス¥9,000/オーラリー バッグ¥47,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) リング¥3,400/ティアラ(ランドシヌール) 靴¥75,000/セルジオ ロッシ  カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

②レギンスパンツ=レギパンもおすすめ!

■ストライプシャツ×レギパンコーデ

ゆるっとした開襟シャツ×レギパンを、黒小物でハンサム仕上げにもフレアになった特徴的なストライプシャツを、くるぶし丈のレギパンと合わせてすっきりとバランスよく。部屋着っぽく見えないよう、ひも靴や黒ぶちメガネなど、ブラックで統一した辛口小物でシャープさをプラスして。

パンツ¥21,000/アパルトモン 青山店(アメリカーナ) シャツ¥23,000/サード マガジン メガネ¥33,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥107,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)

■フレア袖ワンピース×レギパンコーデ

ミニ丈のフレア袖ワンピースをトップスとして使用。ほんのり甘めの黒を、ブリックカラーが今年らしいレギパンと合わせて旬度の高い休日スタイルに。靴をヒールにし、バッグをきれいめにすればちょっとしたセミフォーマルにも対応できそう。

パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ワンピース¥45,000/REYC サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥9,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(JARDIN DEL CIELO) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)

■ロングシャツ×レギパンコーデ

伸縮性があり、ストレスフリーなのもレギパンの魅力。丈に前後差があるビッグシャツをふわっと重ね、気になるおなかやおしりまわりをさりげなくカバー。逆に膝から下のラインや手首など、細い部分はあえて見せて。隠すところは隠す、見せるところは見せる作戦で、メリハリのあるすっきりシルエットに。

パンツ¥37,000/REYC シャツ\9,900/ノーク ピアス¥12,000・バングル¥15,000/ドレステリア 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥62,000/essence of ANAYI(メゾン ボワネ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

■ブラウンのロングシャツ×レギンパンコーデ

よりスリムに見せたいなら、トップスをロングシャツにして縦長ラインを強調するのもおすすめ。ブラウン×黒のダーク配色なら視覚的な引き締め効果も抜群。老け見えを防ぐため、白いハットやヌーディなサンダル、袖のロールアップなどで軽やかさを出すのを忘れずに。

パンツ¥26,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) シャツ¥29,000/アパルトモン 青山店(リジエール) 帽子¥27,000/アマン(アルテサーノ) バッグ¥32,000/コード(ヴァジック) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)

What's New

Read More

Feature

Ranking